冷えからくる胃痛の対処法!下痢も吐き気も血流改善で根本的なアプローチを

この記事は3分で読めます

 

冷たいものを度を越してしまうほど
飲んだり食べたりしていると
お腹は悲鳴をあげて

痛みや下痢といった不快な
症状をサインとして送ってきます。

体の冷えも同じです。

スポンサーリンク

胃痛や下痢。
ガスがたまりやすくなったり
ひどい場合は吐き気も・・・

これらは、冷えが原因で起こる
胃痛との関連で現れてくる症状です。

 

 

どうして、冷えから胃痛が起こるの?

 

東洋医学的な考えには
冷えがあるところに痛みが
現れやすいというのがあります。

そして、血流が悪いところは
冷えやすくなってきます。

 

血流が悪くなっているということは
細胞に届けなくてはいけない

酸素が不足してしまうということです。

細胞内に酸素が不足してくると
痛み物質が出てきます。

 

血液の質と流れが良くなると
不快な症状が根本から
無くなっていきますが、

冷えが関係する胃痛や下痢も
同じです。

万病一元、血の滞りです

 

 

冷えからくる胃痛の対処法

 

ですから、対処法としては
血液の流れをいかに
良くするかです。

一番は、温めること!

 

直接温めるには、使い捨てカイロを
使ったり、

予算があれば、
深いところまで熱が届く
遠赤外線のマットを使う等です。

 

反対に、おなかを冷やさないという
発想でいくなら

腹巻を利用するといいでしょう。

 

お腹を出した服装や
保温に適さない素材を使った
衣類を着ていると

外の温度の影響を長期に受けて
体の内側の温度にも
影響を与えてしまいます。

 

 

そして、体温よりも低い
飲食物は控えるようにしましょう。

特に水は比熱が高いので
温まるのに時間がかかりますし、

お腹だけでなく
他の臓器の熱も奪ってしまい

それが体全体の不調を
招くことにもつながります。

 

 

● 効果的なツボの場所

 

血液の流れを良くするなら
ツボ押しは必須です。

特に血流改善のツボを
ピンポイントで狙いうちしましょう。

効果的なツボの場所は
次の七つです。

 

兪(イユ)

脾兪(ヒユ)

中院(チュウカン)

合谷(ゴウコク)

三里(サンリ)

スポンサードリンク

内関(ナイカン)

百会(ヒャクエ)

 

背中にある
兪(イユ)脾兪(ヒユ)
中院(チュウカン)は、

自力では難しいので、

ツボ押しの
マッサージツールなどを
利用するといいでしょう

 

ツボ押しは、効く人は
速攻で効果が出てくる人も
いますが、

どちらにしても
血液の流れを良くしていく
ものなので、

定期的な実践が必要です。

 

 

薬について~~~

西洋薬では根本的な
改善にはならないので、

民間療法などで使われる
梅エキスがおススメです。

特に下痢の症状がある人には
抜群に効くはずです。

 

 

また、気をつけたい食べ物として

油っこいもの、
牛乳やヨーグルト等の乳製品
ナッツ等の種子類があります。

温かくてもココアは、
避けたいところです。

 

 

冷えのサインに気をつけよう

 

●食べ物の好みのサイン

人の体は、最適な状態を
保とうとする働きがあります。

例えば、寒いところで
生活している人が、塩辛いものを
食べてきたのは、

塩が持っている体を温める
働きを利用するためです。

 

なので、冷えの自覚がなくても

ラーメンやスナック菓子などの
塩辛いものや

キムチなどの辛いものを
好んで食べている人は、

体が冷えていて、無意識のうちに

体を温めようとする行動だと
言えます。

 

 

●体温のサイン

体の中心は、お腹になります。

お腹が冷たい場合は、
体の中心が冷えているので、

体全体が冷たくなっています。

 

手足は熱いのに
お腹が冷たいという場合は、

体の内側の熱が外に逃げている
状態になっています。

また、女性の多くに
おへその上は温かく、

下腹部は冷たいという現象が
見られます。

 

これは下半身が冷えている事から
起こる現象です。

1日の平均体温の目安になるのは
午前の体温です。

体温が36.5度未満の人も
体が冷えていると考えられます。

 

 

冷えのサインとして
意識しておきたいところを、

食べ物と体温という二つの視点から
あげてみました。

 

時々、自分の食べ物の好みが
変わっていないかとか

体温なども気をつけてみてください。

冷え体質になる前に
手をうっておけば、

不快な症状に悩まずに済むはずです。

スポンサードリンク
  • 2017 09.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp