玉ねぎのケルセチンを増やす!効果を上げる調理法&食べ方を紹介

この記事は3分で読めます

 

野菜は、ビタミンやミネラルを
はじめとする微量栄養素や

ポリフェノールやカロチノイド等の
抗酸化物質が豊富に含まれている事から

生活習慣病の予防や改善には
欠かせない食材です。

スポンサーリンク

そのなかで、血管内皮機能を改善し、
動脈硬化の進行を防ぐ働きで、

特に注目したいのが”玉ねぎ”です。

 

玉ねぎには、血管のトラブル防ぐ為に
必須の栄養素が豊富に含まれています。

なかでも、血液サラサラ効果が
期待されるのが”ケルセチン”です。

 

血管拡張作用、コレステロール値や
血糖値を下げる効果もあるため、

脂質代謝異常や糖尿病の改善も
血管力を強化し、血管年齢を若返らせる
作用に期待が集まっています。

 

血管も細胞の集まりです・・

ですから、仮に動脈硬化が進行して
いたとしても、

代謝が良くなれば、
元の柔軟性も取り戻せるはずです。

 

細胞の新陳代謝の流れが
良い、悪いをを決定する要因は

体温に大きく依存していますが

玉ねぎを摂ることで、
体温の上昇が期待できます。

 

硫化アリルによって
ビタミンB1の吸収をよくしたり

ビタミンB1を長く体内に
とどめることで、

 

エネルギー代謝を良くして
体温を高めてくれます。

 

体は地球2周半する距離の
血管に支えられていますから、

血管の機能を改善する働きに加えて
エネルギー代謝も良くしてくれる
わけです。

 

ですから玉ねぎを使った料理を
おかずの一品に付け加えておけば

万全の体調管理ができると
いっても過言ではないかもしれません。

 

畑のある人は、
一年分の玉ねぎを苗を植えて
つくり、

年間を通して、食べるように
しています。

 

田舎の人が元気なのは
こんなところも関係しているのかも
しれません。

できれば、毎日玉ねぎを
とりたいところです。

 

 

玉ねぎの効果をあげるには

 

玉ねぎはそのまま食べても
ケルセチン効果をもたらします。

けれど、さらに効果を
上げようと思ったら

スポンサードリンク

玉ねぎを日にさらしてから
食べるようにしましょう。

外側の皮をむいた玉ねぎを
日光浴をさせます。

 

紫外線の作用によって、
ケルセチンの含有量が増えます。

1個の玉ねぎには
ケルセチンが40mg程度
含まれています。

 

これを数日間、日光浴させることで

ケルセチンの量が140mg位と
3倍を超える量になり、、

玉ねぎの持つパワーがアップします。

 

 

玉ねぎの食べ方について

 

食べ方にも一工夫を・・・

水溶性のケルセチンは、
そのまま、水にさらしてしまうと

栄養素が流れ出てしまいます。、

それでは、せっかく日光浴させて
ケルセチンの量を増やしても

元の木阿弥。

 

そこで、流れ出たケルセチンまで
シッカリとりこむ方法で
オススメなのが、

スープや汁ものに
してしまうことです。

 

スライスした玉ねぎを煮ると
ケルセチンは汁に溶けだします。

スープごといただくくことで
ケルセチンの恩恵を
十分に受けることができます。

 

 

ちなみに

玉ねぎを横にカットをする

繊維を切るように横に切ることで
辛み成分が硫化アリルが

オスネルフィートという成分に変化し
血液サラサラ効果もアップする
ということです。

 

切り方にも一工夫を
加えておきましょう。

また、コレステロールや中性脂肪を
減らしたい人は、

煮たり妙めるなど加熱し、

血糖値を下げたい人は、
生食がおすすめとのこと。

 

循環器科の名医、池谷敏郎先生は
玉ねぎ入りの味噌汁に

ゴーダチーズを入れたものを
推薦しています。

 

好みはあるとは思いますが、
想像されるほど、クセはないようです。

 

 

作り方としては・・・

玉ねぎを煮て味噌を少なめにした
味噌汁をつくり

そこにゴーダチーズを10g程度
ちぎって入れるだけという

非常にシンプルなものです。

 

生活習慣の予防には
減塩は大切ですから、

味噌汁の中に直接チーズを入れて、
両者の塩分で味を調整することで

減塩も期待できるとのこと

 

是非、お試しをということです。

スポンサードリンク
  • 2017 08.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp