痛みは冷やす方がいいのか温める方がいいのか&坂井学先生の痛みをとる方法!

この記事は2分で読めます

 

痛みの症状が出ている時には

温めた方がいいのか
それとも冷やした方がいいのかは
判断が分かれるところですが、

1つの目安として

それが急性期のものなのか
それとも慢性期のものなのかで

その対処法が分かれます。

スポンサーリンク

急性期は、痛みだした
時期のことをさします。

 

打撲、捻挫、ぎっくり腰等
傷害にあった直後が

これに当てはまります。

 

 

急性期の場合は、

患部に急激な負荷がかかることで
炎症反応が起こっています。

その為、血流量が増え
腫れた状態になり、

発熱、疼痛等の症状が
現れます。

 

なので、急性期に
温めてしまうのは逆効果で、

炎症反応を悪化させてしまう
ことになるわけですね。

 

この場合、
大切なポイントとなるのは、
炎症を抑えることで

患部を安静にし、
発熱を抑えることや
冷やすことが大切になります。

 

その反対に患部を
温めた時がいい場合というのは

急性期が過ぎて
慢性期に移行したタイミングです。

 

移行期の段階では、
炎症はおさまっている状態に
あります。

 

ただ、痛めたカ所は、
疲労し、機能不全となっている為

筋肉は硬直化し
血液の流れが悪くなり、

患部に酸素と栄養が
届きにくくなっているんですね。

 

だるさを伴った痛みを
感じるようになっているので、

慢性期では、患部を温めて
血液の流れを良くし、

 

患部に十分な酸素と栄養が
供給されるようにしてあげることが
大切になってきます。

 

血流が悪化している事から
起こるこりや痛み、

慢性的な痛みは
温めることが大切になってきます。

スポンサードリンク

 

筋肉の緊張を解放させ
関節の動きをスムーズにしたり

筋肉の血流を改善して、
疲労を回復させてあげましょう。

 

 

 

ちなみに、和歌山市の坂井医院
坂井学先生は、

従来のなかなか治らない
整形外科診療に疑問を抱き、

 

病院勤務を辞め、
東洋医学、手技療法などを
含め、

あらゆる医療を研究、実践、
ついには痛みの本体にたどり着き

痛みを取り去る方法を
編み出されました。

 

 

それが患部を温める方法です。

方法は実に簡単。

使い捨てカイロを痛みや
しびれのある部位に

一日中貼るだけ。

 

全身、腰や膝、首や足、股関節
お腹や背中にいたるまえ

何枚貼ってもOKということです。

 

坂井先生は使い捨てカイロを活用すれば、

痛みの本体は、
炎症による体の修復反応であり、

患部は、ダメージを修復しようと
している現場であり、

 

そこにカイロを貼って
温めることで、症状が消えていく

年齢や性別を問わず、
力を発揮し、腰痛、ひざ痛、
股関節痛といった

 

関節痛をはじめ、
腱鞘炎、肩こり、頭痛、しびれなど
全身のあらゆる痛みが軽減。

 

 

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、
変形性膝関節症、変形性股関節症といった

治癒困難とされる症状の
痛みにも効果あり、

 

腰や膝の痛みを年のせいと
あきらめることはありません。と
言われています。

 

 

さらに、40~42度温飲食、

生野菜も果物も温めて
鼻呼吸等々、痛みのでない生活習慣を
すすめています。

 

各家庭に冷蔵庫が普及して

現代人は、腸を冷やしてしまう
習慣が身についてしまっています。

それが低体温を招き、
血液の流れが悪くなっしまう

体になってしまっているかもしれません。

 

口に入れる飲食物については、

是非、その温度を意識して
みるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 02.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp