疲れ目にいい簡単ストレッチ法!目に疲労感じたら原因を知って早めの対処を

この記事は3分で読めます

 

目の疲れを感じたら
そのもま放置しないで、

早めに対策をとることが必要です。

疲れ目がキッカケになって
体の調子そのものを
狂わせてしまうことも

無きにしも非ずだからです。

スポンサーリンク

まずは、簡単にできる
ストレッチ法を紹介します。

”疲れたかな”と感じたら
即、実践してみてください。

 

その他、疲れ目対策について
諸々の情報も紹介していますので、

参考にしていただければと
思います。

 

 

疲れ目解消のストレッチ法

 

目が疲れたと感じたら

早めに対処することが大切です。

目を酷使するような
仕事をしている人や

長時間、パソコンを使用している人は

一時間に一回程度、
休息を入れて、目の筋肉を緊張を
ほぐしてあげましょう。

仕事や家事の合間に
簡単にできるストレッチ法を
紹介します。

 

●誰でもできる簡単ストレッチ

①まず目を閉じます。

②左右の目を
パッと見開きます。

③顔は正面を向けたまま

両目を左→右→左→上→下
へと動かします。

目が疲れたなと思ったら、
即効でやるようにしましょう。

 

こうした目のケアを
取り入れておけば、

眼精疲労へと進行するのを
防いでくれます。

 

●栄養面での対策として

アントシアニンやビタミンなどの
成分を多く含む

抗酸化食品を摂るようにしましょう。

人の目には抗酸化物質としての
カロチノイドは、

ルテイン、ゼアキサンチン以外は
ないと言われています。

 

この二つの抗酸化物質は、
紫外線やディスプレイから出ている
青色光を吸収してくるので

スマホやパソコンを
長時間利用する人にとっては、
必須の栄養素と言えます。

 

筋肉が硬くなることや
水晶体が酸化することは

防いでおきたいところです。

 

アントシアニンは、ブルーベリーや
カシスに含まれていて、

目の血行をよくすることが
期待できます。

ビタミンAが不足すると
角膜の表面が乾燥しやすくなったり、

炎症を起こしやすくなると
いわれています。

 

●疲れ目に良いツボ

 

1睛明(せいめい)

2攅竹(さんちく)

3魚腰(ぎょよう)

4糸竹空(しちくくう)

5太陽(たいよう)

6承泣(しょうきゅう)

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

画像引用元URL=http://eye-grand.com/kowledge/tubo.html

 

疲れ目はどうして起こる?

目はカメラの仕組みに
よく似ています。

人間の目は、
カメラのレンズに該当する
水晶体を

厚くしたり、薄くすることで、

網膜の黄斑部に焦点が
合うようにしています。

 

ピッタリ焦点が合っていれば
眼から入ってきた光が

黄斑部に綺麗に映しだされます。

ピントが合っていれば、
クッキリモノが見えるように
なっているわけですね。

 

この水晶体の厚みを
コントロールしているのが、

毛様体と言われる”筋肉”です。

近場を見る時には
毛様体を収縮させて
水晶体を厚くし、

遠くを眺めている時には、
毛様体を緩ませることで、
水晶体を薄くします。

 

毛様体が収縮している時は、
筋肉が緊張した状態に
なっているので、

長時間にわたって、
近くを見るような仕事を
していると

毛様体は絶えず緊張した状態が
続くことになり、

それが、疲れ目の原因になります。

 

 

疲れ目と眼精疲労?

 

シッカリ睡眠をとった翌朝には
眼の疲労がとれている状態は
疲れ目と呼ばれるものです。

睡眠をとっても
疲れがとれておらず、

ずっと疲れが残っている感じ・・
疲れ目が慢性的になっているなら
それは眼精疲労です。

 

光がまぶしい、目の奥の方に
痛みを感じる・・・

その他、首や肩の凝り、頭痛
ひどい場合は、吐き気を伴う
場合もあります。

 

進行すると自律神経の
バランスを乱してしまう事もあり

手にしびれが現れるなどの
症状が出る場合もあります。

 

眼精疲労を自覚したら、
自己判断しないで、

眼科医での診断を
受けるようにしましょう。

 

 

 

ネット時代に突入してから
何らかの目の異常を訴える人が
激増していると言われています。

以前は、老眼年齢は50歳半ばと
言われていたのが、

今では、早い人で、
40歳の声を聞くころから

危険な領域に入っているようです。

 

たかが”疲れ目”ということで
軽くみないで、

シッカリ対処して
目の老化を緩やかにしたい
ところです。

スポンサードリンク
  • 2017 10.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp