下半身の冷えでお尻や足が冷たくなってたら?毎日の服装も一工夫を

この記事は2分で読めます

 

下半身の冷えが気になる人は、
毎日の服装にも気をつけてみると
いいかもしれません。

体の方は、習慣的な刺激に、
強く影響を受けるので、

様々な冷え対策にプラスすれば、
相乗効果が期待できるかも!

スポンサーリンク

どんな服装が下半身の冷えを防いでくれるのか?

 

下半身の冷えを防ぐ為の1つの方法として
頭寒足熱となるような服装がおススメ!

上半身の方は涼しくなるように装い
足元は、温かくなるようにすることです。

これに反することをすると
体にダメージを与える事になります。

 

現代人の服装を見てみると

上半身が厚着になりがちで、
下半身が薄着になっている傾向があります。

寒い季節に上半身は、着込んでいても
足元は、素足の人もいます。

 

 

頭寒足熱を促す服装が冷えの解消に

頭寒足熱というのは
カラダの原理(自然の摂理)に
かなっているものです。

 

上半身の方を温めるようにすると
足の方がほてってきます。

その為、素足になりたくなります。

 

その反対に、下半身を温かくして、
足元を十分温めるようにすると、

上半身の方がほてった感じになるので、
足元は、冷やしたくなるものです。

 

 

化繊はダメ!おススメの素材

 

体に良い繊維はシルクと言われています。

シルクは、保温性が良く、毒を吸うパワーもあり
更に、毒を排出する力も強いという

スポンサードリンク

素晴らしい力があります。

 

次にいいのは、木綿

木綿は、毒の吸着をしてくれますが、
排毒する働きはないので、

木綿は毒でいっぱいになると
ベトベトしてきます。

 

化繊の場合は、毒を排出すること自体を
おさえてしまうので、

皮膚の下に毒が溜まってしまい
炎症を起こします。

 

かぶれたというのは、
この化繊の影響によるものです。

 

服の場合も、ある程度加工されたものは
食べ物と同様によくありません。

体にマッチしているのは
天然の繊維です。

 

特に体に直接触れるような肌着などは
シルクや木綿素材のものを
使用しましょう。

皮膚につかず離れずで
少しゆるめの衣服が体内の毒素を
排出するのに効果的です。

 

体にぴったりした衣服は
皮膚からの毒の出口をふさいだり、

血管を圧迫し、血流の圧迫を招くので、

 

体の動きに合わせて
くっついたり、離れたりして、

少し、摩擦を与えるものが
いいといわれています。

排毒の効果を発揮するようですね。

 

 

ズボンをはくなら、
裾の方をしぼったものにすることです。

こうした工夫は、下半身の温かい空気が
逃げないようにするのと、

裾がまとわりつかなくて、
動きやすいという効果からです。

 

 

体の不調は、ちょっとしたことの
積み重ねから起こるものです。

逆にちょっとした工夫が
隊長改善のきっかけになったります。

 

下半身の冷えが気になったら、
いつも着ている着こなしなどに

気をつけてみてはいかがでしょう!

スポンサードリンク
  • 2017 05.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp