動物性より植物性乳酸菌の利用を!腸内環境を整える健康上のメリットがデカい

この記事は3分で読めます

 

植物性乳酸菌という言葉を
よく見聞きするようになりました。

チーズやヨーグルトなど、
乳酸品などに含まれる動物性乳酸菌に対し、

植物性乳酸菌は、植物性食品を
発酵する乳酸菌類として
位置づけられています。

スポンサーリンク

食品には三つの役割があると
言われています。

 

第一、生命を養う栄養機能

第二が、嗜好性に関係する
香味や刺激などの感覚機能

第三が、健康の維持と増進に役立つ
生体調整機能です。

 

植物性乳酸菌は第三の機能として
極めて重要な働きをする食品です。

 

 

植物性乳酸菌の摂取源としては、
味噌や漬物が代表的。

動物性乳酸菌と比較して、
胃酸などの過酷な環境に強く

 

食べものから摂っても
生きたまま腸まで届き、

腸内環境の改善に役立つ
というのがセールスポイントに
なっています。

 

 

 動物性よりも植物性乳酸菌を

 

乳酸菌の研究が進んだことや
ココ数年の健康ブーム、

それに昔から日本人は
漬物等から植物性乳酸菌を
摂っていたこと、

 

さらに植物性ならイメージ的に
体にいいのでは?
という事もあって、

植物性乳酸菌が人気を集めています。

 

 

乳酸菌は動物性がいいのか
植物性の方がいいのかという事は

専門家の間でも意見が
分かれているところですが、

個人的には、やはり乳酸菌は
植物性食品からとるべきかと思います。

 

なぜなら・・・

乳酸菌だけを摂るならともかく、
乳製品を摂るということは

動物性のものを摂取することになります。

 

人の食性という点だけからみても
体にはマッチしていると言えません。

食性の誤りからの影響は
短期間であれば、わかりませんが、

長期にわたって摂取すると
いろいろな弊害がでてくるものです。

 

 

例えば、ヨーグルトの場合なら
白内障になりやすくなるとかです。

 

人の食性と食べ物関係を
研究されていた

島田彰夫教授の理論によると

 

ヨーグルトの場合、
乳糖がグルコースとガラクトースに
分解されていても、

ガラクトースをグルコースに
変換させるための酵素

ガラクトキナーゼが人の体には
ないので、

 

吸収されたガラクトースは
目の中の水晶体に集まって、

白内障を起こすということです。

 

若年性の白内障の人は
ヨーグルト好きの人に
多かったそうです。

スポンサードリンク

 

 

いずれにしても
乳酸菌を食品からとる場合は、
植物性のものを摂った方が、

健康上のメリットは大きいです。

動物性乳酸発酵食品の欠点は
もうひとつあります。

 

それは、食物繊維がほとんど
含まれていないということです。

食物繊維は乳酸菌とともに
腸内環境を整える上で欠かせない
栄養素です。

 

 

植物性乳酸発酵食品なら、

乳酸菌と食物繊維の両方が一緒に
摂れてしますので、

まさに一石二鳥です。

 

さらには、植物性食品全般に
オリゴ糖が多く含まれていて、

このオリゴ糖も腸内フローラの
バランスを維持するのに役立ちます。

 

食べ物から得た乳酸菌が
そのまま腸に定着するわけではなく、

腸を通過する過程で
さまざまなよい影響をもたらすというのが

現時点で最も支持されている考え方です。

 

ということは

特定の乳酸菌だけを
せっせと摂るようにしていても

効果がある人とない人が
出てくる可能性があるわけです。

 

 

このように、食べ物から摂る
乳酸菌と体内の常在菌との関係は、

まだまだ解明されいない点が
多く残されています。

 

 

ちなみに、これまでは
発酵食品などから乳酸菌を摂る場合は

その食品を加熱すると
乳酸菌が死滅してしまうために、

腸内環境の改善効果などが
あまり期待できないといわれてきました。

 

しかし最新の研究では、

死んだ乳酸菌でも
健康上の多くのメリットがある事が
わかってきています。

つまり生きた乳酸菌を
腸まで届けることに

それほど固執する必要もない
ということのようです。

 

そう考えると
さまざまな植物性乳酸発酵食品を
積極的に取り入れるなど、

複数の種類の乳酸菌を
食物繊維などと一緒に得る事が

健康の維持増進に最も重要なのでは
ないでしょうか。

 

結局は、乳酸菌の種類が
どうこうというよりも

人として、何を摂るかが
大切になってきます。

 

 

最近、地元で開催される
健康セミナーで聞いた話なのですが、

外部でいくら乳酸菌をとっても
人の腸の中で定着することは
ないとのことでした。

 

オギャーと生まれる前に
お母さんからもらった菌の種が
あって、

それ以外は、自分の腸内環境には
馴染まないそうです。

 

なので、自前の乳酸菌を
良い状態にする対策が必要で、

それには、水溶性食物繊維を
シッカリ摂ることということでした。

参考にしてみてください。

スポンサードリンク
  • 2017 08.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp