必須脂肪酸の摂取バランスの乱れがうつを起こす?オメガ3&オメガ6と食生活

この記事は3分で読めます

 

原始時代の名残からか
人間は元々、否定的に考える習性を
生まれながらに持っていると言われます。

ですから、先の見通しが
分かりにくくなっている現代にあっては

どうしても物事を暗く暗く・・
考えるようになりがちです。

スポンサーリンク

うつの傾向を持つ人が
増えているのも

こうした背景があるのかもしれません。

と同時に、食生活での
油の摂り方も、うつの発症に
影響を与えています。

 

 

オメガ3とオメガ6のバランスを

 

魚介類に含まれる油がうつを防ぐのに
効果があると言われています。

何故でしょう?

 

ただ、魚介類を摂る量を増やせば
うつが改善されるわけではありません。

どのような割合で摂るかが
関係しています。

 

体に必要な脂肪分・油は、
大きく二つに分けられます。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。

一般的には、うつにいいのは
オメガ3といいと考えられています。

 

サンマやサバなどの
天然の青魚にはオメガ3脂肪酸が
多く含まれています。

かといって、魚介類なら
なんでもいいという訳ではありません。

 

魚介類を摂る量が変わらなくても

どんな魚介類を摂っているのかという
その種類に変化がないと

オメガ3脂肪酸の摂取量が
減っていることが考えられます。

 

それともう一つ考えないと
いけないのが、

オメガ6脂肪酸の摂取です。

その代表が、リノール酸などの植物油。

植物油はヘルシーというイメージや
安価なこともあって、

摂取量自体が増えています。

 

スーパーなどの売り出しで
日清とかAJINOMOTO等のメーカー品が
出されるのは、

オメガ6の植物油です。

 

植物油はオメガ6の塊と
言ってもいい程

オメガ3は、100%と言っても
いいほど含まれていません。

 

青魚などのオメガ3の摂取量が
少なくなり、

オメガ6・植物油の摂取量が
増えてくるような
食生活が続ていると

油のバランスが崩れてきます。

 

脳神経細胞に必須の油と
言われているのがオメガ3です。

魚を食べると頭よくなるという
歌がありました・・・

それが、脳神経細胞の働きを
良くするのには必須の脂肪酸です。

スポンサードリンク

 

 

うつを防ぐ・食生活を振り返ってみて

 

脳神経細胞にオメガ3が不足すると

その代用として
オメガ6を利用されます。

オメガ6は酸化しやすい油です。

 

細胞膜は油でできていますから

オメガ6を素材として
つくられた細胞膜が

活性酸素の影響受け、過酸化脂質となり
柔軟性を失って、硬直化。

 

その結果として、
セロトニンのやりとりが
スムーズにいかなくなるなど、

本来の脳神経細胞としての
機能が低下していきます。

 

油のバランスを欠くことで、
うつが蔓延していく状態が
出来上がってしまうことになります。

食生活は毎日の積み重ねなので、

気づかないうちに
うつ傾向になってしまうところが
怖いところ。

 

本格的なうつを発症しない為にも
油の摂取バランスには
気をつけるようにしましょう。

 

一度、食生活を振り返って
みてはいかがでしょう?

この一週間の間にどれだけの
魚を摂ったでしょうか・・・

 

魚を食べていたとしても

フライや天ぷらにして
魚を油で揚げてしまうと

オメガ6の摂取量が
かなりの量になります。

 

また、酸化した油、過酸化脂質を
体に取り込んでしまうことにも
つながります。

オメガ6も必須脂肪酸なので、、
悪者ではありません。

 

ただし、オメガ3との摂取バランスが
大きく乱れてくると

心身の健康を害することに
なってしまうというです。

 

 

やはり油の摂りすぎには注意を!

 

現在の日本では普段の食生活に
注意をしておかないと

100%油の摂りすぎになります。

 

それを防ぐには、
バターやマーガリンなど
個体になっている油や

液体になっている油を
なるべく避けて、

 

納豆やゴマなど
加工されていないものから
摂るのが一番です。

加工されたもので気をつけないと
いけないのが酸化です。

 

油自体が酸化しやすいものなので・・

古く酸化した油は
特に有害なものであると
知っておきましょう。

ほとんどのお菓子も
油を使ってつくっているので

ほどほどが一番です。

スポンサードリンク
  • 2017 07.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp