脳の老化を予防するアンチエイジングの為に必要なこと

この記事は2分で読めます

 

脳の老化を防ぐには、適度な刺激が必要です。
特に年をとってから、脳をほとんど働かせない、受身の状態で
生活をしていると、脳の老化のスピードが上がります。

常に新しい刺激を脳に与えてあげることが
脳の老化を防ぐ、アンチエイジングになります。

人の名前が出てこない、物忘れがひどくなる、主語がない会話を
することが多くなってくると脳の衰えを感じます。

スポンサーリンク

 

体は、使わないところからどんどん衰えていくものですが
脳も同様!適度な刺激を与えてあげるようにしましょう!

一般的には加齢にともなって、神経細胞や回路での情報の
処理能力が低下してきます。要は神経細胞の質が低下してくるわけです。

 

毎日、同じ生活パターンの繰り返しで、新しい刺激が
少なくなっている為にこのような状態になっています。

ただ、脳の神経細胞は使い方によって、その樹を活発化させることが可能。

 

刺激が足りないと感じている時は、脳の環境を変えたり、
脳トレなどを行って、いつもと違う新鮮で感動のある刺激を
期待させるようにしましょう!

 

 

脳は想定外の出来事に遭遇すると新しい神経回路を使って
その情報を処理しようとします。その刺激が海馬のニューロンの新生と
新しい回路の形成につながっていき

脳神経の樹に十分な栄養と水を補給する事で
脳神経細胞は活力を、取り戻していきます。

 

新しい刺激を求める性質を持っている脳ですが
その反対に、できるだけ働きたくないという性質も同時に
持ち合わせているのも特徴です。

習慣的に同じような生活スタイルをとっていると
いつも同じ刺激しか、脳に到達しません。

スポンサードリンク

 

そうなってくると、脳は既存の神経回路だけをつかって
処理できるため新しい回路や神経新生などは必要ないと
判断するようになります。

やがて、脳は活力を無くすようになります。
逆に、常に刺激的で新しい刺激が送られるようになると
脳は何とか情報を処理しようと、ドーパミンなどの
神経伝達物質を分泌します。

 

快感神経を刺激されると、意欲的に新たな
神経回路を次々とつくっていくことになるわけです

神経回路形成によって、より効率的なシナプスのつなぎ替えや
ときには神経細胞の新生をはかるなど神経が成長していきます。

 

こうなると、いままでと違った変化や出来事に遭遇しても
十分対応できる機能を獲得したことになります。

このとき、脳神経の樹は十分に根をはり、枝を伸ばし、葉を豊かに
茂らせて活力ある樹になります。

 

脳の若さは、環境の変化にどれだけ柔軟に対応できるか
かかっています。

 

 

目標を持って、達成するという習慣をつけておくと
達成する度に、脳内ホルモンのドーパミンの分泌が盛んになります。

そして、その快楽を求めて、更なる目標に向かって
チャレンジしていくことになります。

 

一段の高みに上ることで、視野が広がり、好奇心も強くなり
欲望と信念と期待から、モティベーションも高くなることで
脳の神経細胞のネットワークの広がりや結びつきも強くなっていきます。

体の司令塔である、脳の老化、アンチエイジングのためには
適度な刺激を与えることを意識しましょう。

 

そして、脳の老化を予防するには
若い頃から、いろんな事に興味を持つことが必要です。

スポンサードリンク
  • 2015 07.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp