テストステロンを増やす食べ物?蛋白質の吸収をUPさせる方法と&注目の成分

この記事は3分で読めます

 

他のホルモンと同様に、
男性のテストステロンの分泌量は
20代をピークに減りはじめ

それ以降、下降の一途をたどります。

どうせ減っていくのなら
右肩下がりのカーブを少しでも
緩やかにして

人生をエンジョイしたいものです。

スポンサーリンク

なぜなら、テストステロンは
活力の源ですから・・・

その為には下降を緩やかにする
プランが必要です。

 

今回は、テストステロンの分泌を
増やす方法として

必要な食べ物について
紹介したいと思います。

 

 

タンパク質の吸収率アップ・ネバネバ食材

 

テストステロンを増やすには
良質なタンパク質を摂る事は必須です。

逆に十分なタンパク質が摂れていないと
その分、テストステロン値は下がります。

 

そして、良質なタンパク質は、
必須アミノ酸が理想的なバランスで
含まれているものです。

 

個人的にはタンパク質は、
食性にあったものをベースにした方が
いいと思いますので、

基本は、植物性のものを摂ることを
オススメします。

 

どうしても、動物性のものでないと
いう人は、食べる量には気をつけましょう。

 

排便の臭いが気になるようなら
うまく消化ができない状態なので、

かえって、身体にはマイナスの影響を
与えていることが考えられます。

 

そして、タンパク質の吸収をよくする
働きのあるネバネバ食品を
一緒に摂るようにすることです。

 

納豆、オクラ、モロヘイヤ等、
いわゆるネバネバ食品には、

ムチンが多く含まれています。

ムチンは、腸からのタンパク質の吸収を
助けてくれます。

 

コレステロールから
テストステロンは合成されますが、

その時、変化に必要なのが
タンパク質由来の酵素です。

 

良質のタンパク質とネバネバ食材は、
ペアを摂りたいところです。

そういう意味では、
タンパク質を摂るなら、

納豆は最適な食材といえます。

 

 

亜鉛の積極的な補給を

 

亜鉛濃度が高いと、
テストステロンの活性度が高いことが
分かっています。

 

男性の場合は、亜鉛は精子をつくる
材料となることから

ハッキリとして因果関係は
わかっていませんが、

精巣機能のサポートをしているのは
亜鉛ではないかということです。

 

テストステロンを直接増やす
というよりも

ホルモン分泌を促す成分との
色合いが強い感じです。

 

亜鉛には、免疫力を高めたり、
抗酸化酵素を働かせるという
大切な働きもあるので、

必要量を摂ることは、
ホルモン分泌を促す応援団としても
大切なことだと思います。

 

亜鉛は、体にとってはキーミネラルと
いわれながら、不足しがちな栄養素。

スポンサードリンク

ストレスによって
想定以上に消耗されたり、

そもそも、食べ物から摂取するのは
難しい栄養素でもあります。

 

亜鉛を多く含む食べ物

↓↓↓↓

生牡蠣 レバー 牛肉
カニ缶 卵 ほや
パルメザンチーズ

ビーフジャーキー たらこ
するめ 凍り豆腐 ごま
えんどう豆 焼きのり 大豆
抹茶粉 煮干し うなぎ

 

厚労省の発表によると

現在、日本人の亜鉛摂取量は

男性で平均8.9mg/日、女
性で平均7.3mg/日

ということになっています。

 

栄養学の先進国では
15mg/日としているので、

かなり不足気味の状態。

 

ミネラル全般にいえることですが
ココは、サプリメントで
積極的に補うことをお勧めします。

 

 

注目のアスパラギン酸

 

今、テストステロンを増やすのに
注目されている栄養素があります。

それが、アスパラギン酸です。

 

アスパラギン酸は、体内の
神経内分泌細胞に存在している
アミノ酸。

タイプにはL型とD型があります。

テストステロンの生成に
関係しているのがD型ということです。

 

他の栄養素と比較しても
テストステロンの生成に一番
大きな影響を持っているのでは?

言われている栄養素です。

 

食品では、黒酢やアサリに
多く含まれます。

 

 

 

最後に、テストステロンを増やすには、
やはり運動をということで・・・

 

テストステロンを増やすには
運動は大切なのですが、

どんな運動でもいいかと言えば
そうではありません。

 

例えば、フルマラソンの場合、

体の中に完備している
エネルギー回路的には限界ギリギリ
の状態にまでもっていってます。

ということは体にとっては
かなりのストレスです。

 

そして、筋肉を使うと
筋肉に運ばれ、受容体にくっついて
消費されます。

 

マラソンが終わった後には
テストステロン値は激減して、

その回復には2~3カ月も
かかると言われています。

 

若い人でも、かなりの負担になるので
30代後半くらいになったら

どんな運動でも無理をすると
逆に数値を落としてしまうことに
なります。

 

有酸素運動の場合は、
長くても1時間程度の無理のないレベルで

運動開始直後からテストステロンの
数値が上昇しはじめ、

運動中にピークを迎え、
運動後は下がっていくという
感じになります。

 

その平均レベルが少しずつ
上がっていく感じになってくるので、

無理のない適度な運動で
十分、テストステロンの量を
増やしていくことができます。

 

運動で大切なのは
自分なりのパターンを決めて
続けることです。

スポンサードリンク
  • 2017 08.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp