片頭痛の予防にマグネシウムを!摂取量の確保には積極的にサプリを利用

この記事は3分で読めます

 

群発地震のように何度でも
おそってくる片頭痛の痛み・・・

なった人しかわからない
辛いつらい、症状ですね。

症状が現れた時、
痛みを緩和させる為の
適切な対処も必要ですが、

スポンサーリンク

なるべく片頭痛にならないように
予防しておくことも大切です。

 

 

医学的調査によると
片頭痛の予防に効果があると
言われる栄養素があります。

それが、ミネラルのマグネシウムに
ビタミンB2、ビタミンB6です。

 

マグネシウムは細胞膜を安定化させ

興奮している神経の働きを
抑えてくれる働きがあります。

ビタミンB2は、細胞内小器官の
ミトコンドリアに作用し、

細胞機能の働きを改善します。

 

ビタミンB6には、神経を健全に保ち
筋肉を柔らかくする働きがあり、

ビタミンB2とのコラボで、
活性型へとレベルアップしていきます。

 

 

慢性的なマグネシウム不足にある現代人

 

マグネシウムは細胞内ミネラルの
キーになるミネラルです。

多くの生活習慣病の
危険因子が関わることによって

尿から排泄され、欠乏します。

 

特に、糖尿病に罹っている人達は、
健康な人の2倍程度を

尿から排泄されていることが
わかっています。

 

 

体内のマグネシウム量を増やすには

排泄される量を減らすことと

それにプラスして、
摂取量を増やしていくことです。

特に日本人は慢性的な
マグネシウム不足との指摘も・・

 

マグネシウムは精製した加工食品、
油脂類、酒類、砂糖等にはあまり含まれず
殆ど含まれず、

その反対に、無精白穀類、緑黄色野菜、
海草類、魚介類といったものに
多く含まれています。

 

 

具体的には・・・

海藻、大豆製品、ナッツ類、
干し魚、あさり、ブロッコリー

枝豆、レーズン、ほうれんそう
バナナ、ごま、玄米等。

 

こうした食材を習慣的に
摂ることが大切になりますが、

忙しい現代人にとって、
食材を気にしながら、三度の食事で

スポンサードリンク

マグネシウムをある一定量を
摂ろうと思うのは難しいところです。

 

ですから、

積極的にサプリメントを利用して
補う方法が一番。

 

 

できるだけ排出量を減らそう~~

飲酒量が多い人などは、
その量を控えることが大切です。

酒は百薬の長と言われるのは
日本酒で半合程度です。

 

飲み過ぎてしまうと
マグネシウムは、尿から体外へと

連れ出してしまうことを
忘れないようにしましょう。

 

自分の体がすでに
マグネシウムが不足している
状態にあっても

アルコールを入れた分だけ
マグネシウムを排出してしまいます。

 

 

更に、過度なストレスを感じながら
生活している人などは、

湯水のごとくマグネシウムを
消耗していることも

頭に入れておきましょう。

 

 

ビタミンB群も同様です・・・

ビタミンB2を豊富に含んだ食材

肉、魚、乳製品、緑黄色野菜
卵、魚卵、魚肉ソーセージ、
納豆、のり、玄米

 

ビタミンB6を豊富に含んだ食材

レバー、魚、鶏肉、アボガド
かぼちゃ、ピーナッツ、
バナナ、玄米

現代人は、慢性的な
微量栄養素不足になっていると
言われています!

 

 

日常あった、嫌なことなどは
寝る時には忘れるようにして、

シッカリ睡眠をとることです。

心も体もリニューアルする
一番大切な体の使い方”睡眠”です。

 

マグネシウムは、理想を言えば、
毎日400mgは摂取したいところですね。

 

 

 

同じような痛みが
何度も繰り返し起こるという
片頭痛もちの人は、

何を食べたときに片頭痛になるのかを

普段から意識するようにしておけば、
予防へとつながっていきます。

 

悪いものを避け、
バランスのいい食事を心がけ、

マグネシウム&ビタミンB2、B6等の
微量栄養素を

 

積極的にサプリメントなどで
補うようにすれば、

食事を通して、片頭痛の予防に
つながっていくでしょう。

サプリメントは、ビタミンやミネラルが
バランスよく含まれた

マルチビタミン&ミネラルを
利用するようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 10.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp