涙が少ない事が原因で視力の低下が起こる!?涙の役割を知って潤い対策を

この記事は3分で読めます

 

視力をずっと保つにも
また、目の健康を維持する上でも、
大切なのが”涙”です。

ドライアイを防ぎ
ハッキリとモノを見るために
涙は重要な働きをしています。

目には適度な潤いが必要です。

スポンサーリンク

最近、涙が少ないと感じている人は
早めに対策を打ちましょう。

 

 

 視力に影響を与える涙の役割

 

涙は、涙腺というところで
血液を原材料にしてつくられています。

そこは母乳と同じですね

1日でつくられる量は
0.6~1.0ミリリットルと
ごく少量です。

 

泣いた時に鼻水が出てきますが

これは、鼻腔と涙腺がつながっていて

いらなくなった涙が鼻水になって
流れるからです。

 

ちなみに涙の成分をあげると・・・

ナトリウム、カリウム、塩素
ビタミンA、ビタミンC

ブドウ糖、アルブミン
ラクトフェリン、IgA、EGF等々

血漿成分そのものです。

 

ですから、
涙が目の表面を覆う事によって

目はいろいろなモノから
守られているわけです。

 

 

更に涙には

酸素を供給する・・

目の表面に栄養を与える・・

異物、外敵からの保護・・

適度な潤いの確保・・

不要なものをキレイに洗い流す・・

 

まばたきのまさつから
保護する働き・・

目の表面を艶々にして
視力の質をUP・・

 

といった様々な働きを
してくれるわけです。

 

こうした働きのなかで
特に大切なのが・・・

目の表面をツルピカにして
視力の質を良くしている点です。

 

涙が十分働かなくなると
目の表面が傷つきやすくなり、

見えにくさや視力の低下を招きます。

 

人間の体、成人では
60%が水分なのですが、

目は特に適度な潤いが必要です。

 

 

涙の量が減る原因に老化現象etc

 

涙がつくられるところは、
”主涙腺”と呼ばれる器官です。

まばたきをすると同時に
目の表面には一定量の涙が出るような
メカニズムになっています。

 

目が乾燥しそうだと感じると
1分間に約20~30回程まばたきを
繰り返して、

無意識のうちに、
目の表面に涙を送りこんでいます。

スポンサードリンク

 

そして、目の表面を潤していた涙は、
10%が蒸発します。

残りの涙は目の内側にある
涙点という小さな穴へと流れていきます。

 

目の表面が「乾かないように
乾かないように」としているのですが

だいたい、50歳を過ぎる頃になると
乾燥しやすくなってきます。

 

また、老化は乾燥と見る人もいますが、
潤いが無くなることは、

仕方がないことなのかもしれませんが、

できるだけ、その機能を
落とさないようにすることが大切です。

 

 

涙の分泌量は
スマホ、パソコン画面の見過ぎ
空気の乾燥

コンタクトを利用している人は
それがダイレクトに
影響を受けます。

 

そして、ドライアイを招きます。

現在、ドライアイが原因で
失明する危険は、認められていませんが、

 

適切な治療やセルフケアで
涙の分泌を増やすようにして、

見えにくさや目の不快感を
改善していくことができます。

 

眼精疲労があったり、
目の充血やゴロゴロ感があるという人は

一度眼科で診てもらうことを
オススメします。

 

 

涙の量を増やすには?

 

涙量を増やしたり、
定着させる点眼薬や

涙の出口をシリコン製のプラグで塞ぐ
涙点プラグ治療を行ったことで

劇的に症状の改善がみられる人も
いるようです。

 

保湿効果が期待できる
保護メガネや

ドライアイ専用の目薬を
使用がいいでしょう。

 

副交感神経の働きを良くする

涙の分泌は、副交感神経が
優位になっているときに、良くなります。

 

最近、ストレスが気になる人は
リラックスできる環境を整えましょう。

爪もみを両手、両足で行うと
いいでしょう。

 

栄養素として、
涙の分泌量が増えることが
わかっているのが

オメガ3脂肪酸と
ラクトフェリンです。

 

また、普段からの心がけとして
目の周りを温めたり、

意識的にまばたきの回数を
増やすことも効果があります。

 

喜怒哀楽を出すことが
難しい時代になりましたが、

思いっきりないて
涙を流すことは

想定以上に効果があるので、
是非お試しを。

 

是非、視力を保護してくれる
涙は大切にしてあげましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 08.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp