鉛の蓄積が招く体の不調&病気?亜鉛を摂ってデトックス効果を上げよう

この記事は3分で読めます

 

人体に有害なミネラルの1つが
”鉛”です。

その毒性については、
昔から知られていたことですが、

現代人は、ここ数百年の間に
1000倍もの鉛に汚染されている
とも言われています。

スポンサーリンク

身の周りにあふれている鉛の害!

ハンダづけされた缶詰、
白色の絵の具、印刷のインキや
古いペンキ、タバコ、排気ガス・・・

 

厚労省の働きかけで
その危険性は解除されている
ようですが・・

古い水道管には、
加工しやすいということで
鉛管が使われていました。

(現在は高密度ポリエチレンを使用)

 

何もなければ
鉛が水に溶けだすということは
ありません。

 

しかし、

酸性雨など酸を含んだ水であれば
鉛を溶かしてしまう危険が
あったわけです。

 

また、発生した鉛は
土壌に蓄積されているので、

体に侵入してくるのを
100%防ぐことはできません。

 

 

体内で悪さをする鉛の危険性

 

鉛が体内に入ってくると

SODなどの抗酸化酵素などに
亜鉛が取り込まれて

活性化しているところに触れ

 

亜鉛よりも重量がある鉛が
亜鉛を飛ばして、

置き換わってしまう場合が
多いと言われています。

 

SOD酵素は、中核となる
ミネラルを失ってしまうことで

本来の働きができなくなり
活性酸素の消去ができずに

様々なトラブルを
招いてしまいます。

 

また、鉛の90%近くが
骨に蓄積されると言われています。

鉛を含んだ骨は、
カルシウムを血中に放出するようになり、

それがひどくなると
カルシウム不足になって、
骨粗鬆症が進行します。

 

鉛は脳神経と親和性があり!

その為、脳に溜まった鉛が
ある一定量を超えてしまうと

うつになりやすくなるとも
言われています。

 

集中力が欠如し、記憶力もダウン。

落ち着きを失い、ちょっとした事で
精神が高まったり

興奮しやすくなる人もでてきます。

 

また、発がん性もあり、

その他にも免疫機能や
ホルモンの分泌量の低下、

腎臓障害、肝臓障害、
動脈硬化、神経障害を引き起こす
原因にもなっています。

 

 

鉛の害を防ぐには

 

亜鉛、カルシウム、マグネシウム等の
ミネラルを十分摂取すると

スポンサードリンク

その分だけ鉛の体内への
侵入を防ぐ事ができます。

 

なかでも、亜鉛を積極的に
摂るようにしましょう。

亜鉛は、体内で生産することは
できないので、

食べ物から摂るしかありません。

 

抹茶や牡蠣、小麦胚芽などに
多く含まれています。

心当たりがある人は、
意識的に亜鉛を含む食材を
食べるようにしましょう。

 

その他・・・

ビタミンでは、Cを十分摂ることが
鉛をはじめとする有害金属を
排泄するのに良いとされています。

アミノ酸はシステインなど
含硫アミノ酸を十分摂るようにしましょう。

 

積極策としては、
サプリメントを利用することを
オススメします。

ミネラルは、バランスと量が
大切になってくるので、

マルチビタミン&ミネラルを
利用するといいでしょう。

 

 

鉛の赤血球破壊作用は
ニンニク&ネギで防ぎましょう

 

鉛は貧血にも関係しています。

人間の体内で過剰になると
赤血球を壊してしまう性質を
持っているからです。

 

イオウ化合物に、強い抗酸化作用、
抗菌作用、血栓を防ぐ作用、

血液循環促進作用、
コレステロール値の改善作用
などがあります。

 

ニンニクにはイオウ化合物の
硫化アリルが含まれていますが、

硫化アリルは、重金属を包みこみ
その働きを無毒化していく
効果をもっています。

 

硫化アリルが鉛を包み込んで
無毒化するとともに、

様々な機能がバランスよく作用して、

赤血球が壊れていくパーセンテージを
低くするのではないかと
言われています。

 

硫化アリルは、ニンニクのほか
タマネギやネギにも含まれます

ニンニク、ネギなどは
セレンと硫化アリルの二つの成分で、

鉛だけでなく、他の有害金属、
スズ、水銀、カドミウム、砒素等の
無毒化に、

対応できると言えます。

 

 

 

生活毒物は、食べ物や空気をはじめ

自分が生活する環境の中から
気づかないうちに入ってきています。

ストレスなどで、
体が弱っている時などには
更に輪をかけてしまうことに・・・

 

普段から、意識して
デトックスという考え方も
もっておきたいところです。

スポンサードリンク
  • 2017 06.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp