血管年齢を若がえらせるポイント!コレステロール比と中性脂肪

この記事は2分で読めます

 

血管年齢をという言葉を最近よく聞くようになりました。

血管年齢は、現在の血管の状態が実際の年齢よりも
どれだけ老化した状態なのかを知る為の一つの指標です。

実際の年齢よりも血管年齢が高くなると動脈硬化が
進んでいることになります。

スポンサーリンク

動脈硬化が進むと、血管の内側の壁が傷つきやすくなり
血栓ができやすくなったり、破れたりすることで
心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクを高めます。

 

◆ 血管年齢と脂質異常症との関係は?

 

血中の中性脂肪やコレステロールなどの数値が高くなると
ちょうど生クリームを混ぜたようなトロトロした状態で、
体中を循環しています。

脂の濃度が高くなっている血液が、動脈硬化で
狭くなった血管の中では、尚更流れにくくなっています。

 

そして、血管の老化である動脈硬化には、
コレステロール値(LDL)が深く関係しています。

コレステロール自体は、細胞膜やホルモン
胆汁酸やビタミンD生成の材料になるなど、体にとっては
不可欠な栄養素です。

 

悪玉といわれるLDLコレステロールは、肝臓から全身の細胞へ
コレステロールを運び、血管壁にはりついて
血管内外の膜をつくっています。

 

LDLが悪玉と呼ばれるのは、増えすぎると
血管に必要以上に沈着して、活性酸素や血糖の上昇に
関与して、変性コレステロールになり、
血管を詰まらせる原因になる、アテロームをつくるからです

スポンサードリンク

 

善玉と呼ばれるHDLコレステロールは、血管壁に沈着した
LDLコレステロールを肝臓に回収する働きをするので
HDLコレステロールが多くなると
それだけ、動脈硬化を進行させるリスクが低くなります。

 

LDLとHDLの比率についても最近では注目されるようになっています。

 

LDLコレステロール値をHDLコレステロール値で割って
2.0以上の数値を示している場合は、

心筋梗塞を起こすリスクが高まり、高血圧や糖尿病を
同時にもっている人では、1.5倍以上のリスクが高まると言われています。

 

HDLとLDL、それぞれの数値が正常範囲にあっても
比率から見てみると、危険な場合があるということです。

 

中性脂肪もエネルギー源として必要な栄養素です。
普段は、皮下脂肪や脂肪細胞に蓄積されています。

過剰になってくると、内臓脂肪や肥満、脂肪肝の引き金になり
善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やします。

 

また、動脈硬化の憎悪因子となる糖尿病にも悪影響します。

糖尿病体質の人が中性脂肪が高いと糖の処理能力が
低下して、インスリンの分泌もおさえられてしまいます。

中性脂肪は、分泌されたインスリンの働きを
ブロックしてしまうわけです。

 

血管年齢を若返らせえるには血液中の善玉コレステロールや
中性脂肪を減らすことが大切なポイントになります。

スポンサードリンク
  • 2017 01.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp