大腸がん予防に運動習慣が必要な理由とは?有酸素運動+中強度の運動を生活習慣に

この記事は2分で読めます

 

欧米化した食事の影響によって
大腸がんの発生率は年々増加しています。

その為、大腸がんを予防する為には
食べ物の選び方やその食べ方が大切なことがわかります。

そして、もう一つ大切なことが”運動”です。

スポンサーリンク

運動が大腸がんのリスクを低下させる
というと意外に感じるかもしれません。

しかし、これは最も確実性が高いと評価されている
大腸がん予防の一つです。

 

 

これまで行われた疫学研究の結果によると
ほとんどの調査からわかっているのが
運動による大腸がん予防の効果です。

なかには、リスクが半分近く低下するという
報告もあります。

 

自衛官を対象とした調査から
運動をよくする人ほど大腸腺腫ができる
リスクが低いことや

職業的に活動量の多い人ほど、
座ったままで仕事をしている人より大腸がんの
発症リスクが低いといったデータがでています。

 

アメリカの国立がん研究所のデータによる
大腸がんの中でも、特に結腸がんについては、
5割近く低くなるとの結果も出ています。

 

 

なぜ運動することが
大腸がん予防することにつながるのかというと・・・

 

 

大腸の働きを促進して便通をよくするので、
発がん物質がすみやかに排出される、

運動することで、腸の蠕動運動が刺激され、
大腸内にたまった、内容物の通過が促進されます。

 

腸内で内容物が停滞する時間が長くなるほど
腐敗物質が生まれやすくなり、

さらに腸内環境が悪化してくると
腸管免疫が低下してくるからです。

排泄物は、できるだけ早く、体外に出すことが
大腸がんの予防につながります。

スポンサードリンク

 

 

がん細胞を攻撃するナチュラルキラーという
免疫細胞の働きを高める等が深く関係しています。

持久的な運動ががんの発生、増殖を抑制することで、
免疫機能を高めるとの報告もあります。

 

 

また、活性酸素の影響でDNAが傷つくことが考えられていますが、

習慣的に運動を続けることでその活性酸素から
身を守る働きが高まることも知られています。

 

 

 

軽い有酸素運動が大腸がんの予防に有効だった!

 

体を動かすこと、それも顔がゆがむほど
強い運動でなく、

いわゆるニコニコペースでできる有酸素運動を
行うことが大腸がん予防に役立ちます。

そういう意味では、やや速くあるくことが一番身近な運動です。

 

具体例としては、

毎日、1日の合計で60分以上(8000~10000歩)歩き、

週に1回は60分程度の早歩き、

または水中運動、または軽い体操などの運動を
プラスすることをオススメします。

 

理想を言えば、少し負荷のかかる歩き、

脈拍が120近く、息が少しあがる、汗ばむ感じが
でてくることが望ましいですね(中強度の運動)

 

 

世界がん研究基金では、運動の種類よりもむしろ
運動時間や継続を重視しています。

その勧告によると、毎日1時間ぐらい元気に歩いて、
週に1回ぐらいは汗ばむ程の運動が勧められています。

 

運動が苦手ならば、掃除やガーデニング、
サイクリングや水泳など、

とにかくできることで毎日1時間ぐらい
体を動かすことを続けるようにしましょう。

 

テレビをみたり、机の前に座って
1日中体を動かさない、

そういう生活が

大腸がん予防にとっては大敵ということになります。

スポンサードリンク
  • 2017 01.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp