腸内フローラを整える食べ物の鍵は水溶性食物繊維だ!自前の腸内細菌を増やし免疫力を高める・・

この記事は4分で読めます

2016y09m12d_183654173

 

いきんでもなかなか出ない、
何日経っても出ない、下痢気味である

さらに、くさい、黒っぽい等々、
日々の便の状態はいかがでしょうか?

スポンサーリンク

大便は、大きな便りと
書くように、

自分の健康状態を知るときの
大切なバロメーターになります。

 

腸内には様々な種類の菌が
かたまって生息しており

その様子をお花畑に例えた言葉で、
腸内フローラと呼んでいます。

 

腸内には1000種、
100兆個の細菌がいるとされます。

※一説には、1000兆個とも・・・

 

人の体で重い臓器である
脳と肝臓はほぼ同じで、

重さは菌だけで1~1.5Kgもあります。

 

この重さを考えただけでも
腸内細菌がいかに、

人の体に影響を与えているかが
イメージできますね。

 

 

腸内フローラが乱れた便の特徴

 

腸内には善玉菌、悪玉菌、
日和見菌が存在し、

それぞれが理想のバランスがあります。

 

バランスには個人差がありますが、
それは便の状態で、

大まかに見極めることができます。

 

その基準とは・・・

 

たとえばは、便秘や下痢を
していないかです。

腸内フローラは、
腸の動きや栄養の吸収に関係している為、
便の状態に直結します。

 

便秘や下痢の方は
悪玉菌が多い腸内フローラです。

さらに便の色や匂いもヒントになります。

 

青色や茶色であれば善玉菌が多く、
黒い場合は悪玉菌が多い。

 

さらに悪玉菌には腐敗作用があるため
悪玉菌が優勢だと

便はもちろん、
おならも臭くなります。

(インドール、スカトール
硫化水素、アンモニア、ヒスタミン等々)

 

 

善玉菌が優勢の腸内なら
あまり匂いはありません。

また、トイレに行って
便器に座ればバナナのような便が

スムーズに1~2本出るかも
大切なポイントになります。

 

いきなまないと出ないのは、
悪玉菌が優勢になっている可能性が大です。

 

 

腸内フローラの乱れは
糖尿病の原因に・・・

 

便秘や下痢などに悩んでいる

便の色や形が悪いといった方は、
腸内フローラが乱れている状態と
言えるでしょう。

 

腸の状態だけでなく、
全身の健康に影響してきます。

 

最近では、糖尿病との関係も
取り沙汰されており、
研究が進められています。

 

 

そもそも血糖値は
すい臓から分泌あれるインスリンという
ホルモンで調整されています。

食事をして血糖値が上がると
インスリンが分泌されて、
血糖値が下がる仕組みです。

 

しかし、せっかくインスリンが
分泌されているのに

その働きに体が鈍感になることがあります。

 

それがインスリン抵抗性であり、
糖尿病になる原因です。

 

腸内の悪玉菌は
このインスリン抵抗性を上げ、

糖尿病を引き起こす
リスクがあるのです。

 

腸内フローラを改善すれば、
インスリン抵抗性が下がる可能性も

現在、研究されています。

 

 

腸の健康、イキイキした
お腹の状態は、健康の土台であると
認識するようにしましょう。

 

 

食生活で乱れる腸内フローラ

 

健康や美容を脅かす
腸内フローラですが、

腸内細菌の種類や数の多さには
個人差があります。

その違いとはなんでしょう?

スポンサードリンク

 

スタートは、
出生時にお母さんの腸内フローラを
もらいます。

最初から数少ないものを
もらってしまっていたら
スタートが悪くなります。

 

つまり、妊娠中のお母さんの食生活が
重要ということです。

しかも、腸内フローラがもっともいいのが
5歳頃。

 

さらに年をとればとるほど
バランスは乱れます。

 

しかし、生まれもった
腸内フローラ以上に重要なのが、

子供の頃から現在にいたるまでの
食生活です。

 

昔からよく言われますが、
バランスのよい食生活が大切なのです。

 

厳密にいうと、
人の食性に沿った形で

栄養バランスを摂ることです。

これが基本になります。

 

 

なぜなら、善玉菌の餌になる
食べ物を食べれば善玉菌が増え、

悪玉菌の餌になる食べ物を食べれば、
悪玉菌が増えるからです。

 

動物性タンパク質ばかり食べていると
悪玉菌がどんどん増えてしまいます。

偏った食事をしていると
菌の種類も偏ります。

 

また、スーパーのお弁当なども
腸内細菌を減らして、腸内フローラに
悪影響を与えます。

大抵の場合、それらの弁当には
添加物がいっぱい入っています・・・

 

購入する際は、表示をみてなるべく
入っていないものを選びましょう。

 

 

50代以上は摂りたい食物繊維

 

加齢でどんどん乱れてしまう腸内フローラのバランス。

そこに立ち向かうためには、
睡眠不足や偏った食事などを
避けるとともに、

プラスで積極的に食べるようにしたほうが
いいものがあります。

 

それが、食物繊維です。

 

食物繊維は、腸内の善玉機の好物です。

肉類には食物繊維が
ほとんどふくまれてないので、

善玉菌が食べるものがなく、
善玉菌が死んでしまいます。

 

その代わり、悪玉菌は肉を食べるので、
悪玉菌が増えてしまうという
事態になるのです。

確かに食物繊維を食べることが大切ですが、

食物繊維だからいいという
考えはダメです。

 

食物繊維には2種類あることを
ご存じですが、

水に溶けない不溶性食物繊維と
水に溶ける水溶性食物繊維の2種類です。

 

このうち、腸内フローラにとって
強い味方になるのは
水溶性食物繊維です。

 

 

水溶性食物繊維で
キレイな便をつくってくれます!

 

水溶性食物繊維は、
水分を吸収して膨らむ特徴があります。

便をやわらかくして
便通を改善してくれるのです。

腸内フローラのバランスを
整えてくれる栄養素と言えるでしょう。

 

多く含まれるのは
ごぼう、アボカド、オクラなどの
野菜だけでなく、

りんごやバナナなどの果物

しいたけ、えのきなどのきのこ類

昆布やわかめの海藻類

かんぴょう、こんにゃくなどがあります。

 

この世の中には、
ストレスや添加物など

善玉菌をなくすようなことが
氾濫しています。

 

50代を過ぎたら
長期的な目で食生活を変えていくように
つとめることです。

 

あとは、腸を冷やすような
冷たい、飲み物、食べ物は控えるように
しましょう。

 

腸を冷やすと、てきめんに
腸内フローラが乱れ、

さらに、免疫力の低下を
招いてしまうからです。

 

 

是非、健康づくりは、
お腹を整えることを基本に
始めるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 09.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014y07m04d_173422154
  2. bandicam 2016-03-02 11-00-27-693
  3. 2015y05m11d_093543428
  4. 2015y07m03d_201042694
  5. 2015y10m08d_094238038
  6. 2014y07m10d_111216228

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp