心臓病を予防し頭がよくなる脂肪酸とは?摂り過ぎに注意しバランスを考慮しよう。

この記事は2分で読めます

2015y02m19d_133345241

飽和脂肪酸(常温では固体になる脂)は、以前、人の体の中では固まりやすく、中性脂肪やコレステロールを増加させ、血中に増えすぎると動脈硬化の原因と言われていました。

スポンサーリンク

しかし、最近の研究では、お肉などに含まれているステアリン酸などは、血中の余分なコレステロールを減らす作用があることがわかってきました。

 

 

一方、コレステロールを下げ、心臓病を予防すると言われていた、リノール酸ですが、大規模な調査の結果、その効果は明確でなく、逆に過剰摂取による弊害も指摘されています。

 

鶏肉や牛肉など、通常、人の体温よりも温かい動物の脂(動物の体の中ではサラサラと流れています)は、人の体の中に入ってくると、固まりやすくなります。

 

これに対して魚の油にあるEPAとDHAが注目を集めています。

 

 

EPAは血栓をつくるプロスタグランディンの産物であるトロンボンサンA2という物質をつくらせないので、心筋梗塞を予防すると言われています

 

さらに、DHAは脳や神経系統に多いので学習能力を高めます。

スポンサードリンク

 

 

このために、頭のよくなる脂肪酸などといわれていますが、しかし、まだ確定的なことはわかっていないのが現状です。

DHAやEPAは、むしろ心筋梗塞を防ぐ可能性が高く、最近の研究でも、心臓の突然死を防ぐ事などが報告されています。

 

 

但、EPAやDHAのもとになる多価不飽和脂肪酸は、よいことばかりではありません。

問題なのは多価不飽和脂肪酸は酸化、変性しやすいことです。

 

 

これは細胞膜などの脂肪を酸化させます。過酸化脂質と名付けられるこの物質は細胞の膜を障害します。

その為、多価不飽和脂肪酸ならよいというわけでもないということのようです。

 

このような研究の結果、脂肪酸のとり方について、つぎのようにすすめられています。

 

 

まず飽和と不飽和の脂肪酸の比は、1対2.5で、そして飽和、一価不飽和、多価不飽和の脂肪酸の比は、1対1.5対1が良いとされています。

 

また、nー6系のリノール酸の比は、4対1になるのが好ましいとされています。

 

リノール酸は、大豆油、コーン油、サフラワー油に多く含まれています。

脂をとる上で、大切な事は、まずは、摂り過ぎに注意することと、バランスを考えることです。

スポンサードリンク
  • 2015 02.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y11m30d_085614364
  2. 2016y05m30d_142156551
  3. 2016y07m29d_110931766
  4. 2015y06m10d_090748526
  5. 2015y11m26d_085412965
  6. 2015y06m19d_140939141

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp