脳の若返りを実現する方法!食事と運動で足を鍛えよ筋肉を増やせ・石原結實先生の話

この記事は3分で読めます

 

運動不足が続くと、認知症を発症する
リスクが高くなると言われています。

特に40歳代で、体を動かさない生活を
送っていると、70歳前位から

脳の老化が急速に進むとも・・・

スポンサーリンク

便利な世の中になった分、
意識して体を動かすことをしておかないと

あとで、後悔する自体を
招くことになるかもしれません!

 

 

今朝の生島ヒロシさんの
「おはよう一直線」には、

イシハラクリニック院長の
石原結實先生が出演

 

「脚を鍛えると脳が若返る」
というテーマで

お話をされていましたので
紹介したいと思います。

 

 

石原先生の話はココから~~~~

 

先生は「足を鍛えると血圧が下がる」
という本も出してますね?

 

やはり、足腰を鍛えるということが
大事ですね。

 

足と脳は関係していますか?

 

老化は足からとよく言われますが、

高齢になると筋力が衰えて
膝とか腰が痛くなりますね。

そうすると歩かなくなります。

この頃から認知症が始まる人が多いですね。

 

転倒でもして、骨折されますと
寝たきりになって、悪化すると・・・

ということが多いですから

とにかく歩こうとすることが
脳の健康を保つ秘訣になるかと思いますね。

 

筋肉運動をしますと
脳の記憶を司る海馬の領域の
血行が良くなって、

記憶力が良くなる、ボケを防ぐことが
わかっていますし、

昔、脳細胞というのは絶対に
再生しないと言われていたんですが、

 

筋肉運動をしますと
脳の神経細胞成長因子というのが

どんどん分泌されて、
再生するということがわかったんですね。

 

1日10分、歩かれるだけでも
アルツハイマー病の予防ができるという
研究もあります。

是非、歩かれたらいいと思いますね。

 

 

日本は超高齢化社会になっていますが、
認知症の方はやはり増えてますかね?

 

65歳以上の高齢者の方で、
統計によって、バラツキがあるんですが

だいたい、3%~9%が認知症で、

予備軍を含めると800万人が
認知症であるという統計がありますね。

 

認知症を確実に治療する薬とか
医学的方法がありませんので、
問題なんですが、

ただ、最近の研究では、
食事とか運動、遊びなどで、

かなり予防や改善ができることが
わかってきていますね。

 

 

どういった遊びや食べ物がいいんですか?

 

日本食では、アジ、サバ、イワシ等の
青い背の魚に含まれている

EPAとDHAなどの不飽和脂肪酸

果物に含まれるポリフェノール、

スポンサードリンク

 

山芋に含まれているディオスキン等が

脳の活性化や認知症を防ぐと
言われていますし、

あとは最近有名になった地中海食ですね。

 

オリーブオイルを中心にして
野菜、豆類、果物、魚介類をシッカリ食べる

これもですね、
認知症の予防効果があると言われています。

 

遊びとしては、頭を使う
将棋,囲碁、トランプ、

足を使うダンス、

声を出すカラオケ

こういうのがいいと言われていますね。

 

 

おススメの認知症予防の運動法
ウォーキングについてですが
歩く目安を教えていただけますか?

 

40歳以上で9000歩、

50歳代で8000歩、

 

60歳代で7000歩、

70歳代で6000歩、

 

これを1日の歩数の
目標にされたらいいですね。

12000歩位までは、
成果が出るといわれていますが

それ以上は頭打ちになるともいわれています。

 

だいたい、9000歩位までが
効果があると言われていますね。

 

 

筋トレも重要ですか?

 

たとえば、スクワットであるとか
抗重力筋と言いまして、

重力に逆らって存在している
筋肉があるんですが

背中の筋肉、顎の筋肉、
お尻の筋肉、ふくらはぎの筋肉

 

ここを鍛えますと
ウンと脳への刺激が強くなると
言われるんですね。

日本舞踊をやっている人は、
ココを良く鍛えていますので、

心身とも健康で、ボケる人が少ないという
印象がありますね。

 

 

秀和システム
「脚を鍛えると脳が若返る」

 

 

石原先生の話はココまで~~~~

 

 

筋肉って、使わないとすぐに
衰えてしまいますよね!

特に40歳を過ぎたら、
少し負荷をかける運動が必要です。

 

何もしなければ、
年齢を重ねるごとに、

加速度的に減っていく感じです。

 

久しぶりに腕立てふせをやったら
10回も出来なかったという人は

気をつけてください!

 

 

筋肉の萎縮と脳の萎縮とは
密接な関係があるように思います。

是非、体を動かすことを
普段の生活の中に取り入れるように
しましょう。

 

認知症になってしまうと
生きている価値が半減してしまいます。

当人もそうですし、
周りの人の生活の質も下げてしまいます。

 

ある程度、予防法がわかっている
わけですから、

毎日少しずつでも
運動を行うようにしたいものです。

スポンサードリンク
  • 2017 02.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp