脳を活性化しガンを防ぐビタミンには、葉酸摂取をオススメします!

この記事は2分で読めます

 

ビタミンB群の一つである葉酸は、元々、ビタミンB12と同様に、
貧血を予防するビタミンとして知られていました。

もちろん、貧血予防の作用もありますが、
現在では、葉酸は、血栓の防止と脳機能を維持する働きとして、注目されています。

スポンサーリンク

動脈硬化を引き起こす原因物質に、ホモシステインという物質がありますが、
葉酸は、このホモシステインを分解して、血栓ができるのをふせぐ働きをしています。

 

そして、脳を活性化させて、認知症を予防する作用もあります。

 

ところが、高齢者の多くは、食事から十分量の葉酸を
摂取できていないという状態にあると言われています。

 

 

栄養学では、50歳以上になれば1日に235ミリグラムの葉酸を
摂取することが求められてます。

特にタバコを吸う人は、吸わない人と比べて、
3倍程度は、葉酸を摂る必要があると言われています。

 

 

葉酸には、大腸がん、肺がん、乳がん、食道がんの前段階である、
ポリープができるのを防ぐ働きを持っています。

 

 

米国のハーバード大学の研究によると、
男女合わせて、25000人に及ぶ人を対症にしたもので、

葉酸を最も多く摂取している人は、
ポリープの発生率が最も少ないことがわかりました。

スポンサードリンク

 

700ミリグラムの葉酸を摂取している女性では、
166ミリグラムの葉酸を摂取をしている人と比べて、
ポリープの発生率が3分の1程度に抑えられました。

 

また、この研究では、脳機能に対する、
葉酸の作用についても同時に行われました。

葉酸を十分に摂取している人は、記憶力の減退、うつ状態、
認知症につながる率が少なくなるということがわかっています。

 

 

そして、高齢者で、精神障害を持っている人は、
持ってない人に比べて、葉酸の血液濃度が極めて低いことがわかりました。

体に何らかの障害を持ってない人は、
抽象的な思考や記憶力の低下が見られます。

 

 

また、うつ病で葉酸の量が不足している人に、
葉酸を1日400ミリグラムを投与した場合、改善例がみられたという結果も出ています。

 

 

脳は、幾つになっても、適度に使うことが、
脳機能の低下や改善に役立つものですが、葉酸をサプリメントなどを使って、
利用することで、栄養面からのフォローを与えることが大切です。

 

葉酸は、緑黄色野菜に多く含まれているので、
ほうれん草やレタス、ミカンなどを、意識して食べることをおすすめします。

スポンサードリンク
  • 2015 08.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp