脂肪肝の改善で糖尿病の予防を!肝機能検査のうちのALTの値に注目しよう

この記事は3分で読めます

 

今や、国民的病気と言われるように
なっている糖尿病ですが、

糖尿病に罹った人の死亡原因で
最も多いのが肝臓の病気です。

スポンサーリンク

肝機能のトラブルを起こすのは
ウイルス感染、免疫機能の異常、

薬の副作用など様々な原因が
挙げられますが、

 

ここ数年、特に顕著に増えているのが
生活習慣の乱れから起こる

肝機能障害、すなわち”脂肪肝”です。

 

 

食事から糖質をとると、
血中のブドウ糖が増えて、
血糖値が上昇し、

これを感知したすい臓は
細胞にブドウ糖を取り込ませる為に
インスリンを分泌します。

 

ブドウ糖が細胞内に取り込まれて
エネルギーに変われば、
いいのですが、

ブドウ糖があふれるケースがでてきます。

 

余ったブドウ糖は、
筋肉細胞や肝臓の細胞に
送り込まれ

グリコーゲンという物質に
作り替えて蓄えておきます。

 

さらに余ったブドウ糖は
肝臓で中性脂肪に作り替えて
蓄えるほか、

お腹まわりの内蔵の周辺に
蓄えられることになります。

これがメタボの原因とされる
内臓脂肪です。

 

 

そして、さらに余分なブドウ糖は、
肝臓に脂肪として蓄えらることになり、

それが、脂肪肝になるというわけです。

 

 

沈黙の臓器と言われる肝臓は、
体のなかで、一番大きな臓器で、

化学工場ともいわれるように、
栄養分をいろいろな形に替えたり、

 

有害物質を分解処理するなど、
500以上の働きをしていますが、

栄養分を蓄える倉庫のような
働きもしています。

 

 

余分になったエネルギーを
脂肪として蓄えるのは、

いざというときに備える
大切な働きなのですが、

 

これが度を超えてしまうと、
困ったことになります。

 

 

肝臓のなかに脂肪が30%以上たまると
脂肪肝という病気とされます。

 

脂肪肝はアルコールの
飲みすぎによっても発生しますが、

糖質のとりすぎによって
起こるものがむしろ多く、

最近ではこちらの方が問題視されています。

 

 

非アルコール性脂肪肝のうち
10%が非アルコール性脂肪肝炎を起こし、

スポンサードリンク

そのうちの約30%が肝硬変へと進行し、
さらには肝臓がんを発生する
確率が高まっていくことになります。

 

脂肪肝で注意が必要な理由は
その他にもあります。

 

実は、脂肪肝があると
糖尿病を引き起こす重要なファクター
なるということです。

これは、どういうことかというと

脂肪肝になると内臓脂肪が増える為、
脂肪の出し入れが頻繁になります。

その結果、血中に遊離脂肪酸が増えます。

 

遊離脂肪酸が増えることで、
糖代謝が妨げられ、

ブドウ糖を脂肪につくり替える
働きも悪くなり、

血中のブドウ糖が増加し、
血糖値が上がっていきます。

 

 

それと同時に、
脂肪細胞から分泌されていた

アディポネクチンという
インスリンの働きをよくする
物質が減少し、

その反対にインスリンの作用を妨げる
TNF-αという物質の分泌量が増えます。

 

 

こうしたプロセスを経て
インスリンの働きが悪くなるので、

血糖値が高くなり糖尿病を
発症させたり、悪化させたりします。

 

メタボを予防する為にも
その前段階である脂肪肝を防ぐことは、
大切なことです。

 

ただ、極端なダイエットを行うと、
ダイエットにより生じる
中性脂肪不足で、

逆に肝臓は脂肪をつくって蓄え、
脂肪肝となるケースがあります。

 

 

ダイエット脂肪肝、低栄養性脂肪肝と
呼ばれているものです。

なので、急激に減量しようとしないで、
一ヶ月でたった1キロ減らすだけでも、

肝臓の脂肪落としができることを
知っておきましょう。

 

 

脂肪肝に早く気づいて、
それを改善する対策が必要です。

しかし、肝臓はとても
大切な働きをする臓器です。

 

その為、能力に余裕を持たせられており

肝臓の70%以上が損傷されないと
自覚症状が現れません。

 

 

このときに役に立つのが、
肝機能検査のうちのALTの値です。

これはGOT、GPTといわれたうちの
GPTです。

 

基準値は5~30IU/リットルを超えたら
ほぼ脂肪肝が始まっていますから、

この数値を目安にして、

未だ症状が現れていない
脂肪肝の発見に活用しましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 10.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp