運動が血管内皮機能を高める!理想的なウォーキング・群馬県中之条町の取り組み

この記事は3分で読めます

 

運動が動脈硬化の予防にも、
その改善にも役に立つことは
良く言われることです・・・

ではどうして運動することが
血管のトラブル解消に

いい影響を与えるのでしょう?

スポンサーリンク

その仕組みを知ることで
毎日行う運動への取り組み方も
変わってくるはずです。

 

運動すること、女性でしたら
家事などもある面、運動ということに
入るのかもしれませんが

体を動かすことは
全身の筋肉の伸び縮みさせることを
繰り返しているわけです。

 

この筋肉の動きに合わせるように

血流が良くなり、
それに従って、酸素や栄養素の
消費量も増えます。

 

そして、その消費した不足分を
なんとか補おうと

脳から指令が送られ
指令を受け取った心臓は

栄養や酸素の供給量を増やすために

心筋の収縮力をアップさせるとともに
心拍数を高めていきます。

 

このタイミングで、筋肉細胞からは、

生理活性物質のブラジキニン
分泌されます。

 

血管の内膜では、
普通より速く流れるようになった
血液に刺激を受けたり、

ブラジキニンからの刺激により
活性化した内皮細胞から

一酸化窒素が放出されます。

 

ご存知のように
一酸化窒素は、血管を広げる働きがあり、

その結果、血液の流れを
よくしてくれるわけです。

 

また、筋肉から放出された
”ブラジキニン”は、

運動で必要とするエネルギーを
スムーズに得られるよう、

筋肉細胞内にある
グルコーストランスポーター4
と呼ばれる糖の輸送体に

速やかにブドウ糖を運ぶよう
指令を与えます。

 

細胞内に待機していた
グルコーストランスポーター4は、

細胞膜のところまで
上がってきて、

細胞内に取り込まれたブドウ糖を
キャッチし、

ミトコンドリアまで
運んでいくいう仕組みになっています。

 

すでに2型糖尿病にかかっている人は
この輸送体の数が少なくなっていたり

その働きが悪くなったりしていると
考えられています。

 

さらに、筋肉は運動に必要な
力を発揮する為に、

最初は近くに存在する
グリコーゲンなどを燃焼させますが、

それでも不足してくると
ブドウ糖から脂肪を燃焼させるよう
仕組みにチェンジします。

 

この時、内臓脂肪から
燃焼されていくため

メタボへの対策になります。

 

このことは、脂質の代謝効率を
アップさせることにもつながるので、

血中にLDLコレステロールや
中性脂肪の数値を減らし、

スポンサードリンク

HDLコレステロールを
増やすことにつながり、

脂質異常症も改善します。

 

血管の動脈硬化を進める
リスク要因の多くを

改善・解消してくれる効果があるため、

適度な運動の効果が
いろいろと言われるわけです。

 

 

運動が血管に与える
効果についてはほかにもあります。

 

運動によって刺激された
内皮細胞は活性化し、

動脈硬化のコブを安定化させる働きを
パワーアップしたり、

動脈硬化がかなり悪化している
人にとっても

かなりの率で改善することが
期待できるわけです。

 

そして、運動による刺激が
血管の細胞分裂を良くし

新しい血管づくりにも良い効果があります。

 

こうした望ましい影響があるので

血管の健康状態を良くし
詰まったり、切れたりなどの

トラブルを未然に防ぐには
積極的に運動を行う必要があるわけです。

 

 

 

群馬県中之条町での取り組み

 

今朝のモーニングショーで
放送されていました

群馬県中之条町で行った
ウォーキングに関するお話を
紹介したいと思います。

 

群馬県中之条町での取り組み

歩き方と病気の関係を
17年にわたって研究した
結果のもので・・・

 

そこで分かった新常識が

歩く歩数は、1日で8000歩

その中で20分の早歩きを
取り入れることで

様々な健康効果が上がる
というものでした。

 

「1日、1万歩を歩きましょう」
というのは、正しくない・・・

8000歩以上歩いても

健康に対する効果は、頭打ちになる
という驚愕のデータが出ている
ということでした。

 

一応早歩きは、
鼻歌が歌えない程度

早歩きは脈拍数で
置き換えると

最大脈拍数220から年齢を引いた
数値の60%

20歳の人でしたら
脈拍数が120ということになります。

 

ただ、一応の目安ということで

キツ目かどうかは
自分の感じ方ということでした。

 

運動が健康にいいからといって
無理をし過ぎるのは

無理→ストレス→免疫力の低下を招き

逆に体を壊してしまう原因に
なってしまうということです。

 

 

付け加えて・・・

歩幅を大きくすると
膝が伸びるし、姿勢もよくなる
ということでした。

歩幅を普段より
こぶし一個分くらい大きくする

意識しているよりも
少し、幅を広くするような
感じです。

 

歩く時間は、夕方がよくて

歩き時間がどうしてもつくれない人は
部屋の中で足踏みでも
いいようです。

楽しく続けるということが
大事になってくるということでした。

 

中之条町のメッツ健康法を紹介したサイトはこちらから

スポンサードリンク
  • 2017 07.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp