外反母趾の原因にフローリング?治療で有効なのは手術と靴の2点・町田英一先生の話

この記事は4分で読めます

 

生活習慣やライフスタイルの
変遷から増えているといわれるのが
外反母趾です。

誤った情報や理解の仕方から
適切な対処法を行っていない人も
多いとか・・・

スポンサーリンク

今朝の生島ヒロシさんの
「おはよう一直線」には

高田馬場病院で足のトラブルを
専門に治療する整形外科医
町田英一先生が出演

最近増えている外反母趾について
お話されました。

 

短い時間だったので、
概略ではありますが、

外反母趾について、
大切なポイントをいくつか
お話されていましたので、

紹介したいと思います。

 

 

町田先生の話はココから~~~

 

町田先生は整形外科医だけでなく
外反母趾に悩む人に向けて

靴の設計にも携わっている
ということで有名なんですが

外反母趾について
わかりやすく説明して
いただけますか?

 

外反母趾というのは、
母趾が外反すること。

つまり、体の中心線に対して

親指が外側に向くことを
表現しています。

拇指が小指の方に向けて
曲がってしまっている状態です。

 

 

日本では随分
増えているんですよね?

 

生活習慣が変わってきたこととか

特に最近は、お部屋が
フローリングになってきましたので、
症状が強くでますね。

 

どうしてフローリングになると
症状が強くでるんですか?

 

外反母趾というのは、
親指が変形する度合いという
ことよりも

実はもっと奥が深くてですね。

足全体の形、立体的な構造が
崩れてくるのが
外反母趾なんですね。

 

ですから外反母趾というのは、

例えば、曲がっていればいるほど
痛いとか、そういうことはないんです。

そして、引っ張れば治るとか
こんなこともないんです。

 

それから、こういう運動をすれば
外反母趾が治るとか

ということも
全くないんですね。

 

現在、整形外科医での
研究をまとめた

外反母趾のガイドラインという
本がでているんですが

その中で、有効性が
認められている治療は、

 

手術ともう一つは靴

特に、中敷き・インソールの
調整なんですね。

 

ですからフローリングに
なってしまうと

足の裏にかかる圧力が
うまく受けられなくなるんですね。

 

人間は元々平ではないところを
歩くように

足はつくられているんです。

 

ところが、最近、絨毯ではなく
フローリングになって
きたものですから

足の裏にかかわる力が
変わってしまって、

外反母趾になるんです。

 

 

私の部屋も今度、やっと
ベッドが入るんですけど
フローリングにしちゃいましよ!

 

となると実は、
裸足はダメなんですね。

裸足が体にいいということは
ないんです。

人間の足は平らなところを
歩くようにはできていないので、

つまり、フローリングにした
場合には、

今度は家の中でも、
中敷き・インソールを使う必要が
あるんです。

 

最近は、私もホトホト
困ってしまって・・・

外を歩く時には、ドイツの整形靴、
中敷きのとれるタイプであれば、

スポンサードリンク

 

それを調整することによって、
痛みもとれて

よく歩けるようになるんですが、

家の中では、どうすれば
いいんですか・・・ということに
なってしまったわけですね。

 

それで、今私がやっているのは、
オーダーメイドのスリッパなんです。

スリッパ自体を
フローリング用にセミオーダーで
つくってしまうんですね。

 

フローリングになったことによって、

人間の足が変わって
しまうということですね。

 

 

フローリングで素足で歩くと
気持ちがいい感じなんですよね・・・?

 

外反母趾というのは、
実は痛くないんですよ。

外反母趾になっていて
かなり曲がっている人でも
そうなんです。

 

ところが、外反母趾の曲がり角度が
少ない方でも

痛いという方がいるんですね。

この方は、周りの人に
まったく理解されないんですけど

実は、その原因になっている事が
二つあります。

 

一つは、骨の出っ張りによって
神経が圧迫されて、
しびれたり、痛みが出る

もう一つは、足の裏に
たこ、魚の目ができて、
痛いことが多いんですね。

 

こうなると、一般的には
整形外科に行ってもらうんですけど

整形外科というのは首から
足の先まで分野が広いので、

整形外科の中でも
専門にされている先生のところに
行った方がいいですね。

 

それも、早めに行った方がいいです。

本当に外反母趾だけなのか

それとも、それ以外のものが
あるのかを確かめる必要があります。

 

 

手術の場合は、どんな手術が
行われるんですか?

 

手術は・・・実は昔は、
失敗したんですよ。

失敗というのは、筋を引っ張って
治そうとしたんですね。

足を引っ張るという
誤解につながって

それから、筋を治す手術を行って

世界中でうまく
いかなかったんですね。

 

ところが最近うまく
いくようになったのは、

骨を切って、
骨の向きを変えることによって、

世界中の手術がうまくいうように
なったんです。

 

 

先生のデータによると
片足の手術で一週間から四週間ほど
入院になるんですか?

 

この入院期間に関しては、
主に家の事情によるんですね。

家の方がいらっしゃれば
早く帰れますし、

あと、バリアフリーの家だったら
早く帰れますね。

 

手術は保険が適応されますが、

ただ、靴に関しては、
全てが保健対応できるわけでは
ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町田先生の話はココまで~~~

 

 

家の中で、インソールを利用する
必要があるというのは

盲点だった感じがします。

オーダースリッパが理想なのかも
しれませんが、

 

アマゾンなど、通販サイトには
外反母趾用のスリッパなども

比較的、手ごろな値段で
販売されているので

 

状態がそんなに進行していない人とか
予防を考えている人は、

利用してみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク
  • 2017 10.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp