足のつり&睡眠中に発作が起こる原因?マグネシウム不足を解消して予防を

この記事は3分で読めます

 

睡眠中、夜中に足がつって
その痛みで目が覚める

あまりの痛さから思わず涙が・・

動かそうとするほど
親指の下あたりに激痛・・

声も出ないほどの
辛い痛みの悩みを抱えている
人もいます。

スポンサーリンク

睡眠中だけは勘弁してほしいものです。

 

ココでは、どうして寝ている時に
足がつるのかということと

つらないようにする為の
予防法を紹介したいと思います。

 

 

睡眠中に足がつる原因は?

 

睡眠中、足がつりやすい人は、
また、あの発作が起こるのでは?
ということで、

夜になると憂鬱になる人もいます。

 

これがキッカケで
なかなか眠れないという人は

睡眠不足から細胞の代謝が
悪くなったり

その思い込みから脳神経が
反応して、つりやすい状態を
生み出している可能性も

無きにしも非ずです。

 

一般的には、運動不足、体質
ある程度、年齢もいったからとか・・

確かにそういう面もあるかもしれませんが

足がつりやすくなるのは、
それだけとは限りません。

 

栄養面からは、マグネシウム不足が
関係していると言われています。

マグネシウムは骨や歯を構成したり、

神経や筋肉の働きを
正常に保つ働きがあります。

 

不足すれば筋肉の働きに
異常が起こり、

健康な人であれば収縮と弛緩をする
筋肉が収縮ばかりを続けて痙攣し、

足がつりやすくなってしまうからです。

 

 

その他、血小板の凝集を抑えたり、
血流をよくする働きもあり、

不足すると血流が悪くなります。

この血流が悪くなることも
足がつりやすくなる要因です。

 

血流が悪くなると
十分な栄養や酸素は、筋肉細胞に
届きにくくなり

代謝が十分に行われずに
筋肉が痙攣を起こしてしまうからです。

車で例えると、エンストが
足がつった状態によく似ています。

 

 

睡眠中の足のつりを予防するには

 

予防の為の”シンプル”な方法は、

マグネシウムを補って、
血液の流れを良く対策をうっておく
ということです。

ちなみに、日本人の多くは、
マグネシウム不足と言われています。

 

1日の推奨量は、
70歳以上で、男性320mg
女性270mgに対して

実際の摂取量は、成人男性で
平均225mg

スポンサードリンク

世代によっては、、
男性で約100mg以上、女性で50mg以上の
マグネシウム不足にあります。

 

その原因としては、
マグネシウムを摂る量が足りない
というだけでなく

体内での消費量も上がっている
ことも関係しています。

 

マグネシウムは塩分の摂りすぎや
ストレス、汗をよくかいた時などに
体外へと排出されます。

汗をかきやすい夏は特に顕著で、

普段から、不足しがちな人は
摂取する量、消費する量のダブルで
影響を受けます。

 

毎晩のように足がつっている人は
発作が起こる体内環境が
出来上がっているとも言えます。

 

さらに2型糖尿病の人は
普通の人よりも2倍、

おしっこら捨てているということも
わかっているので、

特にマグネシウムの摂取については
気をつけるようにしたいものです。

 

 

寝る前に血流改善の対策を

 

血液が粘らないように
寝る前にコップ一杯の水を飲むことです。

ふくらはぎの筋肉のコリをほぐしてから
寝るようにする。

 

足を冷やさない工夫をする

これも冷えで血流が悪くさせない事を
目的におこなうもので、

例えば、ゆるめの靴下を履く等です。

 

夏場は、キツイかもしれませんが
温熱マットなどをふくらはぎ周辺に
当てるようにして寝るといいです。

 

クーラーや扇風機の風が
足元に当たらないようにしましょう。

 

寝る前の爪もみは、
両足にすると更にいいと思います。

 

寝ている間に血栓予防の為に
嫌いでなければ、納豆を1パック
食べてから寝るのもいいでしょう。

 

全てに共通することですが
血液の質と流れに配慮することです。

 

 

上手にサプリメントで・・・

 

普段の食事からだけで
十分なマグネシウムを摂ることは
非常に難しいです。

摂取と消費のバランスを
よくするには、

上手にサプリメントを利用して
マグネシウムを補うことです。

 

サプリメントで
マグネシウムを摂るなら
水溶性のもの

水溶性というのは水に溶けるものです。

イオン化されているものを
摂りましょう。

 

 

ちなみに、ふくらはぎで
痙攣がおこれば、足がつるということで

特に命に別状はありませんが、

もし、それが心臓を動かしている筋肉
心筋で起こってしまえば大変です。

 

普段からの貯金という意味でも
マグネシウムは、補っておきたいところです。

スポンサードリンク
  • 2017 08.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp