腸内環境を整える最強の食材が”オリゴ糖”糖質制限中の人にオススメ

この記事は2分で読めます

 

腸内には、多くの細菌(1000兆個)が生息し、
腸内フローラを形成し、人の健康状態に影響を与えています。

細菌のなかには、体にとってプラスに作用するものもあれば
逆にマイナスに作用するものもあります。

スポンサーリンク

大腸には、大別して3種類の腸内細菌が生息しています。

ビフィズス菌などの善玉菌と
ウェルシュ菌に代表される悪玉菌、

それによいことも悪いこともせず、
体調不良のときなどにいたずらをする日和見菌です。

 

日和見菌は、その名のとおり、
善玉菌優位な状況あれば、その影響を受け、

反対に、悪玉菌優位な状況にあれば、
悪玉菌のように振るまってしまう菌です。

 

日和見菌は腸内細菌群の6割を占めているので、
味方につけるか敵になるかで、
体に与える影響が大きく左右してくるわけですね。

 

 

オリゴ糖を摂って善玉菌優位の環境をつくろう!

 

腸内環境を整え、善玉菌優位な環境にしていくのに
強力な助っ人となるのがオリゴ糖です。

オリゴ糖には、大きく分けて、
小腸で消化されてしまうものと、小腸で消化されずに
大腸に到達するものとがあります。

 

後者は難消化性オリゴ糖と呼ばれ、
具体的にはフラクオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、
乳化オリゴ糖などがこのタイプのオリゴ糖になります。

 

ちなみに、玉ねぎ、アスパラガス、ごぼうなどの野菜類や
蜂蜜の中に多く含まれれるのはフラクトオリゴ糖。

味噌やしょうゆ、豆腐などには、ラフィノース、
スタキオース、イソマルトオリゴ糖が含まれています。

 

難消化性オリゴ糖は、消化されずに
大腸に到達することで、
ビフィズス菌の餌になってくれます。

 

 

オリゴ糖の腸に対する効果は、それだけではありません!

一般的に悪玉菌は酸に弱く、
善玉菌は酸に強い性質をもっています。

スポンサードリンク

 

ビフィズス菌がオリゴ糖を食べると、
短鎖脂肪酸という酸性物質がつくられ、
これが大腸の環境を酸性の状態にしてくれます。

そのため、酸に弱い悪玉菌は減少して、
酸に強い善玉菌が増えるというわけです。

 

また、短鎖脂肪酸には、腸の蠕動運動を促す働きが
あることがわかっています。

そして、便の量を増やしてくれ、
便通をスムーズにさせてくる作用もあるので、

便秘の予防や改善にも効果を発揮してくれます。

 

こうした効果については、
プレバイオティックスと呼ばれています。

 

 

その他、オリゴ糖には、血糖値を上昇させない
という働きも確認されています。

糖質制限が必要な人でも
安心して使える甘味料と言えますね。

 

またオリゴ糖はカロリーの量も
砂糖の半分ということで、現在、ダイエット中の人で
甘い物を口にしたいという人にもオススメです。

 

 

オリゴ糖を多く含む食材は、
たまねぎ、にんにく、ごぼうなど。

特にごぼうは、食物繊維を多く含むので、
きんぴらごぼうなどにして、たくさん食べると
便秘解消に効果的です。

 

またオリゴ糖を含む健康食品なども
最近では多く販売されています。

コーヒーや紅茶に加えて飲んでもいいですし、
熱に強い性質をもっているので、

砂糖がわりに煮物などの調味料として使えば、
手軽にオリゴ糖を摂取できます。

 

 

毎日の食事からオリゴ糖や食物繊維を
多くとる習慣を身につけることが大切です。

 

木で例えると根っこにあたるのが腸になります。

体の健康を考える上で、腸の状態は
体を支えている土台と言えるでしょう。

その腸の良し悪しを決めているのが
腸内細菌ということになります。

 

善玉菌優位な腸内環境を維持するためにも

毎日の食事からオリゴ糖や食物繊維を
多くとる習慣を身につけることが大切です。

スポンサードリンク
  • 2017 01.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp