爪が欠ける・割れる・もろくなったと感じた時の爪のケアや対策法について

この記事は2分で読めます

 

爪が薄い、爪が欠ける、爪が割れる、
そして、2枚爪になるなどの爪のトラブルが起こる原因には、
二つの要素があります。

一つは加齢であり、もう一つは栄養素の不足です。

スポンサーリンク

爪が割れやすい、欠けやすいなどは
栄養不足や、血流不足などで爪が乾燥していると
起こりやすくなります。

 

 

ケラチンの不足

 

皮膚の一部である爪の主な成分になるのが
ケラチンというタンパク質です。

ケラチンが不足した状態であれば
当然、爪は弱くなり、脆くなってしまいます。

 

ケラチンの構成成分は、18種類にアミノ酸です。
その中でも、硬質ケラチンに特徴的なアミノ酸は
システインという含硫アミノ酸です。

 

髪の毛や爪を燃やすと
特有の異臭が発生するのは、システインに含まれる
硫黄が燃える事から起こります。

アミノ酸の摂取源は、タンパク質を含んだ食べ物です。
タンパク質の不足には十分注意が必要ですが
摂り過ぎにも注意しましょう。

 

 

 

コラーゲンの不足

 

コラーゲンは、細胞と細胞の隙間を埋める
細胞間物質で、皮膚の内部に水分を保留する働きで、
皮膚の乾燥を防いだり、弾力をもたせてくれます。

コラーゲンは、魚の頭や尾、ひれ、
鶏の手羽先などに多くふくまれています。

 

 

 

微量栄養素の不足

 

爪の栄養に関係する、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、
そして、ミネラルの亜鉛などの不足も関係します。

スポンサードリンク

 

 

 

乾燥を促進する生活習慣

 

運動や栄養の不足、冷えなどからくる血流不全、
家事や水泳など水に触れる機会が多い
洗剤の多用、水仕事の前後の手入れの怠り、
薬品に触れる機会が多い等

 

心当たりがあれば、改善するようにしましょう。

 

 

 

食事は、タンパク質の不足に注意して
必要な微量栄養素(ビタミンやミネラル)などは
マルチビタミンやミネラルのサプリメントで補う積極策を

そして、野菜やコラーゲン食品の摂取にも留意しましょう。

 

 

血流不足を、もたらす冷えには注意するようにし
冷たい物の食べ物や飲み物は禁物です。
運動不足に気をつけましょう。

 

 

 

爪の手入れについて、

 

水仕事後は、よく水をふき取り、
こまめにハンドクリームやオイルをよく手にすり込んで
爪の乾燥を防ぎます。

クリームやオイル等は水仕事の直前にも
塗布するとなお良いです。

 

最近は、水分をはじくハンドクリームも市販されています。

 

 

最近、人気を集めているココナッツオイルも
皮膚の水分蒸発を防ぐのにすすめられます。
ゴム手袋の使用も忘れずに

熱いお湯は、脂分を強力に奪います。
過度の洗浄、洗剤の使いすぎにも注意しましょう。

 

 

マニュキュアなどの多用も、爪の呼吸を
妨げてしまい、代謝が悪くなると言われています。

何事もやりすぎは、よくないようです。

スポンサードリンク
  • 2017 05.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp