夏・寝苦しい季節の快適睡眠法!クーラーでの室温&布団の掛け方・遠藤拓郎先生の話

この記事は3分で読めます

 

ジメジメした暑い季節は
寝苦しさもあって、睡眠時間が
不足しがちになります。

翌朝、目が覚めた時に感じる

頭が重い、体がだるい
ご飯が美味しくないなどの
様々な体調不良・・・

スポンサーリンク

良質な睡眠がとれないと
その日のやる気も生産性も
下がってしまいますね。

 

今朝の生島ヒロシさんの
「おはよう一直線」には

東京睡眠学センター長の
遠藤拓郎先生が出演、

”快適な睡眠法”というテーマで

3つのポイントを
わかりやすくお話されていましたので

紹介したいと思います。

 

 

遠藤先生の話はココから~~~~

 

夏という季節は他の季節と比べて
寝づらいなどがあって、

睡眠時間など、変化があるんでしょうか?

 

私も携わった調査があるんですけど

やはり、この季節、特に6月末から
7月頭くらいが一番、

睡眠が短くなります。

 

一番長い時と比べて30分位、
睡眠が短くなります。

同時にこの季節は睡眠の質も悪くなって、

途中で目が覚めたり、
早めに目が覚めたりします。

 

 

飲み過ぎの時などには
3~4時間くらいで目が覚めたりすることが
あるんですが、

そうではなく、この季節
睡眠の質が悪くなったり、

早く目が覚めてしまうのは
何か理由があるんですか?

 

人間の頭の中には体内時計という
時計があって、

その体内時計は、実は太陽の光によって、
調節されているんですね。

 

日照時間が短くなると

だんだんと体内時計は、前側に移動して、
睡眠時間が短くなるんです。

 

それに加えて、梅雨が明けて
湿度も気温も高くなっていますから

その影響で更に短くなります。

 

 

寝苦しい日が続くと思いますが
”快適に睡眠をとるポイント”を
教えてください?

 

ポイントは3つあります。

1つ目のポイントとして、

室温をなるべく、
27~29度にしてください。

ということです。

 

最近、夜中に熱中症になると
報道が多くされてから、

エアコンをきちっと使う習慣が、
ついてきたんですけど

逆に冷やし過ぎちゃう人が多くて、

それで体を壊してしまう方が
いらっしゃいます。

 

だから、目安としては、
室内の温度は、27~29度で、

つけっぱなしでも構いません。

 

2つ目のポイントは、

夏は布団を横掛けにしてください。

人間は、昼間から夜にかけて
だいたい、体温が1度くらい下がるんです。

 

どうして下がるかというと

自分の中から体温を外に出すと
自分の中の体温は下がります。

その時に、熱を出す部分は
手と足なんですね。

スポンサードリンク

 

だから、冬は手と足を
布団の中に入れると

なかなか体温が外に出ていかないので
体は、温かいんです。

ただ、夏は積極的に
熱を外に出したいんで

布団を横掛けにして、
手と足を布団の外に出してください。

 

その時、まだ暑い人は
短パンとTシャツだけで大丈夫です。

ただ、その時大事なのは
お腹は必ず布団でカバーするように
してください。

 

どうしてかというと・・・

お腹の部分は
体温調節に関係ないんです。

 

で、お腹の部分は内臓があって、
そこには、消化酵素と免疫細胞があって、

それは、冷やすと夏風邪をひいたり
下痢したりするので、

お腹は冷やさないということです。

 

その時、布団を横掛けにすると
寝返りをうてばうつほど、

お腹に布団がまきついてきて、
はずれなくなるので、

そのやり方にしてください。

 

3つ目のポイントは、

特に冷え性の方についてです。

夏であっても手袋、
靴下をつけて寝てください。

冷え性の方は、手足の皮膚血管が
しまっていて、

そこから体温を外に出せないんですね。

 

手袋とか靴下を使っていただくと
末梢血管が開くので、

そこから熱を
放出できるようになります。

 

その時、大事なのは
少し緩めの靴下、手袋を使ってください。

厚すぎた時に、緩めであれば
自然ととれてきますので、

そんな感じで調節していただくと
冷え性の過多もよく寝れるようになります。

 

 

最近よく聞く、
睡眠負債ってなんですか?

 

子供とかスポーツ選手
あとは、昼間のパフォーマンスを
高くしておかないといけない人等は、

睡眠不足がたまっていると

大きくならない、
スポーツの成績があがらない

 

こういうのがあるので、
やはり、少し長めに睡眠を
とっていただく

負債がたまっていると
自分では気づかないんだけど

 

いろいろなところに問題が起きてくると
いうことを言われていまして、

やはり理想的には
0時から6時を中心に、

6時間以上は寝てくださいと
いうのが、最近の新しい研究結果です。

 

それが睡眠負債になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠藤先生の話はココまで~~~~

 

 

先日、ニュースで正露丸の売り上げが
好調ということで話題になっていました。

冷たいものの摂りすぎか
クーラーでお腹を冷やしすぎか

そのどちらかの人が
多くなっているんでしょうね。

 

気をつけないといけないのが
お腹を壊したまま、季節の変わり目を
迎えてしまうことです。

それがキッカケで、病気になって
しまうことも考えられます!

くれぐれもお腹を冷やしすぎないように
気をつけてくださいww

スポンサードリンク
  • 2017 08.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp