むくみの症状・危険なむくみの見分け方?むくんだら循環が悪いことを自覚しましょう

この記事は2分で読めます

2015y04m05d_113305108

 

むくみは、体の中に余分な水分(血漿成分)が
たまった状態のことをいいます。

血漿成分は血液の液体部分で、血液の中の栄養分や酸素を、
体のすみずみの細胞に運んでいます。
(赤血球、白血球、血小板は個体成分)

スポンサーリンク

普通はその役目を終えると血管に戻っていきますが、
なんらかの原因でもどらなかった場合、むくみの症状として現れます。

 

 

むくみには、大きく分けて二種類ある。

 

一時的なものと病的なものです。

 

長時間の立ち仕事やパソコンに向かうなど、長時間、座った姿勢が続く仕事など、
一日中同じ姿勢を続けると、むくみが現れやすくなります。

 

長時間酷使した筋肉が疲労することになり、
使用済みの血液を心臓に戻す力が弱くなります。

 

そして、むくむわけです。こんな場合は、
利尿効果が高い緑茶や紅茶などを飲んで、

尿と一緒にむくみを体外に出してやると
解消されることが多いです。

 

 

むくみが、一時的なものなのか、病的なものかを見分けるために、簡単な方法があります。

 

むくんでいる部分を10秒ほど強く押してみる。

スポンサードリンク

凹みがすぐにもとの状態に戻れば、
一時的なむくみ。病的な場合は、
凹んだ部分がなかなか戻りにくい。

 

運動不足によるむくみや老化によるむくみは、
それほど心配する必要がありません。

 

問題になるのは、心臓や腎臓の働きが悪くなってから起こるものです。
そして、肝機能の低下によるむくみです。

 

 

むくんでいる部分を押しても、もとに戻らない、
疲れがいつまでも取れない、目まいや湿疹、発熱、しびれなど、

 

単なる疲労以上の症状が感じられる人は、
一度、医療機関で、診てもらうようにしましょう。

 

 

むくみが発生する場所は、圧倒的に上まぶたと下肢に多く、
心臓性のむくみの場合は、体の下の部分に現れる傾向があります。

 

時間的には、午後から夕方にかけてが多いです。
また、すねから足の甲にある強いむくみは高齢者に多い。

 

 

高齢者の場合は、全身の衰弱がはじまっている疑いが濃厚です。

 

初期のむくみや潜在性のむくみは目に見えないことが多く、発見も困難。

 

原因不明の体重の異常増加や尿量の減少があれば、すみやかに受診すること。

 

たかがむくみ、されど、むくみです。不快な症状がないとしても、
むくみが一時的なものでない場合は、注意が必要です。

スポンサードリンク
  • 2016 09.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y01m05d_090832805
  2. 2015y10m12d_141545932
  3. 2015y11m12d_145300809
  4. 2016y02m17d_102923891
  5. 2015y12m21d_090937660
  6. 2015y11m29d_151103319

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp