睡眠時無呼吸症候群の症状と兆候に注意!SAS治療法や対処法とは

この記事は2分で読めます

2014y08m03d_095556889

 

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に気道が塞がれてしまい
正常な呼吸ができなくなる状態が繰り返される病気です。

眠っている本人は、睡眠中に呼吸が止まっているかどうかの
確認がとれないので、多くの人が睡眠時無呼吸症候群になっていても
そのまま、放置していることが多いのが現状です。

酸素不足や十分な睡眠がとれていないため、代謝が悪くなり
様々な体調不良や高血圧や心筋梗塞などの
生活習慣病の引き金になるとも言われています。

スポンサーリンク


疑わしき症状としては・・・・・・・

10秒以上の無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上みられる
1時間に5回以上の無呼吸がある

気道が狭くなることから、特に大きないびきをかく
朝、目覚めた時に、酸素不足から頭痛がする
喉が異常に乾くなどの症状が見られます。

 

 

睡眠中に呼吸がストップしてしまう原因

首周りに脂肪がついている、舌が大きい、鼻が曲がっている
アゴが小さいか後退している、扁桃肥大、アデノイドなどが原因で
空気の通り道である上気道が塞がれてしまう。

睡眠中は、筋肉が緩んでくるので、舌の付け根の部分や
軟口蓋が、落ち込んでしまい、気道を塞ぎます。

 

まずは、チェック項目で、睡眠時無呼吸症候群かどうかの確認をしてみましょう。

いびきが大きいといわれる

肥満気味

朝の目覚めが悪い

睡眠をとってもスッキリしない

寝ている時に呼吸が苦しくなり起き上がることがある

日中に強い眠気が襲ってくる

扁桃が大きい為、喉の風邪をひきやすい

糖尿病や高血圧がある

人と比べて顎が細い

 

5つ以上にチェックがある場合は、まずは、検査を受けるようにしましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査・・・

 

簡易検査では、呼吸状態を測る検査が行われます。
精密検査になると、病院で一泊して、睡眠と呼吸の状態を
トータルで調べるポリノグラフィーの検査が行われます。

鼻口センサ、血中酸素濃度、脳波、心電図、足と顎の筋電図、
眼球運動図など、睡眠時の体の詳細な状態を調べることができます。
ポリノグラフィーの検査では、3割負担で2万5000円程かかります。

 

 

治療としては、枕の調整、マウスピースの使用、
呼吸補助具の鼻CPAPの装着等。気道を塞いでいる部分を切除する、
外科手術が行われる場合もあります。

治療を効果的に行うためには、肥満の解消を基本とした
生活習慣(食生活と運動)の改善が必要です。

 

睡眠時無呼吸症候群の危険性は、様々な合併症を伴うことです。
特に2型糖尿病を悪化させると言われています。

日中の眠気から、大事故につながることも考えられるので
SASの兆候や症状が見られたら、内科や耳鼻咽喉科などで、
診断を受けて、早期に治療に取り組むことが大切になります。

スポンサードリンク
  • 2016 07.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y06m26d_084725059
  2. 2014y07m05d_113012205
  3. 2015y05m25d_090751239
  4. 2014y07m20d_100641291
  5. 2016y05m19d_120342778
  6. 2014y07m18d_103642856

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp