冷えから起こる頭痛の原因?手足のしびれも血流&血管のトラブルから

この記事は3分で読めます

 

血液循環の悪化で、脳神経細胞への
酸素とブドウ糖の供給不足から、

脳の働きに影響を与えてしまう場合、

頭痛や手足のしびれ等の症状が

体の方から”冷え”てますよとの
サインとして現れることがあります。

スポンサーリンク

その場合、一時的に不快な症状を
緩和させるのに、薬を使用することも
あるでしょう。

薬が効果的に作用すれば、
症状が軽くなることもあります・・・

 

しかし、それで、安心して
しまわないことが大切です。

 

頭痛やしびれを起こす原因である、

血流の悪化を招いた体の冷えの改善に
意識を向けるようにしましょう。

 

 

脂質異常になっていると更に危険!

 

健康な血管は、柔軟性を持ち
なめらかな動きをしていますが、

コレステロールがたまったりすると

血管に太くなったところが出てきたり
逆に、細い箇所が出てきたりと

デコボコした感じになっています。

 

血管内がデコボコした感じになっていれば

当然、血流が悪くなり、
速い、遅い、渦が発生したりと

血液、血管のトラブルを
起こしやすくなります。

 

血管壁の細胞は、血液から様々な
栄養分を受けとっていますが、

血液がスムーズに流れていなかったり
渦を巻いた状態だと、

新鮮な血液が十分に行き届かなくなり

その結果、細胞の働きが悪化し、
血管壁が傷害を受けた状態になります。

 

血管内皮細胞が傷むと血栓が出来やすい
状態にあるということです。

血栓が出来やすくなると、

血管がふさいでしまうリスクが
高まっていきます(血栓症)

 

 

血管の壁は伸縮自在で、

弾力性のある丈夫な弾力繊維が
網の目のようになっていますが、

コレステロールがたまると

弾力繊維の網の目が破れたり、
厚くなった血管の壁が剥離して

二層になったりします。

 

そうなると血圧の影響を
ダイレクトに受けるようになり、

圧によって、動脈瘤ができると

その中で血液は渦巻きを
状態になるので、

スポンサードリンク

その先への血液の流れが悪くなります。

 

 

さらに動脈瘤が次第に大きくなってくると
破裂してしまうリスクも高まります。

また、コレステロールがたまって
血管の内腔が狭くなり、

詰まってしまうと梗塞になります。
当然、血液の流れは悪くなるか、
ストップします。

 

 

冷えが蔓延しない生活を!

 

このように血液の流れが非常に悪いのに

足元を冷やしたり、
体を冷やすような飲食物を
口にしていると

冷えが影響して
血管けいれんを起こし

血液の流れがストップし、
一過性虚血になります。

 

頭痛や手足にしびれがあると
どうして恐ろしいかというと、

「同様の状態が脳でも起こっていますよ!」
というサインになるからです。

 

脳の血管に血栓ができて、
血管をふさいでしまうのが脳血栓、

血栓により、血液の流れを
完全に止めてしまうのが脳梗塞

血管が破れるのが脳出血です。

 

心臓の冠状動脈でも
脳梗塞と同様のことが起こります。

冠状動脈で血管が完全に詰まってしまうと
心筋梗塞になります。

 

足に起こると・・・

血流が悪いために足が痛くて
歩けなくなってしまうため、少し休み、
血流を促してまた歩く、

そして、再度、痛みが襲ってくる
という状態になります。

 

さらに、血流が悪くなると、
足の指先に血液が行き届かなくなり、
指先の細胞が壊死していきます。

血流が悪くなると直接、命の危険を招くような
病気がいろいろと起こってくるので、

冷えが体に蔓延しないような
生活を送ることが大切になります。

 

 

血管の柔軟性と強さを保つ為の
食べ物として

煮豆、納豆、豆腐など大豆を使った料理で、

植物性タンパク質を
シッカリ補うようにしましょう。

 

動物性でタンパク質を補う場合は、
魚や鶏肉などにとどめて

人の遺伝子に近い、牛や豚などは
なるべく控えるようにすることが大切です。

スポンサードリンク
  • 2017 09.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp