疲れているのに眠れないのは何故?神経をリラックスさせる対処法の実践を

この記事は3分で読めます

 

体は疲れているはずなのに
なぜか、なかなか眠れない。

疲れてるんだから
良く眠れるはずなんだけど・・・

眠ろうと思えば思うほど
逆にますます、目が冴えてきた

なんて人は意外と多いようですね。

スポンサーリンク

そんな時、
どうしたらいいのでしょうか?

我慢して朝まで起きていようか
でも、明日も忙しいから・・・

 

あせりやイライラした気持ちが
支配している状態は、

精神的にもよろしくありませんね。

 

 

なぜ人は睡眠をとるのか・・・

 

昼間使った脳を休息させ
体を癒していくこと、

重力から解放されること、

細胞の新陳代謝によって、
体をリニューアルさせる為など

睡眠は、健康だけでなく

人の能力を最大限に発揮させて
いくためにも必要です。

 

そして、一晩グッスリ眠ることで、
エネルギーが充満し、

朝は、目覚めもスッキリというのが
健康体である証になります。

 

睡眠は体に備わっている
自然の仕組みです。

適度な疲れは、
良質な睡眠をとる為にも
大切なことなのですが、

 

疲れすぎていると、

なかなか眠れないというのが
本当のところです。

 

そこには、働きすぎや
過度なストレス等が影響して、

心と体のバランスを
欠いてしまっていることが
考えられるわけです。

 

働きすぎ、
それ自体が習慣化していると

自分が働きすぎている
状態にあることも麻痺してしまい

仕事量が適当な量なのかをどうかを

自分で把握することが
難しくなってしまいます。

 

 

交感神経が優位な状態が続く!

 

過度なストレス、ハードワークは
交感神経優位な状態を招きます。

長時間、緊張が続き
交感神経が優位になっていると

すぐにりラックスした状態に
戻れなくなります。

 

そのため、体がどんなに疲れていても、
寝つけなくなるわけですね。

 

眠ることができたとしても
睡眠が浅い、睡眠の質が悪くなり、

朝起きても意識がハッキリせず
日中もボーとしたまま、

1日を過ごしてしまうことに。

 

また、夜遅くまで
仕事をしている人の脳波は、
β波が支配することにあり

リラックスの脳波であるα波へと
スイッチが入りません。

スポンサードリンク

 

ちなみに、β波から
α波に切り替わるには

2~3時間はかかると
言われています。

 

昼間の脳波がそのまま、
夜になって持ち越してしまうと

意識が益々ハッキリしてくる
という悪循環になるわけですね。

 

人間の体は、睡眠や起床に関係する
メラトニンやセロトニンが

太陽の動きに合わせて
バランスをとっているものです。

 

更にステロイドホルモンは、
目覚めが近づくにつれて分泌量が増え、
目覚めの体制に入ってきます。

 

夜、寝ないで働いて
朝になったら眠るという
ライフスタイル自体が、

体にとって不自然なことなのです。

 

不自然な状態にあるわけですから、

強制的に副交感神経系を
優位にしてあげないと

気持ちよくは眠ることはできません。

 

 

お風呂を利用してリラックスを

 

そこで、どうすれば、
眠りの体制にもっていくことが
できるのかということですが・・・

強いストレスを感じている心を
リラックスさせるには、

やはり体を温めてあげるのが一番。

 

手ごろなところでは、
お風呂を上手に利用することです。

寝る時間の1時間から1時間半前に

少しぬるめのお湯に
ゆっくり入るようにします。

 

副交感神経系が優位になって
リラックスでき、

リラックス状態にあることを
確認している脳は、

血管を広げるようにし、
体温を上げてくれます。

 

心地よい眠りにつくこともできます。

ストレスが続いていると、
手足が冷えたり、

交感神経から副交感神経への
切り替えが鈍くなってしまうもの。

 

日ごろから体を温めることを
心がけていれば、

副交感神経系の働きで、
緊張感を緩和することもできます。

 

体温を上げれば
体の末梢の体温も上がって、

脳はリラックスしている
勘違いし、眠気を感じるようになります。

 

 

 

要は体のリズムが少し狂っている
ということなので、

どこかで修正をしなくてはいけません。

もし、できるなら
睡眠をとるということを軸にして

生活習慣を改善してみては
いかがでしょうか!

 

起きる時間を決めて、
そこから逆算して、7時間ほどの
睡眠時間を充てるようにします。

そして、それを100日間、
体のリズムが整うまで実践してみましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 06.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp