肝機能が低下気味の人は特に便秘には注意を!肝臓病には大敵

この記事は3分で読めます

 

肝機能が低下していて
肝臓が少しバテ気味の人が

特に気をつけないと
いけないのが便秘です。

スポンサーリンク

便秘になると
いつまでも腸内に老廃物が
滞留している状態にあり、

未消化のタンパク質等が
腐敗しやすい環境にある為、

 

その際、発生する有害物質が
腸から吸収され、

様々なトラブルを起こす
元凶になってしまいます。

 

 

例えば、有害物質の一つに
アンモニアがあります。

健康な人では、
アンモニアは肝臓で解毒され、
尿素に分解され、

”おしっこ”として
体の外へ排出されますが、

 

肝機能が低下している人は
解毒能力も落ちているので、

このアンモニアの分解が
スムーズにいきません。

 

さらに肝臓で解毒しきれない
アンモニアが血中に入ると

その一部が脳に到達し
肝性脳症を起こす場合がある
ということです。

 

肝性脳症を起こすと
脳が正常に働かなくなって
さまざまな精神症状が現れます。

軽い場合は集中力や
注意力が低下する程度で、

周囲の人もいつも違うと
感じるくらいです。

 

しかし、

その症状が重くなってくると
判断力も低下し、

認知症のような症状を起こしたり、
昏睡に陥ることも・・・

 

便秘は健康な人にとっても
決してよいことではありませんが、

肝機能が低下している人にとっては
尚更、注意しなければ
ならないということです。

 

 

現代人には肝臓が弱っている人が
多いと言われているのは

解毒しないといけない物が
体の外側だけでなく、体の内側からも
発生しているからです。

 

腸内環境を整える対策を!

 

肝臓への負担を減らす為には、
腸内環境を整えることが大切です。

添加物などの化学物質が
外から入ってこない工夫と同時に

腸内から毒性のものを
発生させないようにすることも
必要です。

 

便秘しないこともその一つです!

さまざまな便秘対策法が
紹介されていますが

大切なポイントは、
朝食後に排便する習慣づくり。

便秘になってしまう原因で、
一番多いのは生活のリズムの乱れです。

 

朝あわただしく時間に追われ
朝食をとらない事から

便意が起こらなくなったり、

スポンサードリンク

便意があっても我慢していると
それが習慣になってしまい

便秘につながります。

 

朝食をシッカリ食べるようにすると
その刺激で腸の運動が活発になり、
便意が起きるのが普通です。

その排便のリズムが乱れてしまうと
便秘を起こしやすくなります。

 

 

便秘を予防するには

 

朝食を必ずとり、
食後に便意がなくても

トイレに行って座ってみることです。

 

朝、余裕をもってトイレにいく
時間が確保できない人は、

少し早起きすることも必要です。

また、便意が起こっても
つい我慢してしまうと

次第に便意が起こりにくくなります。

 

シッカリと排便習慣を
意識することが大切です。

そして、水分と食物繊維は、
少し多めに摂るようにしましょう。

食物繊維は腸内で、
水分を多く含んだ毛糸の束のように
なります。

 

食物繊維と水分を十分な摂取が
便の量を増やことになり

スムーズな排便を促します。

 

また、朝起きた時に、
コップ一杯の水を飲むと

それが適度な刺激を与えることになり

体も大腸も目覚めて
排便しやすくなります。

 

 

肝臓を元気にするには?

 

肝臓を元気にしていく基本は、
とにかく肝臓の正常細胞のリニューアル。

肝細胞の新陳代謝です。

 

細胞レベルで考えると
肝臓の細胞はタンパク質で
出来ているので、

高タンパク食品を十分に摂るという
考えになりがちですが、

 

肝臓の働きが弱った人の場合、
高タンパク食品を与えても、
上手に処理できず、

それがかえって、

アンモニア分解そのものを
妨げてしまうことにも
繋がるかもしれません。

 

DNAレベルで考えると、
DNAの再建こそが必要なので、

タンパク質よりも
DNAの原料になる核酸を
最優先にして

必要十分量を補うような
食生活を工夫していくことも
必要なのかもしれません。

 

 

 

肝臓は沈黙の臓器です。

肝機能が弱っているということは
肝臓だけでの問題ではなく

体全体の健康レベルが
低下しているサインだと
自覚するようにしましょう。

 

食生活全般、睡眠、運動等、

今のライフスタイルの見直しは
忘れないようにすることが
大切です。

スポンサードリンク
  • 2017 07.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp