新刊本「人間の値打ち」孤独を怖がらない力!を解説・鎌田實先生の話

この記事は3分で読めます

 

”生きがいややりがい”
これ、人が健康で元気に生きていく
うえで非常に大切な要素になります。

でも、目に見えるものも
見えないものも、その変化が激しい
こともあってか

見出させていない人が
多くなっているようですね。

スポンサーリンク

今朝の生島ヒロシさんの
「おはよう一直線」には、

諏訪中央病院名誉院長
鎌田實先生が出演。

 

先生が今月出版された
「人間の値打ち」という本について
お話されていましたので

紹介したいと思います。

 

 

鎌田實先生の話はココから~~~~

 

「人間の値打ち」という本
集英社新書から出版されていますが、

この本はどういうことを
まとめられている本ですか?

 

この頃、お金の事を意識して

何かいろいろな事を
考えてしまうことがありますね。

稼ぐ力というのは
もちろん大事だと思うんですが

お金で買えない価値がある

それが”人間なんだ”って
そんなことを言いたかったんですね。

 

 

確かに、最近のテレビ番組とかで

いくら稼ぎましたか?って
凄く聞くわけですよ。

お金の事を言うのって嫌じゃないですか
そういう場合は・・・

とにかくその金額を言わないと
成り立たないんですと言われると・・
?マークですよね。

それだけじゃないということですね!

 

もっと大事なことがある
ということを一冊の本で、

言いたかったんですよね。

 

切り捨てられるという言葉も
最近、聞きますけど、

例の相模原障碍者施設の事件、

先生も気になっていらっしゃる
ことですね?

 

気になりますね。

事件が起こった後に
障碍者は税金の無駄だとか

だから安楽死させろ・・・

 

そういう犯人の主張に
共感ができるという声を
聞いたりした時に、

これでいいのかなーって

たぶん、皆不安で、
自分も切り捨てられてしまうのでは?
と思っているからこそ

こういう事件がおきるのかな?と

 

皆がもう少し生きていて、
存在する価値があるんだと

思えるような社会にするとか・・・

あるいは、最近急に、
ブラックな企業が増えてきて

どこかで、皆ビクビクして、
いるんじゃないかなーって
思ったんですよね。

 

 

つまりそれが自分も切り捨てられて
しまうかもしれないという感覚・・・
これですね?

 

そうなんですよ。
それが社会に蔓延しているんじゃ
ないかと思ったんですね。

もう一回、自分が肯定できるように、
それぞれ結構、価値があるんだって、

スポンサードリンク

労働生産力がある人だけが
価値を生み出されるんじゃなくて、

もっともっと一人一人が
いろいろな価値があるということを

多方面から考えてみたんですね。

 

 

先生の人間の価値をはかる塊
7つの塊があるといわれていますが、
凄く興味深かったんですけど?

 

空気に流されない生き方って、

最近、なんとなく皆が、
ある方向へと動き出しちゃいますよね。

そういう時、時代の流れに
流されない人間でいたいなって

そういうのが価値があるんじゃないかって、

それから人生を楽しむ力というのが
物凄く大事で、遊び心を持っているとか

自由な発想ができるというのが
凄く大事だなって

 

愛と死・・・
人間いつか必ず死を迎えるんですけど

いい死があるんじゃないかと
知っておくことと

やっぱり、ロボットやAIの時代になったら

その反対にある
愛することができる人間に

価値があるんじゃないかと・・・

 

破壊力・・・
これは、壊すことは大事ですけど
場合によっては、飛び越えても

発想を柔らかく持てることが大事。

 

稼ぐ力・・・

お金のことを全部否定しようとは
思っていないんですよ。

稼ぐ力がきちっとありながら

愛する力があるとか
他の力もあることが

大事ではないのかなと思うわけです。

 

最後に孤独を怖がらない力

これは人間今、孤独になることに
ビクビクして、

ついつるんでしまう人が
多くなっている感じがするんですね。

何か変な空気が
できてるんじゃないだろうか

あるいは死を恐れ
過ぎてるんじゃないかと

感じるわけですね。

 

要は、皆、一人で生まれてきて
一人で死んでいくだんよって
事がわかってくると

結構、自信をもって生きていける
この自信を持って生きている人には

人間の値打ちがでてくるんじゃ
ないかなと思ったんですね。

 

 

死を意識した時に
逆に生きるということが鮮烈に
なってくるということですね。

 

体を鍛えるということも
健康を目指すということも、

基本的には、最後の最後まで
ピンピンしていることの大事さで

いつ死が来たとしても

最後の最後まで人生楽しんでやるぞと
思っている人には、

人間の値打ちがあると
思ったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鎌田先生の話はココまで~~~~

 

忙しに追われていると
自分の人生を振り返ることって
なかなかないと思います。

自分の軸をシッカリ持って
生きていくこと力強い生き方が
できます。

是非、健康づくりの土台として
先生の著書を参考にしてみください。

スポンサードリンク
  • 2017 10.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp