老眼トレーニングの実践が眼精疲労&仮性老眼を予防効果を上げる

この記事は3分で読めます

 

老眼は、加齢だけでなく
目の使い方によっても、

老眼によく似た症状になります。

問題なのは、それが習慣化してしまい
本格的な目のトラブルを
招いてしまうことに・・・

スポンサーリンク

現代人特有の生活に対応するため、

効果的なトレーニングを
日常的に行うようにして、

目のケアに務めることが大切です。

 

まずは、老眼のメカニズムについて
簡単に理解をしたあとに

老眼を防ぐ為のトレーニング法を
紹介していきます。

 

 

老眼ってどんな感じ?

 

物が見えるというメカニズムを
カメラに置き換えてみると

レンズに該当するのが水晶体です。

 

水晶体は、厚くなったり、
薄くなったりを調節しながら、

ピントがずれないようにしています。

近くの時は厚くなり、
遠くを見る時は薄くなって

ピントを合わせているわけですね。

 

そして、水晶体の厚みを
コントロールしているのが、

毛様体という筋肉です。

 

成長期であれば、
目の調節力が十分にあります。

ところが、25歳を過ぎる
成長期が頂点を過ぎるころから

徐々に、毛様体の筋肉も
水晶体の弾力性も悪くなり、

調節力も徐々に低下してきます。

 

 

30代を少し超える位までは
調節力の悪くなるのを自覚することは
あまりありません。

 

手元30センチ以内にある物が
ボヤける感じは、

調節力がある一定のレベルより
悪くなる状態をさします。

 

その時”老眼”かなって感じますが、
その年齢が、だいたい45歳前後。

最近、30代や20代であっても

老眼によく似た症状がみられるように
なっている人が増えています。

 

30代では、水晶体の弾力性も
毛様体の筋力も悪くなっていないはず・・

 

 

なぜ、そうした症状がでてくるのか?

毛様体の筋力が低下し、
ピント調整が一時的ですが、

悪化していることが考えられています。

いわゆる、仮性の老眼です。

 

また、20代で短期間で
視力が1.5~0.1に悪化していく人も
増えていると言われています。

 

その調節力が悪化する原因は

目の酷使、偏った使い方にあると
考えられます。

スポンサードリンク

パソコンやスマホの液晶画面を
見ることにかなりの時間を割いている人

生活の一部になっている人は
特に対象となります。

 

近くのものばかり見て、
遠くをあまり見ないというライフスタイルが
普通になっていると

いつも水晶体を
厚くしている事になるため、

毛様体は、常時、緊張を強いられた
状態にあると言えます。

 

その為、毛様体はけいれんを起こし、

水晶体の厚みをスムーズに
変えられなくなってしまい、

仮性の老眼状態が引き起こされて
しまうと考えられます。

 

このような偏った使い方をしていると
近視の原因にもなってしまいます。

 

 

効果的な老眼トレーニング法

 

毛様体は筋肉ですから、
毛様体を鍛えれば目の調節力の低下を防げ、

仮性老眼の改善や老眼の進行防止、
近視の予防にも役立ちます。

 

その為のトレーニング法は
いろいろありますが、、

中でも簡単にできるのが
”遠近を交互に見る方法”です。

 

やり方を紹介します・・・

目の前の10センチのところに
指を立て、

これを一つの的に見立てます。

そして、遠くにある
木立や電信柱などを

もう一つの的にします。

 

最初に、遠くの的を見たら、
次に手前にある指先を見て、

そのまま指を眼前まで接近させます。

これを何度も繰り返します。

 

他には、動いているものを
見分ける能力をアップする

”動体視力のトレーニング”もあります。

 

やり方を紹介します・・・

指を目の前に立て

その指を斜めや横に動かすのにあわせて、
指先の先端を目で追います。

目の前20センチのところに
人差し指を立てます。

 

人差し指を斜め上方や横、
斜め下方などへ素早く動かし、

それに合わせて指の先端を見ます。

 

こうすることで、
毛様体が鍛えられ、

動体視力のアップの
トレーニングにもなります。

 

 

目を酷使する仕事をしている人

長時間にわたり、
スマホやパソコン画面に
向かっている人は、

1時間に一度程度、
目を休めると同時に、

老眼予防の為のトレーニングを
実践してください。

スポンサードリンク
  • 2017 05.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp