冷えのぼせの対処法!足と首を温める時の注意点等・南雲久美子先生の話

この記事は3分で読めます

 

最近は、男女を問わず、
冷えのぼせの悩みを抱えている人が
増えていると言われています。

手足は冷えているのに
頭だけが、なぜかほてった感じがあり、

物事に集中できなかったり
昼間なのに眠気が改善しないなどの
症状を訴える人が多くなっているとか・・

スポンサーリンク

今朝の生島ヒロシさんの
「おはよう一直線」には、

目黒西口クリニック院長の
南雲久美子先生が出演

 

冷えのぼせやその対策方法について
お話されていましたので、

ご紹介したいと思います。

 

 

南雲先生の話はココから~~~~

 

冷えのぼせは、頭がのぼせているけど
足の方は冷えているということですか?

 

冬が終わりのこの時期でも
冷え性だという患者さんは多いんです。

これは、今の時期訴えるということは
ほとんど冷えのぼせの方で、

冷え性がより複雑化して
重症のものなんですね。

 

先ほど、言われたように、
足は冷えて、頭の方はのぼせる・・

そこまで体が感じていなくても
芯が冷えていると

お腹を壊しやすかったり、
おしっこが近くなったり

そういう症状もあります。

 

 

どうして、頭の方が
のぼせてしまうんですか?

 

一言で言うと、
自律神経のバランスの乱れなんです。

冷え性というのは、
冷やすから冷えてくるんですが、

ひどくなってくると
体の水の代謝も悪くなって、
むくんでくるんですね。

どんどんまた冷えてくるんですけど・・

 

私たちの体というのは、
脳の体温を一定に保つということが
一番大事なことで、

ですから冷えてきても
頭の方だけは、温かいんですね。

 

そうなると温度差が出てくるんです。

この温度差を一生懸命、
是正しようとして、

自律神経の交感神経と副交感神経が
更に働くようになるので

これらのバランスが
崩れてきちゃうんです。

 

 

冷えのぼせというは
自律神経失調症の冷えということに
なるんですか?

 

そういう風にも言えます。

 

 

冷えのぼせの対策なんですが
どうすればいいですか?

 

温めるというが大事なんですが

スポンサードリンク

普通のシンプルな冷え性と違って、
のぼせを逃がしながら、

温めるといことが大事なんです。

ですので工夫が必要なんですね。

 

温める場所というのは、

冷え性と同じ、足首、お腹、
首回りなんですけど、

違うことがあるんですね。

 

それは、まず足の場合は、
足先がどうしても汗をかきますので、

足全部をモコモコと
何重にも靴下を履いてしまうと

逆にむれて冷えちゃうんです。

 

ですから、靴下は五本指のものが
望ましいです。

その上に、足首をシッカリ覆うような

レッグウォーマー等を利用して
温めてほしいいんですね。

 

お腹の方は、
そのまま温めればいいです。

あと首回りなんですけど、

首の後ろや肩の方というのは、
温めていただきたいんんですけど

首の前側というのは
のぼせを逃がしてあげる
大事な部分なんですね。

 

ですので、タートルネックのような
もので首全体を覆ってしまうと

逆にむれて、不快になって
しまうんですね。

 

その他にも、長時間、
お風呂に頑張ってはいっちゃうとか

そういうのも逆に
のぼせを招いてしまって

不快になってしまうんですね。

 

 

最近は温度低めで長い時間
お風呂に入ってください
というのがありますが、

これは冷えのぼせの人にとっては
逆効果ということになるんですか?

 

そうなんです!

私の場合、おでことか
首のあたりなどを最初に冷やすと
シャキッとするんですが?

おでことか、のぼせてる部分を
冷やしても構わないんですよ!

 

気持ちのいい程度で・・・

でも、首の後ろから肩にかけては
あまり冷やさない方がいいですね。

首の上の方でしたら大丈夫です。

 

最近、冷えのぼせの方は増えていますので

該当する人がいましたら、
是非、実践してみてください!

 

 

南雲先生の話はココまで~~~~

 

 

冷えのぼせには、
血行をよくする、特に末しょう循環を
よくしていくことが大切です。

 

南雲先生が紹介された方法を
試してみて、改善されればいいですが、

期待通りに成果が見られなかったり
のぼせがひどい人の場合は、

一度、病院で診察をしてもらいましょう。

 

ホルモンの異常など、
思わぬ病気が隠れているかも
しれませんので・・・

スポンサードリンク
  • 2017 03.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp