迷走神経から来る喉のつかえや胃腸の不調!副交感神経に適度な刺激を

この記事は3分で読めます

 

ストレス社会を反映してか
胃腸薬のCMがココ数年増えている
感じがします。

胃腸は精神の鏡と昔から
言われているくらい、

ストレスの影響をモロに
受けてしまうのが消化器系の働きです。

スポンサーリンク

実は、様々なストレスと
消化器系の働きに深く関係している
神経があります。

それが”迷走神経”です。

 

 

迷走神経が消化に与える影響

 

迷走神経は、12対ある脳神経の一つで、
10番目にあたる神経。

この神経は、脳から首を通り、
胸のあたりまでに幅広く分布していまして、

名前の通り、迷走するように
広がっています。

 

ストレスには、かなり敏感に
反応する神経なので、

緊張を強いられるような
場所に身を置いたり、

 

そのことをイメージするだけで、

胃のあたりに痛みを感じたり、
下痢をしたり、

また、喉がつかえたような
感じを覚えたりします。

 

 

何となく、お腹のあたりが

重苦しい感じがしてくる
といった症状は、個人差はあっても

誰にでも一度は経験をしたことが
あると思います。

 

こうした症状には
迷走神経が深く関わっているわけで、

その理由は、食道、胃、腸等の
消化器系の器官を動かしているのが

”迷走神経”だからなんですね。

 

 

喉のつかえも迷走神経が・・・

食事をした時に、
喉のあたりで、何となくひっかかった
感じがしてくるのは、

食べ物を、先へ先へと
送ろうとする蠕動運動の働きが
悪くなっている為。

 

ヘビが獲物を確保して、
それを飲み込んだ後に

しっぽの方に向かって
獲物を移動させいく様子を
見たことがあると思います。

波をうった感じで
先の方へ、先の方へと
送っていますが、

このうねった感じと同じようなことを
食道でもしています。

 

この蠕動運動をコントロール
しているのが迷走神経です。

ですから、迷走神経が
うまく働かなくなっていると

蠕動運動の働きが悪くなり
食べ物が先へと送りにくくなる為

喉がつかえた感じを
もってしまうわけです。

 

胃腸で不快な症状が
起こるのも同じような原理からです。

蠕動運動そのものが
わるくなっているからです。

 

 

ストレス過多にある現代人には

消化器系のトラブルを抱えている人が
増えていると言われています。

ストレスが迷走神経に与える
ダメージは、かなり大きいということです。

スポンサードリンク

 

 

副交感神経が迷走神経を整えるカギ

 

スマホが普及した現在、
様々な情報が途切れることなく、

目や耳、その他感覚器官を
通して、膨大な量が入ってきます。

 

肉体の疲れだけでなく
情報の洪水は、脳を通して

精神的にもかなりの
悪影響を与えていると言えます。

 

何となく胃が重い、
食欲がわかないからといって

病院で検査をしても
ハッキリと診断されない時など

 

医師からストレスということを
指摘されると

大抵の人は、疑問を抱かずに
受け入れてしまいます。

 

ストレスが原因とされがちな
症状の多くには、

実は副交感神経が
深く関わっています。

 

なので、ストレスという
つかみどころのない存在に
原因を押し付けるだけでなく

副交感神経の働きを
高めることが必要です。

 

 

リラックスを意識した生活を

 

迷走神経の働きをよくするには

副交感神経をリラックスさせる
ことが大切です。

 

元々、副交感神経は
リラックスの神経なのですが、

その神経が、過度なストレスや
首の筋肉のコリなどがあると

うまく働いてくれません。

 

ですから、首の筋肉をゆるめて
自律神経を整えることが
大切になってきます。

 

首コリから筋肉が、
かなり硬い状態になっていて

すでにさまざまな不定愁訴が
現れれている場合は、

副交感神経の働きが
落ちていることが考えられます。

 

頑固な首のコリについては
一度、専門医の治療が
必要になってくるかもしれません。

そうでなければ・・・

頑固な首コリにならないように
予防しておくことが大切です。

首コリを防ぐには・・・

 

 

そして、副交感神経の働きを
良くする為にリラックスできる方法を

仕事や生活に取り入れることが
大切になってきます。

 

手軽にできる方法としては、
やはり爪もみをオススメします。

爪の生え際(薬指を除いた指)を
少し痛みを感じる程度に

力を入れて、揉むようにします。

 

そうすれば、交感神経に偏りがちの
状態を物理的に副交感神経が

優位になるように戻してくれます。

1日、3回を目安に取り組んでみてください。

 

爪もみをした後に
体がなんとなくポカポカした
感じになってきたら、

副交感神経に確かな刺激が
いっていると思います。

 

 

副交感神経の働きを良くしていけば
迷走神経の働きもよくなり

それに従って消化器系の働きも
改善されていくはずです。

スポンサードリンク
  • 2017 07.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp