内臓脂肪の悪玉サイトカインが高血圧や糖尿病の薬の効果を抑制する

この記事は2分で読めます

 

内臓脂肪がたまってくると、さまざまな病気
特に高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす元になります。

高血圧や糖尿病は、脂質異常や肥満とともに
関係しあって、病気のサイクルを更に深めていき
最後には、血管の詰まりや出血から、

脳卒中や心疾患などの命にかかわる重い病気を
引き起こす元になります。

スポンサーリンク

 

内臓脂肪がたまっていると輪をかけて、
メタボへの悪循環サイクルを加速させることになります。

 

内臓脂肪があると悪玉サイトカインと呼ばれる
タンパク質が多く分泌されるます。

このサイトカインは、高血圧や糖尿病の治療薬の働きを
抑制してしまうことが知られています。

食事と運動を行うことで内臓脂肪を減らすことが
最も早くて確実な方法です。

 

内臓脂肪がよくないのは、血液中のコレステロールや中性脂肪を
増やすだけではありません

 

生体調節に関係するタンパク質にサイトカインという
物質がありますが、異常にたまった内臓脂肪が、

生活習慣病を引き起こす悪いサイトカインを
分泌するということが分かってきました。

 

内臓脂肪が多いというと、肥満をイメージします。
その為、肥満や太り過ぎは諸悪の根源のイメージがありました。

また、血糖値、コレステロール値が上昇していくのも
中性脂肪が高くなるのも、カロリーの過剰摂取によるものとの
イメージもありました。

 

実は、最も影響を与えていたのが悪玉サイトカイン
そして、悪玉サイトカインを分泌している
内臓脂肪ということになります。

ただし、肥満の人のほとんどは、内臓脂肪も皮下脂肪も
異常にたまっているので、肥満は身体の健康によくないという事は
的を得ていたことになります。

スポンサードリンク

 

そうかといって、単に肥満がよくないということだけに
意識が向いていた時には、、悪玉サイトカインの悪い働きには
注意が払われませんでした。

 

薬をいくら飲んでも、なかなか期待される治療効果が
得られないのは、悪玉サイトカインが、薬の働きを抑制する
働きをもっていたからです。

 

高血圧の人が、降圧剤を飲んだ時には
内臓脂肪の分泌する悪いサイトカインが、その降圧剤に
拮抗して血圧を上げます。

糖尿病の人が血糖降下剤を飲んだ時には
内臓脂肪の分泌する悪いサイトカインが、その治療薬に拮抗して
血糖を上げる作用をします。

 

内臓脂肪から悪玉サイトカインは、元になっている内臓脂肪を
減らすことで簡単に改善させることができます。

内臓脂肪の量を減らせば、悪玉サイトカインの分泌も減り
薬の力を借りなくても、血圧や血糖値、コレステロール値を
正常値に戻すことができます。

 

また、動脈硬化の進行をストップさせることもできます。
そして、血管の柔軟性を取り戻すまでになります。

お腹に溜まった内臓脂肪が悪玉サイトカインを
多量に分泌している間は、どんな治療薬を飲んでも、
その効き目が阻害される事を知りましょう。

 

運動と食事によって、内臓脂肪を減らす方が効果的です。
栄養素のバランスを意識した食事で、食べ過ぎには注意しましょう。

特に炭水化物(糖質)を抑える食事を摂る事が大切です。

また、1週間に3回ほどの、30分程度のウォーキングでも
内臓脂肪を減らすことも可能。

 

後は、鏡を見ながらお腹が減るイメージに、
腹筋を意識した動きをすることでその効果を感じることができます。

スポンサードリンク
  • 2016 07.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp