外反母趾の症状と治療!痛みには足に合った靴とケアが必要です!

この記事は2分で読めます

 

外反母趾は、足の親指が、内側(小指より)の方へ
曲がってしまい、反対に親指の付け根の部分が外側へ
突出してしまう状態の事をいいます。

欧米人と比べて、日本人には、少なかった外反母趾も
つま先が細くなっている靴を履く女性が増えてきたことで
5人に一人の割合で見られるようになっています。

外反母趾によって、足の親指に痛みが生じたときに
痛風と間違えることがあります。

スポンサーリンク

 

関節の変形や痛みがそれほどはげしくなく
日常生活に支障がない場合は、問題ありませんが
変形がひどくなると、その部分に靴ズレで炎症が起きて
患部が赤くはれて激しく痛むことがあります。

特に長時間の立ち仕事の多い女性がかかりやすい病気です。

 

また、外反母趾は、運動不足から起こることもあります
普段、体を動かす機会が減ってくると

足指の周囲にある筋肉が次第に衰えてきて、
外反母趾になりやすくなったり、なりかけの外反母趾を
進行させてしまうこともあります。

 

慢性関節リウマチを持っている人では
その合併症として、外反母趾が出てくる人もいます。

 

 

 

痛みがひどくなると、靴が履けなくなったり、
足全体の形が変形し、偏平足になったりします。

問題なのは、足の変形をきっかけに体全体の
歪みに関係してくることです。

スポンサードリンク

 

 

人の体は、その器官だけが、単独で存在しているのでなく
必ず、他の器官と関わり合いながら、バランスをとっています。

 

足の歪みは、体重の載せ方や筋肉の使い方にも関係し
また、痛みをこらえるため、

特殊な身体の使い方をしていると、
それが身体の歪みに拍車をかけることになります。

 

 

 

外反母趾の治療は、まず、足の関節に負担をかけない
幅のゆったりした靴を履くことです。

靴が自分に合っているかどうかの判断には、

一度履いた靴で、少し歩いてみて、その後に、
赤みの有無を確認してみることです。

 

 

その他に、痛みがあったり、疲れを感じたり、
むくみが出るようであれば、自分の足に合ってない
靴であると判断できます。

 

必要ならば、靴を履いた時に足の親指を保護する
専用サポーターやテーピングを使用しましょう。

 

 

痛みがはげしいときには、湿布をしたり、
非ステロイド系抗炎症薬による薬物治療を受けます。

関節の変形が激しい場合には、手術で修正する必要があります。

 

 

 

外反母趾だけに限りませんが、症状がでてから
対策をうつよりも、普段から足のケアを行うことが大切です。

日頃から、ストレッチやマッサージを行って
足への負担を減らし、たまった足の疲労を適度に
解消してあげることが必要です。

 

まずは、自分の足のサイズや形にあった靴を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 01.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp