血糖値を下げるお酢の効果には飲み方に秘密アリ!苦手な人はリンゴ酢から

この記事は3分で読めます

 

血糖値の急激な上昇は、
腎臓にも血管にもかなりのダメージを
与えます。

糖分を控えめにするとか・・
食べ過ぎないようにするとか・・
早食いになってしまうとか・・

習慣になっていることを
改善するのはなかなか難しいところが
あるのは確かです。

スポンサーリンク

そこで、血糖値を下げたり
急激な上昇を防ぐ為のひとつの食材として

お酢の上手な活用を
紹介したいと思います。

 

 

お酢が血糖値を下げる理由

 

何故、お酢を飲むと
血糖値が下がるのかというと・・

キーポイントになるのが
飲み方にあります。

 

食事を摂る前にお酢を飲むことで
腸からのブドウ糖の吸収を
抑えることができるからです。

結果、血糖値が急上昇するのを
防いてくれます。

 

胃は蠕動運動することで
食べ物を腸へと移動させますが、

食事前にお酢を飲んでおくと
この蠕動運動が少し抑えられます。

 

そのタイミングで、食事をすると

消化された食べ物が小腸まで
移動するのに時間がかかります。

時間差が体にとって
やさしい働きになるんですね。

 

タンパク質の問題は
消化がいいか、悪いかです。

脂質の問題は、量が多いか
少ないかです。

そして、糖質の問題は
吸収が早いか、遅いか
ということなので、

 

お酢をタイミングよく摂ることは
糖質の問題を一部分ですが
解決することになります。

 

吸収されるスピードが
緩やかになることで

血糖値の急上昇が抑えられます。

 

 

更にお酢の成分、酪酸が筋肉での
ブドウ糖の取り込みを良くします。

速やかに取り込まれることで
ブドウ糖は余ることなく

効率よくエネルギーへと
変換されるわけですね。

 

そして、肝臓でもブドウ糖の
放出をおさえることで、

血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

腸からのブドウ糖の吸収スピードを
緩やかにするだけでなく、

血中にブドウ糖があぶれない
仕組みを働かせてくれるわけですね。

 

血糖値が気になる人は
是非とも、利用したいところです。

 

ただし、酢酸は酸の仲間なので、
そのまま飲むと胃の粘膜を荒して
しまうことに・・・

スポンサードリンク

ですから、5倍程度には薄めてから
飲むようにすることもとても
大切なことになります。

 

 

ちなみに、胃に何らかの
トラブルを抱えている人は

お酢の摂り方には気をつけましょう。

 

お酢に含まれる酪酸は
その名前のとおり酸の仲間なので、

胃が弱っている人
胃の手術をしたことのある人には

胃の壁を傷めてしまう
原因になります。

 

薄めたり、食後に摂るということで
刺激は少なくなりますが、

まずは、かかりつけの先生に
相談してから飲むようにしましょう。

 

 

リンゴ酢がおススメ

 

西洋のことわざに
「1日にリンゴ1個で医者いらず」
というのがあります。

必須のビタミンやペクチン
カリウムや食物繊維が豊富な事から
体にいいことがわかります。

 

リンゴのいいところも活かした
リング酢は、お酢の酸っぱさを
やわらげてくれますし、

風味をマイルドにする
役割もしてくれます。

 

果物酢もいろいろな種類がありますが
相性という点からは、

リンゴがいいのではないでしょうか。

市販のリンゴ酢を活用しても
OKですが、

できれば、手作りしたものが
いいですね。

 

●リンゴ酢のつくり方

つくり方は簡単です。

材料
リンゴ 1個(200g)
お酢 400ml
氷砂糖 200g

消毒した容器に

よく洗ったリンゴ(水気をとる)を
適当な大きさに切って(皮付き)

氷砂糖と一緒に入れる
その後、お酢を注ぎます。

 

容器に蓋をして、
2週間ほどで飲めるようになります。

米皮付きのリンゴを使うので
無農薬かどうかを
確かめておきましょう。

 

 

● リンゴ酢の飲み方

最低でも5倍を薄めてみて
それでも酸っぱければ、さらに
薄めてみてください。

冷やして飲みたいところですが、
胃腸の温度を下げない
ことが大切なので、

常温で飲むことをおすすめします。

炭酸で割って飲めば、
美味しさもアップして
飲みやすくなるはずです。

 

 

お酢はどうしても苦手という人は
まずは、リンゴ酢から挑戦してみては
いかがでしょうか!

スポンサードリンク
  • 2017 09.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp