下の血圧が高いのは動脈硬化の進行が疑われます!生活習慣改善を!

この記事は2分で読めます

 

血圧には、上の血圧と下の血圧の2種類があります。

上の血圧は、心臓が収縮した時の血圧で
下の血圧は、心臓が膨らんだ時の血圧です。

そして、上の血圧は、左心室から排出される
血液の量が関係していて、下の血圧は、抹消の血管内での
血液の流れの良さ悪さが関係していると言われています。

スポンサーリンク

 

血圧が高いというと、多くの人は、
上の血圧数値が高いことをイメージします。

流れる血液の圧力が高ければ高いほど、
血管が傷ついたり、破れたりする確率が高くなるので、
上の血圧が高いのは、血管にとって良いものではありません。

 

心臓にとっては、下の血圧の方が重要?

 

下の血圧は、心臓が十分にリラックスして
半ば休んでいる時の血圧です。

その下の血圧の数値が高いということは、
心臓は休息することなく力を出し続けるということになり
長く続くことで、かなりの負担をかけることになります。

 

下の血圧数値が高い人には、動脈硬化の疑いがあります

 

 

血圧は、心臓からでていく血液の量と
手足の血管を流れる血液の通りにくさである
抹消血管抵抗によって決まるからです。

下の血圧数値は、心臓が血液を送り出していない時の
血圧を表していますが、これは、血管のつまりを表しています。

 

 

 

血液の量は、変わらないのに
下の血圧が上がったならば、それは抹消血管抵抗が
高まったということであり

抹消血管抵抗を高めるものとして真っ先に
考えられるのは動脈硬化です。

 

 

動脈硬化がさらに進行してしまうと
脳卒中や心筋梗塞などを起こすことが考えられます。

スポンサードリンク

 

 

 

血圧が上がってしまう、もう一つの原因である
血液量の増加については、塩分がポイント!

 

塩の効いた食べ物や塩を使って保存された
食べ物などを大量に摂取すると、

血液中の塩分濃度が濃くなり、その塩分濃度を
元に戻そうと血液中に大量の水分が取り込まれます。

 

血液の量が増えることにより、
血液の量と抹消血管抵抗によって決まる血圧が上昇します。

 

 

この場合も、心臓は全身にくまなく
多量の血液を運ばなければならないので、
休む間もなく、全力で拍動しつづけなければなりません。

上の血圧よりも下の血圧のほうが
より大きく上がることになります。

 

 

 

血管の衰えは、老化の始まり
または、老化の促進を意味します。

上の血圧は正常なのに、下の血圧が高いという
状態は、比較的若い人に見られます。

 

 

太い血管は、柔軟性があるのに
抹消の血管は、柔軟性のない状態です。

その主な原因は、普段の生活習慣
特に食事、運動、睡眠です。

 

 

細胞のリニューアルがうまくいっていない為に
血管が硬直化している状態にあります。

 

 

適度な運動(ウォーキングなどの有酸素運動)を行って、
抗酸化物質を多く含んだ野菜や果物を
多く摂ることと、それに脂肪の摂り過ぎには注意しましょう。

栄養素のバランスを考えた食事に
細胞のリニューアルが行われる時間帯に
(22時~2時)までに、睡眠を取るようにしましょう。

 

 

血液と血管の良悪が健康状態を左右します!

スポンサードリンク
  • 2017 05.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp