高血糖が招く血管への影響?糖化(AGEs)からの動脈硬化に注意を

この記事は3分で読めます

 

炭水化物、特に甘い物の
食べ過ぎは、確実に高血糖を
招きます。

血糖値は、多少高い数値を
示していても、
痛くもかゆくもない為、

注意する人はまだまだ
少ないというのが現状では
ないでしょうか

スポンサーリンク

しかし、高血糖が続くと
血管には確実にダメージを与えます。

しかも、雨だれ石を穿つのように
時間が経つにつれて

そのダメージははかりしれない
ものになります。

 

高血糖が血管に与える影響を
良く知っておけば、

食事量、食事内容の見直し、
それに間食へのブレーキにも
なるかもしれません。

 

 

高血糖が与える体の影響

 

食事で摂ったお米やパン、
パスタなど炭水化物を含んだ食べ物は、

消化器系の働きで
ブドウ糖まで分解され、
小腸から吸収されます。

ですから、食事をした後には
血糖値が上昇します。

 

体はその状態を察知すると
脳からの指令により、

膵臓のβ細胞からインスリンが
分泌され、血中に溢れたブドウ糖を

細胞内に取り込むようにし、

一定時間経つと、血糖値は
正常範囲に戻り、事なきを得ます。

 

しかし、糖質を中心した暴飲暴食、
運動不足に加え、不規則な生活など、
不摂生を続けていると

インスリンを分泌する力が
弱くなったり、

分泌するタイミングが乱れたり
インスリンの作用が悪くなったりします。

 

こうして、血糖値が生理的範囲を超えて、
血液中に多くなった状態が
糖尿病です。

 

砂糖を含んだ液体を
こぼすとベトベトしますが、

血液の中でこの状態と
同じことが起こっていると
イメージしていただければ

ブドウ糖があふれた状態が
いかに危険な状態にあるかが
わかると思います。

 

ベトベトしていますから
血液の流れが悪くなり、

血中にあるホルモンやビタミン
ミネラルなどが

働くのを邪魔してしまうことにも
なります。

 

 

糖化(AGEs)が与える影響

 

血中にブドウ糖が余ると
体温で温められたタンパク質と結合し

スポンサードリンク

AGEsという物質に変化します。

最近、健康番組でよく
登場する物質なので、

知っている人も多いと思いますが
これが糖化です。

 

AGEs自体はたいていの食物に
もともと存在するもので、

唐揚げやポテトチップスといった
揚げ物などには多く含まれています。

 

体内で合成されたAGEsは、
活性酸素を発生させて、

血管を傷つけたうえ、
血管内皮細胞の間をくぐり抜けて
血管の中に侵入し、

 

動脈硬化によって
先に血管壁内部に存在していた

LDLコレステロールを酸化させて、
動脈硬化を進行させてしまいます。

 

これにより血管力は失われ、
60兆個ある細胞への酸素や栄養素の
供給や

細胞内でできた代謝物の
排出や二酸化炭素の吸収が
悪くなってくるということです。

 

人間の体は一つ一つの細胞が
統合しているので、

細胞レベルでの生命力の低下は
体の健康を根本から悪くしていく
元になってしまいます。

 

 

高血糖と血管の老化

 

高血糖の状態が長きにわたって
続いていた時に

必ずダメージを受けるのが血管です。

 

今、空腹時の血糖値が
高くなくても

食後の血糖値が急激に
高くなるという人が増えています。

 

甘いものに目が無くても
口さびしさから、

甘いものをよく食べる人は
血糖値がスパイク状に高くなります。

 

これも動脈硬化を進行させることが
わかっています。

糖尿病予備軍の人でも
血管に関連する病気以外にも

 

がんや白内障、アルツハイマー、
骨粗鬆症など

さまざまな病気を発症する
可能性が高くなる為、

生活習慣病の予防の為にも
血糖値の異常を見逃さないように
することはとても大切です。

 

 

今は、指先から針でさす
血糖値測定器が、販売されているので

食べ過ぎが気になっている人や
少し、肥満気味の人などは

高血糖からのトラブルを防ぐという
意味でも採用してみても
いいのではないでしょうか。

 

数値を定点観測しておけば、
運動や食生活の改善に

かなり役立つと思います。

スポンサードリンク
  • 2017 08.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp