コレステロール値を下げる食べ物&プランク運動・岡部正先生の話

この記事は4分で読めます

 

健康診断の時期になると
どうしても気になるのが血液検査で
わかる脂肪の数値

血管年齢が高めの人にとっては、

中性脂肪やコレステロールの値は
気になるところです。

スポンサーリンク

今朝の生島ヒロシさんの
「おはよう一直線」には、

糖尿病、脂質異常症、
動脈硬化症を専門としている

岡部クリニックの院長
岡部正先生が出演、

 

生活習慣病の原因
コレステロール値を下げる方法として

先生おススメの食べ物や運動法
などについて、

お話されていましたので
ご紹介したいと思います。

 

 

岡部先生の話はココから~~~~

 

生活習慣病をそのまましておくと
大変なことになるということで

その対策の一つとして
糖質制限などを行っている人もいますが

これは先生から見ると
いかがですか?

 

糖質を厳しく制限すると
他の食べ物が多くなりますね!

それが、魚や野菜だったら
いいんですが・・・

お肉ばっかりたくさん食べると
動物性脂肪の摂取量が多くなり

肝臓がたくさんコレステロールを
つくって、動脈硬化の原因にも
なりかねません。

 

 

最近は、年をとっても
お肉をたくさん摂った方がいいなどの
話もありますが?

 

摂りすぎるとやはり
動物性脂肪が多くなって、

コレステロールが
多くなってしまうんです。

ですから、お魚との
バランスが大切なんですね。

 

日本人は特に悪玉コレステロールが
多めですよね?

 

コレステロールというのは
ホルモンの材料や
細胞膜の原料となります。

その為、生きていく上で
大変重要なものなんですね。

血液の中のコレステロールの
80%は、肝臓でつくられたもの、

残りの20%は、食べ物から
摂ったものなんです。

 

よく、悪玉コレステロールとか
善玉コレステロールとかいいますけど

実はコレステロールは
一つしかないんです。

 

悪玉コレステロールと呼ばれているのは

肝臓でつくられたコレステロールが
LDLという乗り物に乗って

全身に運ばれるものです。

 

善玉コレステロールというのは、

全身で余ったコレステロールを
HDLという乗り物で

肝臓に回収されるものなんです。

そのどちらも大切なんですが

LDLがHDLに比べて多すぎると、
血液の中にコレステロールがだぶついて
悪さをしてくるんです。

 

この比率が大事なんですね。

LH比が1.5以下が理想的なんですが、
2を超えると徐々に動脈硬化が

始まると言われています。

 

適切な量のコレステロールを摂るには
どういった食生活をするといいですか?

今、コレステロールが高いと
言われている方は、

やはりコレステロール値が
上がりやすいので、

 

1日のコレステロールの摂取量は、
300mg以下、例えば卵であれば、

1個以下に抑えることが必要です。

 

コレステロールが高くない人は、
コレステロールの制限はありません。

スポンサードリンク

なぜなら、コレステロールを
たくさん摂りすぎても

肝臓がコレステロールを
つくらないように調節するからです。

 

ただ、そういう方でも

動物性脂肪をたくさん摂ると
肝臓がつくってしまうので、

注意が必要になります。

 

 

具体的にどんな食べ物を意識したら
いいでしょうか?

 

さかなすきねを意識してください。

さは、魚のさで、
コレステロールを下げるEPAが
豊富に含まれています。

 

かは、海藻類、
水溶性食物繊維があって、

コレステロールの吸収を
抑えてくれます。

 

なは、納豆、
大豆のタンパクとかイソフラボンが
コレステロールを下げてくれます。

 

すは、お酢ですけど
お酢は、腸からの糖や脂肪の吸収を
抑えてくれます。

きは、きのこ
不溶性の食物繊維が

コレステロールの吸収を
抑えてくれます。

 

ねは、ネギ類なんですが
ネギ類は抗酸化作用で、

コレステロールが酸化して、
もっと悪くなるのを防いでくれます。

 

 

あと、運動なんですが
先生はプランク運動を勧めていますね?

 

これは、腕立て伏せの姿勢で、
両肘を床につけていただいて、

頭の先からかかとまで、
一直線になる姿勢をとります。

 

これを続けると
体幹のインナーマッスルが
鍛えられますね。

 

最初はキツイですから
10秒からはじめて、

徐々に伸ばしていって、
最終的には1分間くらいに
していただければと思います。

 

余裕ができてきたら
この運動をしながら・・・

計算をしたりとか、
パートナーがいれば、シリトリを
するなど、

頭を使って運動するといいですね。
認知症予防にもなります。

 

 

最近は、卵は1個だけでなく
何個食べてもいいんだ!という説も
ありますが?

 

それは、コレステロールが
高くない人の話であって、

コレステロールが高い人は
上がりやすいので、

 

注意した方がいいと思います。

自力でコレステロールと
中性脂肪を下げる30の法則

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡部先生の話はココまで~~~~

 

 

血中脂質の問題解決には

食べ物に気をつけること
それに運動は

やはり基本中の基本ですね。

 

手軽に測れる血糖値の測定器は、
発売されているんですけど

コレステロール値が測れる器械は
まだないみたいですね。

 

体重計みたいに、
手軽にコレステロール値を

その場で測れるようなものが
世の中にでてくれば、

脂肪分の摂り方も
変わったくるかもしれません!

 

 

とりあえず、脂質異常が気になったら

岡部先生ご推薦の
さかなすきねの食材とプランク運動、

この二つを、実践してみましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 07.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp