皮膚の老化の原因・光老化と遺伝子に関係する酵素とは

この記事は2分で読めます

2014y07m31d_155425311

 

皮膚の老化の原因のおよそ80パーセントは、
光老化と言われています。太陽光の紫外線のなかには、
紫外線A波と紫外線B波がありますが、皮膚の老化には主にA波が影響しています。

オゾン層の破壊が、強く影響していると言われていて
紫外線A波の作用によって、DNA遺伝子の損傷や発がん性に関係しています。

紫外線A波は、波長が長いので、曇りの日でも雲を通り抜けます。
その為、紫外線B波よりも20倍~30倍の量が、皮膚に影響を与えます。

スポンサーリンク

 

更に、皮膚に届いたA波は、皮膚の深部にまで届き、
皮膚繊維の構造を破壊する力となります。

若くてみずみずしい健康な皮膚は、コラーゲンやエラスチンと呼ばれる
繊維やが規則正しく配列されています。

 

紫外線などの光の刺激は、こうした皮膚の構造を傷つけます。

 

まだ、若くて健康な皮膚であれば、皮膚の組織が傷害を受けても
元に戻す力が働きますんが、皮膚の修復力は加齢とともに低下してきます。

特に皮膚細胞に遺伝子レベルで傷害を与えてしまう
細胞の変性から、皮膚がんにつながることも考えられます。

 

紫外線A波の光刺激の蓄積は、皮膚の光老化を招いていしまい
加齢とともに、段々と皮膚の構造を壊していまいますので、
紫外線対策は、夏場だけでなく、冬場も曇りの日でも行っておくことが大切です。

スポンサードリンク

 

遺伝子にスイッチに入ることでも皮膚の老化は進みます。

 

皮膚には、コラゲナーゼと呼ばれる酵素があります。
この酵素は、コラーゲン繊維の配列をバラバラにしてしまう酵素です。

加齢によって、コラゲナーゼ遺伝子のスイッチが入り
このコラーゲン分解酵素が増えてくることで、皮膚はシワやたるみといって
老化現象が顕著に現れてくることになります。

 

皮膚の中で光老化の影響が最も少ないのは、お尻の皮膚です。
お尻の部分は、いつも、肌着によって覆われている時間が長く
紫外線の影響力が最も少ない部分です。

お尻の皮膚とその他の皮膚は、白さや弾力に差があると思いますが
それが、光老化の度合いの差といえます。

 

皮膚の内側にある角質層は、紫外線や化学物質などの刺激から
肌を守るために、メラニン色素が生成され、角質層に沈着する仕組みになっています。

刺激が多いとメラニン沈着も、それに従って多くなり
加齢とともにシミとして残ってしまいます。

 

また、この角質層は、保湿を必要としますが、加齢とともに乾燥傾向になります。

光老化、皮膚の乾燥、皮膚細胞の酸化は、皮膚の老化には大敵です。
しっかりと防衛対策を打つと同時に皮膚細胞の新陳代謝の流れをよくするための
食事や生活スタイルからのアプローチも必要になります。

スポンサードリンク
  • 2015 06.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y10m23d_084050042
  2. 2014y07m27d_160341168
  3. 2014y08m05d_084914205
  4. 2014y07m23d_092039506
  5. 2014y07m26d_121022760
  6. 2014y07m25d_155352260

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp