神経クリーニングで若返り!顔もみのやり方を紹介・工藤千秋先生の話

この記事は3分で読めます

 

健康ブームということもあって
いろいろな健康法が
紹介されていますが、

生活習慣に取り入れられるか
どうかというのは、

手軽にできるかどうかか、
効果が実感できるかどうかだと
思います。

スポンサーリンク

今朝の生島ヒロシさんの
「おはよう一直線」には、

くどうちあき脳神経外科クリニック
院長の工藤千秋先生が出演

 

万病を防ぐ・・・
”神経若返り術”というテーマで

簡単にできる
神経クリーニングのやり方を
お話されていましたので、

紹介したいと思います。

 

 

工藤先生の話はココから~~~~

 

先生のクリニックで
行われている

神経クリーニングについて
説明していただけますか?

 

神経細胞というのは
体の中で唯一、交換できない
ものなんですね。

この神経細胞を
刺激することによって、

万病を防ごうというのが
神経クリーニングなんです。

家庭でも簡単にできる方法です。

 

 

具体的にどうやればいいんですか?

 

基本的には二つあるんですね。

顔をもむということと
姿勢をピシッと正すことです。

この二つでいいんですか?

はい、そうです!

 

やり方を教えてもらえますか?

 

まず、顔をもむという方法から
紹介しますね。

中指を爪を立てないようにして、
鼻横にあててください。

ちょっと押すと痛いところが
ありますよね。

そこに中指を置いて

次に、親指を顎の下にあててください。

 

人差し指を目の横の
ほほ骨の上あたりに置き

薬指を鼻と上唇の間くらいに、

そして、小指を下唇の下あたりに

ほっぺ全体を指で
包む感じになります。

 

そして、次に指全体でほほを
つまむようにもむんです。

他の指は、全部離していただいて、

最後には中指だけで鼻の横を3回
軽く押していただく・・・

これが、顔をもむという方法なんです。

 

 

目の上とかはやらないんですね?

 

目の横までで結構です。

だいたい、30秒ほどかけて
1セット

これを3セットほど
繰り返していただくのが

いいかと思います。

 

これをやるとどうなるんですか?

 

全体的に神経の活性化が促されます。

強めに顔をもむと・・・

顔の中に走っている
いろいろな神経の中で、

深部知覚というのが刺激されて
生み出されてくるんです。

だいたい、顔というのは
深い部分を刺激することがないので、

ぎこちなくなっていることが
多いです。

 

そして、神経がさび付いているので、

深部知覚というのを
刺激することによって、

神経にたくさん信号が流れて、

 

顔から脳にかける神経が
凄く、活性化される

スポンサードリンク

元気になるという、
そこが原理になるんです。

顔をもむことで
血流が良くなるということも
ありますけどね・・・

 

 

もう一つの姿勢を正すということは?

 

これは、壁に背中を
グッとあてるんですけど、

ポイントはかかと、尻、背中
後頭部の4点を順番に

ピタッとつけておくこと

そうすると自然と顎を引いた状態
姿勢になるんですね。

 

背中が丸まっている方は、
無理しなくていいですので、

徐々につけていって、
つけれるところまででいいんです。

 

4点をつけれる方は
つけたままの状態で、

胸を突き出すようにして、
壁に背中を押し付ける

これで、20秒間ほど維持する。

 

3回程繰り返してください。

これでピシッと背中が伸びる
顎引き胸出し姿勢というのが完成です。

 

 

かかと、おしり、肩、頭、
この辺りをきちっと背筋を伸ばして、

姿勢を正すことが
神経クリーニングにつながる
ということですね?

 

そういうことなんですね。

 

猫背など、姿勢が悪くなると
かなりダメージをあたえるんですか?

 

猫背なんかになって、
ずーっとパソコンを眺めていますと

運動不足にもなりますし

それから、背骨などで
物理的に神経を圧迫されてしまう

結果的に神経に酸素とか栄養が
行かなくなってしまうんですね。

 

そもそも神経というのは、

神経細胞を覆う絶縁体の膜
ミエルというのがあるんですけど

それが元気がなくなって
しまうこと自体が、

 

神経の老化の正体ですから、

神経自体をどんどん使うことによって、
劣化が防げるということなんです。

 

 

正座というのはどうなんでしょう?

 

これは、いいことは
いいんですが、

長くやり過ぎると
体重で神経を圧迫したりするので
よくないですね。

グッと伸ばすこと
そして、緩めること、

この繰り返しが大事なんです。

 

 

「病気にならない神経クリーニング」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工藤先生の話はココまで~~~~

 

 

 

呼吸、食事、睡眠、運動に
プラスして、

神経クリーニングを
取り入れれば、

細胞の新陳代謝の流れも
かなりよくなりそうな感じです。

 

その効果を実感してみるのが
一番なので、

早速、実践してみましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 07.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp