内臓脂肪を減らすには?アディポネクチンを増やすことの健康効果とは

この記事は2分で読めます

2014y07m22d_093953091

 

脂肪細胞から分泌されるホルモンの中に、
アディポネクチンと呼ばれる物質があります。

糖尿病やその温床となっている動脈硬化を防いでくれる
物質として注目されています。

アディポネクチンは、傷ついた血管を見つけると、素早く入り込み、
大きなトラブルになる前に、修繕をしてくれます。

その為、十分量のアディポネクチンが血中に流れていれば、
動脈硬化の進行を防いだり、予防に期待がもてるホルモンです。

スポンサーリンク

 

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されます。
なので、単純に考えれば、脂肪を増やせばいいのかと言えば、そうではありません。

肥大しすぎた脂肪からは、アディポネクチンの分泌量が
減ってくることがわかっています。また、その逆に、痩せすぎでも
分泌量が減少してしまいます。

 

特に気をつけなければいけないのが内臓脂肪です。

内臓脂肪が増えて、血管に脂肪がたまって肥大化してくるようになると
アディポネクチンの分泌量が減り、代わりに悪玉ホルモンが増えてきます。
そして、それが動脈硬化の進行を招きます。

 

また、アディポネクチンには、すい臓のランゲルハンス島から
分泌される、インスリンの働きを助けるという大切な役目があり、

そのため、アディポネクチンの分泌量が減ってくると
インスリン抵抗性が増え、インスリンの効き目が悪くなってきます。
糖尿病を持っている人はさらに悪化することになります。

 

肥満の人が糖尿病になりやすかったり、さらに状態を悪くするのは
内臓脂肪が増えることで、アディポネクチンの分泌量が減ってくることに
関係しています。

糖尿病は万病の元と言われるようになってきています。

スポンサードリンク

動脈硬化を進行させ、脳梗塞や心筋梗塞へのリスクを高め
さらに、認知症の進行にも関係しているようです。

 

100歳を超える女性と若い女性を比較した場合、100歳以上の女性の
血中に含まれていたアディポネクチンの量が、若い女性の2倍も多かったという
検証データもあります。

老化は血管から始まると昔からいわれていますが
アディポネクチンを増やすことで、アンチエイジング効果に期待がもてます。

 

2014y07m22d_094221989

 

アディポネクチンの分泌をよくするには、まずは内臓脂肪を
燃焼させることが必要です
。一番効果のある方法がやはり運動!

運動を行うと、体の中の疲労物質である乳酸が分泌されます。
血液を通って、脳下垂体に乳酸が届くと、成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは、細胞の代謝に密接に関係しているホルモン。

 

その為、骨や筋肉を強化することができ、たまった
内臓脂肪を分解してくれます。基礎代謝を上げて、余分なエネルギー源が
脂肪としてたまるのを防ぐことです。

また、アディポネクチンを増やすには、栄養バランスを
整えた上で、マグネシウムなどのミネラル、公募、大豆たんぱくに
ビール酵母やEPAなどの魚の脂を摂るようにすると良いとされています。

 

特に大豆には、血中のアディポネクチンレベルを上げる作用が
あることがわかっていて、脂肪細胞にある、アディポネクチンを合成する
働きを高めてくれます。

最近では、その効果をねらった健康食品も多数販売されています。

スポンサードリンク
  • 2015 10.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y10m23d_145403631
  2. 2015y11m27d_083417903
  3. 2016y05m07d_142449540
  4. 2015y09m28d_085200707
  5. 2015y04m20d_101209447
  6. 2016y06m07d_134905761

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp