飲み込む力の衰えを防ぐには?正しい姿勢で低下を止め運動が回復力を高める

この記事は3分で読めます

 

最近は、高齢者だけでなく
比較的、若い人にも飲み込む力が
弱くなっている人が見られるようです。

飲み込み力をつけるためや
その働きを衰えさせない為に、

いろいろなトレーニングがありますが

今回は、姿勢や運動という面から

飲み込み力アップの為の方法などを
紹介したいと思います。

スポンサーリンク

姿勢が良くないと
食べ物を飲み込む力が段々と
弱くなってしまいます。

 

 

例えば猫背ですが・・・

猫背になっているとどうしても頭の方が
前に倒れた状態になります。

身体は、頭を正面に
向けさせようとするわけですが、

その時は、顎を前の方に
突き出してしまう感じになります。

常に背中が曲がった状態にある為
顎を引くことが難しくなってしまい

それに従って、飲み込む力が
悪くなるわけですね。

 

また、背中が、丸まっていると
胸を開く姿勢がとりにくくなるので、

深呼吸をすること自体が
難しくなってしまいます。

 

呼吸がスムーズにできないと

気管の方に、食べ物が入ってきても
排出することが

難しくなってしまうんです!

 

 

反り腰は、お尻や腰の筋肉が
弱い女性に多く見られる姿勢です。

反り腰のままでは、
お腹が前の方にでてしまい

腹式呼吸がしにくくなる
姿勢になっています。

 

悪い姿勢がクセになってしまう

重力の影響で、
そのまま固定してしまうので、

気をつけないといけませんね。

 

嚥下障害は、その後の生活の質を
かなり悪くしてしまうので、

早めに直しておく必要があります。

 

 

正しい姿勢に改善していく為には?

 

まずは、イメージの中で、
正しい姿勢をシッカリ意識することです。

日常生活の中で意識しておかないと

知らないうちに、
悪い姿勢を身につけてしまいます。

 

姿勢を改善していくには・・・

具体的なイメージとしては、
体に軸をつくっておくことです。

家で言えば、柱にあたるものを
身体に中につくっていきます。

スポンサードリンク

 

イメージの世界で・・・

立っている時や歩いている時、

なにか体を動かしている時に
常に意識しておくことです。

たったこれだけのことでも
姿勢は改善されていきます。

 

 

身体全体の筋肉量を保つ!

 

良い姿勢を維持するには、
正しい姿勢を意識するだけではなく、

身体全体の筋肉をバランスよく
整える事が大切になります。

正しい姿勢は体全体の筋肉に支えられて
成り立っています!

 

ですから、背中やお腹の
筋肉さえしっかりしていれば、

良い姿勢へと改善される
わけではありません。

 

筋肉は常に合成と分解を
繰り返しています。

分解される筋肉量は、
老若男女でも変わりません。

 

一方で、合成される筋肉量は、
年齢と共に低下していきます。

そうなると、分解される筋肉量の
方が多くなってしまい、

徐々に筋肉量がへってしまう
わけですね。

 

筋肉量を減らさない為にも
筋肉の合成を増やす必要があります。

適切なトレーニングを実行するらば、
筋肉は合成されていきます。

これは、高齢者であってもです。

 

 

筋肉は運動することで変化します。

適度に使えば発達し、使わなければ
自然と萎縮していきます。

また、筋肉を使いすぎてしまっても
萎縮することがわかっています。

 

ここでいう適度とは、
少し疲れる程度の負荷のことです。

簡単すぎる動きでは、
筋肉は発達しません。

 

もちろん筋肉を使うことで
ある程度維持することができますが、

筋肉の衰えを防ぐことはできません。

なので、普段の運動は、
身体に負荷をかけることを
意識しましょう。

 

たとえば、

ウォーキングをする時にも
ただ、歩くのではなく、

軽く息が切れる程度のスピードで
歩くことが大切です。

 

 

 

正しいイメージを描きながら
身体をを動かすこと

そして、適度に負荷をつけながら
筋肉量を維持すること

 

飲み込む力には
直接関係ない感じがしますが

こうした縁の下の力
みたいなものが結構、

大切になってきます!

スポンサードリンク
  • 2017 08.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp