乳酸菌生成エキスを使って善玉菌(乳酸菌)優位な腸内環境づくりを・・・

この記事は2分で読めます

 

人の腸の中には、様々な細菌が生息しています。
100兆個生息していると言われていた腸内細菌ですが、遺伝子の数を測定すると、
その数は1000兆個にものぼると言われています。

最近は、よく知られるようになりましたが、
腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、そして、日和見菌の三種類があって、
それらがバランスをとって、腸内環境を整えています。

スポンサーリンク

そして、健康的な腸内環境を維持するには、善玉菌優位の状態、
弱酸性の環境をつくることが大切とされていて、

如何に、善玉菌が好む環境をつくってあげられるかが、
お腹の健康づくりをする上で鍵になってくると言われています。

 

 

これまで、腸内の善玉菌をふやすには、生きた善玉菌を含む食べ物をとる、
プロバイオティクスという方法が広く知られていました。

 

しかし、実際には、善玉菌を口からとっても、胃酸や胆汁でそのほとんどが死んでしまい、
仮に腸まで届いたとしても、腸内にすみついてくれないことが多くなります。

 

また、腸の中は水分、栄養、温度と細菌の好む環境が揃っていて、
放っておくと、すぐに悪玉菌が増えてしまいます。

 

 

それでは、腸内の善玉菌を増やす為には、いったいどうするばいいのでしょう?

 

善玉菌は、外から与えても腸内で生息させることはできません。
もともと腸内に住んでいる善玉菌を活性化させ、
数を増やすことが大切になってくるわけです。

 

この善玉菌の活性化に非常に役立つとして、
数年前から注目を集めているのが、乳酸菌生成エキスです。

スポンサードリンク

 

 

乳酸菌生成エキスは、人の体に有用な16種類の乳酸菌を培養し、
1年という長い期間をかけて熟成させた物質から、有用成分だけを抽出したものです。

 

熟成をする時点で、菌はすべて死んでいますが、
乳酸菌の由来する成分が含まれています。

 

一見、死んだ菌をとっても健康のためにはならないだろうと
思われがちですが、そうではありません。

 

死んだ菌の成分の中には、人の腸内環境を整える為に、
すぐれた働きをする成分が含まれています。

それは、培養中の乳酸菌がつくりだした分泌物です。

 

 

この分泌物は、腸内の悪玉菌を減らして、
もともと腸内に住んでいる善玉菌を増やし、腸内をきれいにしてくれます。

 

また、乳酸菌の死骸にあたる菌体物質は、
腸に存在するバイエル板という免疫のスイッチを直接刺激して、
免疫細胞を活性化してくれるというわけです。

 

 

この二つの成分の相乗効果によって腸内環境が改善されてくると、
体の持つ本来の機能が回復し、さまざまな病気を抑制することができます。

 

乳酸菌生成エキスは、実際に臨床医療の現場で活用されていて、
腸内で悪玉菌が作り出す毒性物質を減らし、
様々な病気の症状を抑える効果があることが確認されています。

 

 

腸は、体の根っこにあたるところです。腸内環境を整えることが、
まずは、健康への大切なアプローチになります。

 

イマイチ、体の調子が優れない人は、乳酸菌生成エキスなどを利用して、
腸内環境をつくり直してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク
  • 2017 10.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp