薄毛脱毛予防に食事&栄養の改善を!コシがなくなったり茶髪になったら・・

この記事は4分で読めます

 

食事の内容や摂り方が
薄毛、脱毛に大きく影響を与えます。

黒々とした日本人の髪の毛は、
毛質は太く、

 

老化現象から
髪が薄くなることがあっても、

青年期であれば、

薄毛脱毛になることはほとんど
なかったと言われています。

スポンサーリンク

ところが、日本人の食卓が
欧米化した食事に変化してから

薄毛や脱毛の悩みを抱える人が
増えてきたと言われています。

 

茶色かかった色の髪
コシがなくなった毛質になっている人は

食事の改善を意識してみましょう。

 

 

■ 脂肪分は控えめに!

 

揚げ物など脂分の多い食事を
習慣的に摂っていると

髪の毛に次のような悪影響を及ぼします。

脂肪分が増えてくると
自然と皮脂腺が肥大してきます。

 

この皮脂腺の肥大化によって
分泌される酵素の影響で、

男性ホルモンに変化が見られるようになり

これが、壮年性脱毛症を
引き起こす要因になります。

 

皮脂成分が毛穴をふさぐことで
毛根部への血行を悪くなり

また、溜まった皮脂の酸化が進むとことで
頭皮に炎症を起こすなど、

頭皮周辺の環境が悪化していきます。

 

さらに、パン食などをしていると

水素添加した油
マーガリンやショートニング等を摂る
機会が自然と増え

それが、血液をドロドロにさせたり、
毛細血管の血流を止めたりします。

 

こうなってしまうと
頭皮の毛母細胞に十分な栄養や酸素が

ますます届きにくくなり、

髪の毛の代謝そのものにも、
影響を与えてしまうわけですね。

 

欧米化した食事を摂っていると

気づかないうちに
脂肪の量が増えてしまうので、

調理時や食事の際には、
十分気をつけるようにしましょう。

 

 

■ 食品添加物や加工食品に注意

 

便利だからといって

インスタント食品や加工食品を
摂ってしまうと、

発毛に必要な栄養素、
特にビタミンやミネラルなど、

微量栄養素が不足してきます。

 

また、極端なダイエットや偏食なども

栄養素のバランスを欠いたり
不足することから

薄毛や脱毛を招きやすくなります。

 

また、砂糖の摂りすぎや清涼飲料水も
髪の毛にダメージを与えてしまうので

気をつけるようにしましょう。

 

コンビ二店が、津々浦々で
営業しているので、

食事の素材については、
賢い選択をしたいところです。

 

 

■ 毛髪の素材となる栄養素

 

タンパク質はシッカリ確保しましょう。

 

髪の毛の素材となっている
アミノ酸の中でも、

含硫アミノ酸のシスチンは、

シスチン結合と言われ
髪に強い弾力性を与えるのに

欠かせない成分になっています。

 

良質のタンパク質は、

穀物と豆の組み合わせで
摂ることができます。

 

二分づきの米に
大豆加工食品の納豆や味噌汁

季節の野菜を盛り込んだ
伝統的な和食がおススメ

食性にあった範囲のなかでの
タンパク質の摂取が必要です。

 

特に牛肉、豚肉は、
GCの影響で、動脈硬化を
引き起こすことが

スポンサードリンク

分かってきているので

できるだけ、
植物性のものをベースに

魚や鶏肉を適量、
補うようにしましょう。

 

 

■ 微量栄養素の確保で毛髪代謝の改善を

 

毛母細胞の新陳代謝を良くするには

細胞の成長や増殖に働く
亜鉛にビタミンAが不可欠です。

 

また、タンパク質の合成を促して
良質な髪の毛をつくっていくには

ビタミンB群やヨウ素を
不足させないようにすることも大切。

 

ビタミンB群は、髪の成分である
イオウと結びついて髪の健康を保ちます。

また、ヨウ素は甲状腺ホルモンの
成分として、タンパク質を合成するという
働きをしています。

 

ヨウ素が足りなくなり
甲状腺の働きが悪くなると

脱毛を起こしやすくなります。

 

 

■ ストレスに負けない体をつくるには

 

強烈なストレスを感じた時、
もろにその影響を受けるのが頭皮です。

一晩で、髪の毛が真っ白に
なったという話もどこかで聞いたことが
あるのではないでしょうか?

 

そこまで、強烈でなくても

何らかのストレスを感じる生活を
長期にわたって続けていると

髪の毛の健康にはよくありません。

 

ボディブローに効いてくるので
コチラの方が、後々のダメージは
大きなものになるのかも・・・

 

ストレスに対しては、
抗ストレスビタミンと呼ばれる
パントテン酸が役立ちます。

パントテン酸は副腎の働きを良くし
ストレスへの抵抗力をつけてくれます。

 

また、鉄、銅、亜鉛、マンガン、
セレニウムなど

体の中の抗酸化酵素の働きが
悪くならないように、

これらのミネラルの補給が途切れないように
供給してあげることも必要です。

 

不足しがちな、これら微量栄養素を
サプリメントで補う場合は、

どの栄養素も過不足なく含んだもの

さらに日本人の食生活に
マッチしたものを選ぶようにしましょう。

 

 

■ 脱毛対策・日常生活での注意点

 

血液の循環を悪くする習慣は
避けるようにしましょう。

 

できるだけ、体を動かすこと、
そして、動かすことは、手先足先を
意識して、

血液が循環している
イメージをもつ事をしましょう。

 

これ、やってみればわかりますが、
思っている以上に効果があります。

 

シッカリ洗髪して、
頭皮を清潔にしておくことも
大切です。

脱毛するのを見たくなくて
頭を洗うことを極力避けようとする
人もいるようですが、

頭皮が皮脂で覆われていると
かえって脱毛しやすくなるので、
気をつけましょう。

 

毛穴に皮脂がつまっている状態で
発毛剤や育毛剤を使っても、

その成分が毛根の方まで
いかないので、意味がありません。

洗髪には、界面活性剤を含んだ
シャンプーは使用しないで、
石鹸シャンプーを使用してください。

 

ブラッシングも適度に
頭皮に刺激を与え、血流をよくして
くれるので、毎日行う事です。

ブラシは、動物の毛を使用した
柔らか目のものを使うといいでしょう。

スポンサードリンク
  • 2017 02.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp