糖尿病の初期の頃の治療と対策が極めて大切!糖質摂取量を減らすこと・大櫛陽一先生の話

この記事は3分で読めます

 

成人男女4人に1人、予備軍を含めると
2000万人を超える人が糖尿病とされています。

”糖尿病”はサイレントキラーの名のごとく
特に不快な症状が無いために、生活習慣を変えることなく

そのまま放置してしまう人が
未だに多いと言われています。

スポンサーリンク

そして気がついたら、重い合併症を起こすまでに
進行してしまったということにもなりかねません。

しかし、初期の段階であれば、ちょっとした
生活習慣の改善により、元の状態へと戻すこともが可能な
病気が”糖尿病”です。

 

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
東海大学医学部教授、大櫛陽一先生が出演し、

「糖尿病の予防と早期治療」というテーマでお話されました。

 

 

大櫛陽一先生の話はココから・・・・・・・・・・・・

 

年齢を重ねる度に、体にはいろいろな不具合が
でてきますが、日本人が今問題にしなくてはならないのが
糖尿病ですね!

気づきにくくて全く症状のない人も
多いと聞きますが?

 

糖尿病という名前からすると
おしっこから糖が出るものと思うんですけど

最近では、健診とかで早期に見つかりますので、

おしっこに糖が出る人は少なくて、
気づきにくいということなんです。

 

 

糖尿病には、3つくらい型があるんですよね?

 

日本人に一番多いのが、2型糖尿病で95%
1型というのが5%位なんですけど、

1型は自己免疫疾患というので、
インスリンホルモンが出るところがやられますが、

2型糖尿病は、生活習慣で、徐々にそこが
やられていくということなんですね。

 

もう一つは、アルツハイマー・脳の疾患による
3型糖尿病という意見もあります。

 

糖尿病は、成人に4人1人という割合ですから
非常に多い病気になりますね。

特に、初期の糖尿病の方が、非常に多いということで、
ココをうまくやれば、糖尿病に至らないんですが、

放置すると糖尿病になってしまう
ということになります。

 

 

初期にはどういった治療をすればいいんですか?

 

糖尿病というのは、非常に単純な病気で、
インスリンというホルモンが出なくなる病気なんですけど

インスリンというのは、一生の間で、
使う量がほぼ決まっていますので、

大事に使っていけば、120歳までもつと
いうふうにいわれています。

 

初期の頃は、できるだけインスリンを
上手に使えばいいということなんですね。

 

 

その為にはどうすればいいんですか?

 

インスリンというのは、炭水化物を食べて、
消化すると血液の中で糖になるんですが、

要するに、炭水化物(でんぷん)の量を少なくすれば
インスリンをあまり使わなくて済むと
いうことですから、

スポンサードリンク

初期の頃は、できるだけ炭水化物の量を減らすということです。

 

重症になりますと減らす量が厳しくなりまして、
ゼロにしなくてはいけないので、

早期の頃に、炭水化物の少し量をへらしていけば
糖尿病になる前に防ぐことができるということですね。

 

米、パン、パスタ、イモ類、根菜には糖分が多いので

食べるべきは、肉、魚、卵、乳製品、葉もの野菜、
この辺を中心に食べるようにします。

 

 

果物はどうでしょう?

 

果物は微妙で、少し食べても大丈夫なんですが

果物の糖は、果糖というのが多くて、
それは、血糖値をあまり上げないので、

ただ、食べ過ぎると血糖値を上げることがあるので、

 

 

運動はどうですか?食後とか食前とか・・・

 

初期の場合は、食前、お腹の空いている時に
やられると、インスリンの効きをよくする

肝臓とか筋肉にたまっている脂肪を燃焼してくれる
というので、

皆さん、食後にやられる方が多いですが、

食後よりも、実はお腹の空いた時にやりますと、
インスリンの働きが効率よくなるということです。

 

 

筋トレはどうでしょうか?

 

筋トレもいいですよ!
筋肉を増やせば血糖をたくさん燃やしてくれますので。

 

 

糖尿病と診断された人の運動のタイミングは?

 

糖尿病になってしまった人は、残念ながら、
インスリンがでないと糖が燃えないんですね。

使われなくなるんです。

ですから今食べている炭水化物の量を減らすことです。

 

今食べている量の4分の1
場合によっては、10分の1まで減らすと
いうことが必要になってきます。

但し、それさえキッチリ守れれば、
薬の量は、かなり減らせます。

 

糖尿病になってしまったら、
運動の効果はほとんどありませんので
食べ物のコントロールが唯一の対処法になります。

 

 

コレステロールの摂取については、
あまり気にしなくていいといことでしょうか?

 

炭水化物を減らすと、どうしても
肉類とかコレステロールとか、脂肪が気になるんですけど

最新・2015年の、日本とアメリカの
食事摂取ガイドラインでは、

コレステロールはいくら摂っても大丈夫という
ことに変わりましたので、

安心して肉類は食べてください!

 

 

大櫛陽一先生の話はココまで・・・・・・・・・・・・

 

 

糖質:炭水化物は、旨みも甘味もあって、
ついつい食べ過ぎてしまいがちですね。

また、糖質はそんなに食べてないと思っていても
意外と多食になりがちな栄養素です。

 

ご飯やパンなど主食になるものも
意外と糖分が多いので気をつけないといけません。

予備軍の人もそうですが、
未だ大丈夫な人も、今のうちから食べ物に含まれている
糖質の量には気をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 05.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp