ドライアイの原因と予防!睡眠と水分の十分な確保で対策を!

この記事は2分で読めます

 

目を酷使する機会の多い現代人に、目の乾燥
ドライアイにかかっている人が増えているといわれています。

オフィスでの仕事をする人の30パーセントの人に
見られるようです、さらに、コンタクトを使用している人は
ドライアイになりやすいと言われています。

また、身体の水分が不足し、脱水状態のときには、
涙が十分に出なくなる事からドライアイになりやすくなります。

スポンサーリンク

 

涙の分泌に関係しているところに涙管があります。

ココは、玉ねぎを切っているときや
悲しい気持ちになった時に機能するだけでなく、目に適切な潤いを与えてくれます。

涙管の機能が正常に働かなくなることで
目を潤すだけでの量の涙が満たされなくなるのがドライアイです。

 

 

ドライアイは、目の疲労が原因だと思われがちですが
特に疲労をしていなくても、涙の成分が
変化することによっても起こります。

その他、コンタクトが合わない、高ストレス、
乾燥状態、大気汚染、紫外線、降圧剤、精神安定剤の服用、
アレルギー性結膜炎などによってもなります。

 

コンピュータでの作業、読書、業務連絡などを
長くやっていて、目が乾燥してきたと感じた時には
早めに目薬をさすなどして、休ませることが大切です。

1時間使ったら、5分程は、休めるようにしましょう

 

 

パソコンやゲーム機、事務作業をする机などは
目より下に置くことも、ドライアイを
予防する効果があります。

目線を下に向けて仕事をすると、
目を大きく開かなくても、済むので、その分
乾燥を防ぐことができます。

 

目より下に置いても、左右から部屋の蛍光灯の光が映り
その反射によっても、目を疲労させ
ドライアイを招く要因になります。

スポンサードリンク

 

 

 

本や資料を読むときなどは、太陽光になるべく
当たらない環境で行うのが良いです。

光の加減を工夫しても、なお、目の乾燥が
解消されない場合は、ドライアイになっている
可能性が大といえます。

 

一度、眼科医に行って、検査をしてもらうようにしましょう。

 

2014y08m15d_083834222

 

 

病院での検査、診断について

 

病院では、目の表面のチェックや涙の量を測定し
ドライアイの診断が下されると適切に対応されます。

ドライアイのタイプには、涙の量が少ないタイプや
涙の量が十分でも、目の表面から蒸発しやすいことから
乾燥しやすくなるタイプの人もいます。

 

医療機関での適切な治療をしながら
生活面で、適切な対処を行うことが大切になります。

 

ドライアイをそのままにしておくと、目の表面が
十分に保護されないため、傷つき細菌に感染しやすく、
傷が深くなったときには、視力が低下する恐れがあります。

自分でできるドライアイの治療法は、睡眠を十分にとり
目を疲れさせないようにするとともに
1日を通して、十分な水分確保をすることです。

 

 

水分確保は、一気に必要量を飲むのでなく
チビリチビリとこまめに摂るようにする事ができるのであれば
その方法がベストです。

ドライアイは、脱水状態の時に必ずなるものではないですが
脱水状態の時にドライアイを起こしやすくなるのは確かです。

スポンサードリンク
  • 2016 10.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp