クモ膜下出血の原因・脳動脈瘤 瘤が起こす体の異変に気づいたら脳ドックへ

この記事は2分で読めます

2015y02m26d_144600907

 

クモ膜下出血は、脳卒中の脳出血に分類されます。
そして、このクモ膜下出血を引き起こす原因の凡そ8割以上が
脳動脈瘤によるものです。

脳神経外科で、現在、取り扱われている病気の中で、
最も多いとされています。

スポンサーリンク

脳の動脈瘤は、その名のとおり、脳の動脈にできる瘤のことで、
その大きさは、せいぜい5~10ミリ程度のサイズです。

 

この瘤が、頭蓋内にあるだけでは、特に症状がでることはあまり多くないと言われています。

 

この瘤が破裂して出血を起こして、はじめて発見される病気です。

 

 

脳の局所症状として、動脈瘤が発生している場所と出血の程度によって、
眼瞼下垂、複視、視野や視力の障害、半身麻痺、失語症、健忘症など、
様々な症状が現れてきます。

 

ただ、こうした症状が、現れなくても
クモ膜下出血の症状だけだったという人も5割に達するので、一概には言えません。

 

 

急に現れる症状として、注意すべきところは、
突然、物が二重に見えるようになる、眼瞼が下がってくる、

眼球が外側に向くなどです

 

こうした症状が現れてくるのは、動脈瘤のサイズが拡大し、
瘤ができている周囲の動眼神経を圧迫して、麻痺を起こしてしまうためです。

スポンサードリンク

 

この時に、適切な治療を行っていないと、瘤が破裂して、
大出血を起こし、生命をなくしてしまう恐れがあるので、気をつけたいところです。

 

 

脳動脈瘤の原因は、脳の動脈癖の一部に動脈硬化や血圧の影響がプラスされて、
風船が膨らむように突出部をつくり、

それが次第に、拡大して、血管の細胞が脆くなる年齢に差し掛かった頃に、
破裂すると考えられています。

 

脳動脈の破裂は、一度破裂して出血してしまうと、
一か月以内に再度破裂してしまう確率が非常に高く、
次に破裂した時には、死に至るリスクが非常に高くなってしまいます。

 

 

最初の出血が、極、軽度のものであれば、
一週間ほどで頭痛もなくなり、治ってしまったような感じがし、
発作がわかりにく場合もありますが、

それとは反対に、一回目の発作自体が、わかりづらいという場合もあり、
その場合、気づかずに手遅れになってしまう場合もあります。

 

普段、病気に無縁な感じな人でも、
脳動脈瘤の破裂は、突然に起こってしまうので注意が必要です。

40歳を超える年齢で、体に異常を感じたら、
先延ばしにしないで、脳ドックを受診するようにしましょう。

 

破裂寸前の、隠れた動脈瘤が見つかるかもしれません。

スポンサードリンク
  • 2016 03.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp