爪水虫の症状!足の親指や小指の爪が白く濁っても爪水虫とは限らない

この記事は3分で読めます

 

足の爪が白く濁ってきた

もしかしたら、
爪水虫かもしれない?・・

そんな時、素人判断で
間違った対処をしてしまうと

他のトラブルを招いて
しまう可能性でてきます。

スポンサーリンク

ココでは、爪水虫の症状や
その対処の仕方、

白く濁った爪をできるだけ
早くキレイにする為の方法などに
ついて紹介したいと思います。

 

 

素人判断は危険?爪水虫の症状

 

爪水虫の症状は、
爪の表面が黄色や褐色を帯びた
色に変色します。

凸凹になっていたり
縦ジワが目立つようになり、

やがて、
爪に白い濁りがでてきて
厚みが増し、

爪を切った時に
空洞になっているところが
見られるようになります。

 

爪の下の角質がどんどん厚くなり、

爪そのものがもろくなってくるので
ポロポロと壊れやすくなります。

手の爪の場合も
同じような症状がみられます。

 

爪の組織が弱くなっているので、
巻き爪や陥入爪になりやすく、

その場合、靴を履いた時に
痛み感じたり

痛みから歩くことが
苦痛になってきます。

 

 

爪水虫に似たような症状として~~

足の小指の爪が白濁したり
厚くなったりすると、

爪水虫と勘違いすることがあります。

 

小指の爪を挟んだり、
ぶつけたりする等

外傷性白濁することもあります。

他には爪カンジダ症と呼ばれる

爪水虫のように白濁したり、
厚くなったりしますので、

間違いやすい症状です。

 

水仕事をしている人の
手指によく見られますが、

足指に出てくることもあります。

爪水虫は感染症です。

 

 

日本人の場合は、約1割の人に
見られるポピュラーな皮膚疾患。

自己判断では難しいので、
皮膚科の先生に診てもらって、

正しい診断と適切な治療を
受けることが大切になってきます。

 

 

爪水虫の治療と予防

 

爪水虫にかかっている人の多くは
長年、足水虫を持っているうちに

白癬菌が爪の中へと侵入して発症します。

 

医師が処方する外用薬や
内服薬で治療します。

内服薬が使われる時は、
爪の厚みや変形がかなり
進行している場合で、

肝臓にトラブルを抱えている人は
使われないことが多く

肝機能が正常で他の薬との
飲み合わせに問題がなければ、
使用されます。

 

もちろん治療期間には
個人差が出てくるのですが、

スポンサードリンク

大切なことは根気強く行う事です。

 

一応の目安として
爪全体の白濁している時には

6ヵ月~1年半程度は
かかってしまうようですね。

 

 

爪水虫では、ほとんどの人が
足水虫を併発しています。

足白癬を塗り薬で殺菌しても

爪から絶えず白癬菌が
供給されるため、

一時的に足水虫は治っても
再発します。

 

爪水虫を根治しない限り
いつまで経っても足水虫は
治らないですね。

 

 

● シッカリ予防を

元々は、足水虫から来ているので

足白癬をシッカリ退治しておくことです。

爪切りを使う時には、
周囲に飛び散らないように気をつけて

切った爪は、ティッシュに
包むなりして、処分することです。

 

爪切りなどは綺麗に洗う
消毒をしておく事を忘れないことです。

家族の誰かが、爪水虫になっていると
生活を共にしていると

どうしても移りやすくなるので、

家族には感染させないように
注意しましょう。

 

 

● ミョウバン水で感染を防げ

白癬菌の感染を防ぐのに
安価でしかも効果が期待できるのが

ミョウバン水です。

 

ドラックストアやスーパーなどで
ミョウバンを50g購入

比率で言うと
水:ミョウバン=30:1にして

ミョウバン水をつくります。

 

お風呂に入る前に
洗面器にミョウバン水をつくって

先に殺菌してから入るとか

お風呂そのものをミョウバン水に
するものいいでしょう。

スプレーボトルに入れて
シュッシュッとこまめに
かけるようにするのもいいです。

 

 

白く濁ったところは消えるのか

 

白くなったところは
元にもどるかどうかは気になる
ところですね。

これは、時間がかかります。

 

白癬菌のないキレイな爪に
生え変わるまで、待つしかありません。

手の爪と比べて、足の爪の場合は
伸びが遅く、

1か月でせいぜい、1~1.5ミリです。

 

爪が生え変わる時間
1年~1年半くらいはかかってしまいます。

 

そのスピードを少しでも
あげようと思ったら、

爪の成長に良い、栄養素、
カルシウムとかマグネシウム、亜鉛
ビタミンD等が

バランスよくはいった
サプリメントをとることと、

 

足のかかとを木づちで
両足50回ずつ叩いて、骨電流を起こし

代謝の流れを少しでも
よくなるようにすることです。

スポンサードリンク
  • 2017 09.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp